名指揮者たち


 私は大学時代、吉田秀和著「世界の指揮者」に登場する今世紀前半の指揮者の録音を聴き漁っていた。ここではそうした神格化された巨匠を中心に、その他気になる指揮者のページを作製してある。

 大学卒業後は、むしろデジタル時代になってから急速に勢力を広げた「オリジナル楽器」の楽団を指揮する人々の演奏を、よく聴くようになっている。
 現代のモダン楽器による名門オーケストラの指揮者たちは、どうもあちこちを転々として、ひとつの団体と共同作業で良い演奏を極めていくということがないように思われる。指揮者とオケが「人馬一体」となった演奏を聴きたければ、オリジナル楽器派の人々に限る!
→参考図書:クラシック音楽の20世紀 4 「古楽演奏の現在」(音楽之友社)


5大巨匠

 1929年、ニューヨーク・フィルを率いてベルリンを訪れたトスカニーニを囲んで、黄金の20年代後半のベルリンの巨匠たちが記念写真に収まった。左からブルーノ・ワルター(ベルリン市立歌劇場)、アルトゥーロ・トスカニーニ(ニューヨーク・フィル)、エーリヒ・クライバー(ベルリン国立歌劇場)、オットー・クレンペラー(ベルリン・クロール歌劇場)、ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(ベルリン・フィル)。

ヴィルヘルム・フルトヴェングラー
アルトゥーロ・トスカニーニ
ブルーノ・ワルター
オットー・クレンペラー
エーリヒ・クライバー

その他の巨匠

フェリックス・ヴァインガルトナー
ハンス・クナッパーツブッシュ
ウィレム・メンゲルベルク
クレメンス・クラウス
ヴィットリオ・デ・サバタ
フリッツ・ブッシュ
ヴァーツラフ・ターリヒ
カレル・アンチェル
ラファエル・クーベリック
ヘルベルト・フォン・カラヤン
カール・ベーム
ヨゼフ・カイルベルト
ロリン・マゼール
オイゲン・ヨッフム
カール・シューリヒト
ヤッシャ・ホーレンシュタイン
アルトゥール・ロジンスキー
カルロス・クライバー
レナード・バーンスタイン
クラウス・テンシュテット
カルロ・マリア・ジュリーニ
クラウディオ・アバド
ゲオルク・ショルティ
フランツ・コンヴィチュニー
オトマール・スイトナー
クルト・マズア
エフゲニ・ムラヴィンスキー
ヘルベルト・ケーゲル
フェレンツ・フリッチャイ
グィド・カンテルリ
カール・リヒター
ルドルフ・ケンペ
セルジュ・チェリビダッケ
ギュンター・ヴァント
デジレミール・アンゲルブレシュト
アンドレ・クリュイタンス
ピエール・モントゥー
シャルル・ミュンシュ
フリッツ・ライナー
ジョージ・セル
ミヒャエル・ギーレン
ヴァレリー・ゲルギエフ
クリスティアン・ティーレマン
パーヴォ・ヤルヴィ
サイモン・ラトル
リッカルド・シャイー
ヤニック・ネゼ=セガン
アンドリス・ネルソンス
キリル・ペトレンコ

オリジナル楽器派の人々

グスタフ・レオンハルト
ニコラウス・アーノンクール
ジギズヴァルト・クイケン
フランス・ブリュッヘン
フィリップ・ヘレヴェッヘ
ジョン・エリオット・ガーディナー
クリストファー・ホグウッド
ロジャー・ノリントン
トン・コープマン
ジョス・ファン・インマゼール
鈴木雅明
ウィリアム・クリスティ
トレヴァー・ピノック
ジャン・クロード・マルゴワール
ジョルディ・サヴァール