ロリン・マゼール

(1930.3.6〜2014.7.13)

略歴

フランス・パリ近郊、ヌイイ=シュル=セーヌ(Neuilly-sur-Seine)生まれ。
父はユダヤ系ロシア人、母はハンガリーとロシアのハーフ。
生後まもなく一家でアメリカ移住。
5歳頃からヴァイオリン、7歳頃から指揮の勉強を始める。
8歳でニューヨーク・フィルを指揮。
9歳でレオポルド・ストコフスキーの招きでフィラデルフィア管弦楽団を指揮。
11歳でアルトゥーロ・トスカニーニに認められNBC交響楽団の夏季のコンサートを指揮。
以後、10代半ばまでに全米のほとんどのメジャー・オーケストラの指揮台に上がっている。

ピッツバーグ大学在学中はピッツバーグ交響楽団の一員として活躍。
1952年、フルブライト奨学金試験に合格しイタリアでバロック音楽を研究。
翌年カターニアでヨーロッパ・デビュー。
1960年、バイロイト音楽祭に史上最年少でデビュー。フェルディナント・ライトナーと交代で「ローエングリン」を指揮。
1963年、ザルツブルク音楽祭にデビュー。チェコ・フィルとのコンサートでは、モーツァルトのヴァイオリン協奏曲第3番を弾き振り。
1965年、フリッチャイの後任として、ベルリン・ドイツ・オペラとベルリン放送交響楽団の音楽監督。
1972年、セル死去後空席だったクリーヴランド管弦楽団の音楽監督。
1982年、ウィーン国立歌劇場総監督就任。
またボスコフスキーの後任としてニューイヤーコンサートの指揮者を務める(1986年まで)。

だが1984年にウィーンのポストを追われてからは、それまでとは一転して挫折の連続。
1989年、カラヤンの後任を探していたベルリン・フィルの音楽監督のポストを逃す。
ピッツバーグ交響楽団(1988-96)やバイエルン放送交響楽団(1993-2002)の音楽監督を務める。
環境問題への提言や国際連合諸機関に対するチャリティー・コンサートに取り組むなど慈善活動も活発に行うようになり、国際連合からは「国連友好大使」の称号を、またフランス、ドイツ、イタリアなどからは各国の最高級の勲章を授与されている。

2002年に楽員の総意によりニューヨーク・フィル音楽監督に就任(2008/9まで)。 2004年にはアルトゥーロ・トスカニーニ・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督に就任。「このポストを生涯続ける」という声明を出している。
2005年5月3日には、ジョージ・オーウェルの小説「1984年」に基づく自作のオペラ「1984年」がロンドンのロイヤルオペラで初演され、大喝采を浴びた。
2012年の新シーズンより、ティーレマンの後任としてミュンヘン・フィル首席指揮者に就任。2014年7月13日、ヴァージニア州の自宅にて死去。

1963年のベルリン・ドイツ・オペラ初来日公演にベームらに同行し初来日。「トリスタンとイゾルデ」の日本初演を指揮する。(ベームの最後のウィーン・フィル公演にも同行している。)
以後30回近く来日しており、音楽監督に就いたオーケストラとはすべて来日公演を行っている。

録音

私の音楽遍歴では、かなり初期に彼の名前を知っていた。(ベームとウィーン・フィルの最後の日本公演に同行して、ウィーン・フィルを指揮した「運命」がCBSソニーからレコード化され、よくFMでもかかっていた。)
DGにベルリン・フィルやウィーン・フィルを指揮した録音も数多く出ており、カラヤンの後任はマゼールという下馬評が高かったことはよく覚えている。ただ私はそんなに彼の録音を入手してはいなかった。だからこのサイトでも彼のページは最初はなかった。

おくればせながら、このページを作成したのは、BMGとソニーが合併したことで、カラヤンの後任と目されるようになる前のCBSソニー時代の録音(ベートーヴェン全集、チャイコフスキー後期、惑星、幻想etc.、オケはクリーヴランド、フランス国立)と、挫折後のRCAへの録音(バイエルン、ピッツバーグ、VPO、BPO)を合わせた30枚組のBOXを入手したからである(写真)。
またウィーン・フィルとのマーラー全集BOXも入手したので、これで彼の盤歴はかなり網羅できた。

【Disc1-5】 SONY1977-78年クリーヴランド管弦楽団 ベートーヴェン:交響曲全集
【Disc6】 RCA1995年バイエルン放送交響楽団。 チャイコフスキー『1812年』『イタリア奇想曲』
ベートーヴェン『ウェリントンの勝利』
リスト『フン族の戦い』(ガルミッシュ山岳第1軍楽隊)
【Disc7】 SONY1977年クリーヴランド管弦楽団ベルリオーズ:幻想交響曲
【Disc8】 RCA1999年ウィーン・フィルドビュッシー:海、夜想曲、遊戯
【Disc9】 SONY1991年ピッツバーグ交響楽団グローフェ:グランド・キャニオンほか
【Disc10】 SONY1981年フランス国立管弦楽団ホルスト:惑星、ラヴェル:ボレロ
【Disc11】 SONY1979年フランス国立管弦楽団マーラー:交響曲第1番『巨人』
【Disc12】 RCA1996年ウィーン・フィルラヴェル:ボレロ、ダフニス、スペイン狂詩曲、ラ・ヴァルス
【Disc13】 SONY1994年ピッツバーグ交響楽団レスピーギ:ローマ三部作
【Disc14】 SONY1993年ピッツバーグ交響楽団 サン・サーンス:オルガン付き
『ファエトン』『死の舞踏』「バッカナール」
【Disc15-18】 SONY1990-92年ピッツバーグ交響楽団シベリウス:交響曲全集
ウィーン・フィルと60年代に全集録音している。
【Disc19】 SONY1977年クリーヴランド管弦楽団R.シュトラウス:英雄の生涯
1979年度レコード・アカデミー賞
【Disc20-23】 RCA1995-98年バイエルン放送響 R.シュトラウス:管弦楽作品集
『ツァラトゥストラ』『英雄の生涯』『ドン・ファン』『ティル』
『死と変容』『アルプス交響曲』『家庭交響曲』など
【Disc24】 RCA1998年ウィーン・フィルストラヴィンスキー:ペトルーシュカ、花火、他
【Disc25】 RCA1995-97年バイエルン放送響ストラヴィンスキー:3楽章の交響曲、詩篇交響曲、兵士の物語
【Disc26-28】 SONY1980-81年クリーヴランド管弦楽団 チャイコフスキー:後期交響曲集、『1812年』『スラヴ行進曲』、
プロコフィエフの交響曲第1番&「キージェ中尉」
【Disc29】 RCA1997年
イエス・キリスト教会
ベルリン・フィル ワーグナー:管弦楽曲集1
『タンホイザー』序曲とバッカナール、『さまよえるオランダ人』序曲
『ローエングリン』第1幕への前奏曲、「ジークフリートの葬送行進曲」
「トリスタン前奏曲と愛の死」(s,マイヤー)
【Disc30】 RCA1999年ベルリン・フィル ワーグナー:管弦楽曲集2
『リエンツィ』序曲、『ローエングリン』第3幕前奏曲
ファウスト序曲、『マイスタージンガー』第1幕前奏曲
ジークフリート牧歌、夜明けとジークフリートのラインへの旅

2014年の死去を受けて、DGからも初期のレコーディングのBOXが発売された。
録音場所は、ベルリンはイエス・キリスト教会、パリはサル・ド・ラ・ミュテュアリテ(ただし『スペインの時』はフランス国立放送局)。

Disc1-21957年2月モノラルベルリン ベルリン・フィル ベルリオーズ:劇的交響曲『ロメオとジュリエット』Op.17(抜粋)
チャイコフスキー:幻想序曲『ロメオとジュリエット』
プロコフィエフ:バレエ組曲『ロメオとジュリエット』より5曲
Disc31957年11月ベルリン ベルリン放送交響楽団 ストラヴィンスキー:『火の鳥』組曲(1919年版)
ストラヴィンスキー:交響詩『うぐいすの歌』
Disc41958年5月ベルリン ベルリン・フィル ベートーヴェン:交響曲第5番ハ短調 Op.67『運命』
ベートーヴェン:『献堂式』序曲 Op.124
Disc51959年1月ベルリン ベルリン・フィル ブラームス:交響曲第3番ヘ長調 Op.90
ブラームス:悲劇的序曲 Op.81
Disc61958年2月ベルリン ベルリン・フィル レスピーギ:交響詩『ローマの松』
ムソルグスキー:交響詩『禿山の一夜』
リムスキー=コルサコフ:スペイン奇想曲 Op.34
Disc71959年11月ベルリン ベルリン・フィル シューベルト:交響曲第4番ハ短調 D.417『悲劇的』
シューベルト:交響曲第8番ロ短調 D.759『未完成』
Disc81960年1月パリ フランス国立放送管弦楽団 モーツァルト:交響曲第1番変ホ長調 K.16
モーツァルト:交響曲第28番ハ長調 K.200
モーツァルト:交響曲第41番ハ長調 K.551『ジュピター』
Disc91959-60年ベルリン ベルリン・フィル ベートーヴェン:交響曲第6番ヘ長調 Op.68『田園』
ベートーヴェン:12のコントルダンス WoO.14
Disc101960年11月パリ フランス国立放送管弦楽団&合唱団 ラヴェル:歌劇『子供と魔法』全曲

子供:フランソワーズ・オジェア(ソプラノ)
火、お姫様、うぐいす:シルヴェーヌ・ジルマ(ソプラノ)
ママ、ティーカップ、とんぼ:ジャニーヌ・コラール(メゾ・ソプラノ)
安楽椅子、白猫、リス、羊飼い:ジャーヌ・ベルビエ(ソプラノ)
こうもり、ふくろう、羊飼いの娘:コレット・エルゾグ(ソプラノ)
肘掛椅子、樹:ハインツ・レーフス(バス)
振り子時計、黒猫:カミーユ・モラーヌ(バリトン)
ティーポット、数字のこびと、カエル:ミシェル・セネシャル(テノール)
Disc111961年1月ベルリン ベルリン・フィル メンデルスゾーン:交響曲第4番イ長調 Op.90『イタリア』
メンデルスゾーン:交響曲第5番ニ短調 Op.107『宗教改革』
Disc121961年1月ベルリン ベルリン・フィル シューベルト:交響曲第5番変ロ長調 D.485
シューベルト:交響曲第6番ハ長調 D.589
Disc131961年1月ベルリン ベルリン放送交響楽団 フランク:交響曲ニ短調
Disc141962年1月、2月パリ フランス国立放送管弦楽団 ブリテン:青少年のための管弦楽入門
プロコフィエフ:ピーターと狼
Disc151960年6月ベルリン ベルリン・フィル チャイコフスキー:交響曲第4番ヘ短調 Op.36
Disc161962年3月ベルリン ベルリン・フィル シューベルト:交響曲第2番変ロ長調 D.125
シューベルト:交響曲第3番ニ長調 D.200
Disc171965年2月パリ フランス国立放送管弦楽団 ラヴェル:歌劇『スペインの時』全曲

コンセプシオン:ジャーヌ・ベルビエ(ソプラノ)
トルケマダ(時計屋):ジャン・ジロドー(テノール)
ラミロ(ラバ曳き)ガブリエル・バキエ(バリトン)
ドン・イニーゴ(銀行家):ジョゼ・ヴァン・ダム(バス)
ゴンサルヴェ(学生):ミシェル・セネシャル(テノール)
Disc181965年6月ベルリン ベルリン放送交響楽団 ファリャ:組曲『恋は魔術師』
ファリャ:『三角帽子』より

グレース・バンブリー(メゾ・ソプラノ)