自作MIDI自作MIDIファイル

Early Music

パレストリーナ 「Sicut cervus desiderat」
無伴奏。98.11.13修正。
パレストリーナ 「Missa brevis」〜Kyrie
無伴奏。99.11.18修正し軽量化。
イザーク 「インスブルックよ、さようなら」
無伴奏。99.11.18修正。
ペルゴレージ 「スターバト・マーテル」第1曲
98.12.25。ピアノ・スコアから入力。

J.S.バッハ

ミサ曲ロ短調〜第1曲 Kyrie eleison
99.8.5。合唱音色はリコーダー。オケ伴奏付。
ミサ曲ロ短調〜Gratias agimus tibi
99.7.23。合唱音色はリコーダー。トランペットとティンパニを加える。
ミサ曲ロ短調〜Cum Sancto Spiritu
2000.2.23。オケ伴奏のうちヴィオラやオーボエは省略したが、ラッパは3番パートまで省略なし。
ミサ曲ロ短調〜Benedictus
99.7.30。テノール・ソロはアルト・サックスにした。
ブランデンブルク協奏曲第5番 第1楽章カデンツァ(チェンバロ)
99.10.18、修正してステレオ化。
管弦楽組曲第2番 終曲「バディネリ」
98.11.13修正。
トッカータ d-moll BWV.565
99.10.10、修正してステレオ化。フーガ部分は無し。
バッハ パッサカリア c-moll BWV.582
99.10.10、修正してステレオ化。フーガ部分は無し。
ゴルトベルク変奏曲〜アリア
ゴルトベルク変奏曲〜第30変奏
98.11.18。いずれもチェンバロ独奏。装飾音はなるべく規則通りに入力したが、一部??のところもある。
カンタータ第147番〜終曲コラール「主よ、人の望みの喜びよ」
09.3.2。オルガン伴奏、合唱は弦楽音。

モーツァルト

交響曲第41番「ジュピター」 第4楽章
99.9.22最終修正。第115小節から第313小節へショートカット。
交響曲第40番 第1楽章提示部
99.9.19。提示部終了の100小節に、楽章末尾の2小節を付け加えて強引に終結させている。(これは少し変)
交響曲第25番 第1楽章
99.3.2。第116小節からコーダの第201小節までショートカットして最後まで。
モテット「Ave verum corpus」
99.10.18。09.3.3弦楽伴奏に改訂。
ミサ曲ハ短調K.427〜Kyrie
2000.3.12。第23小節2拍目の後、第82小節3拍目に続けて、最後まで。
(つまりソプラノのソロによるChriste eleison の部分は全部省略。)ランドン版スコア使用。
ミサ曲ハ短調K.427〜Gratias
2000.6.13。ランドン版スコアによる。
ミサ曲ハ短調K.427〜Cum Sancto Spiritu
2000.3.17。
ランドン版スコアは、GLORIA通しの小節番号になっており、Cum Sancto SpirituはGLORIAの第548小節からとなる。
このMIDIはその第548小節から第613小節までの後、中略で第697小節に飛び同曲最後の第737小節までとなっている。
木管およびホルンは省略。弦は合唱と違う音型の部分のみ入力してある。
レクイエムK.626〜入祭唱・KYRIE
99.3.22。ジュスマイヤー版スコア使用。トロンボーンなし。
レクイエムK.626〜入祭唱・KYRIE(レヴィン版)
2010.5.5。レヴィン版スコア使用。
合唱が出る前のみトロンボーン付。オーケストレイションはKyrieのみジュスマイヤー版と異なる。(Timp,Tpのみ)
レクイエムK.626〜Dies irae
99.9.16。ジュスマイヤー版。混声4部、弦5部、ティンパニ、トランペットのみ。木管は省略。
レクイエムK.626〜Dies irae(レヴィン版)
2010.4.23。同上の編成でレヴィン版スコア使用。デュナーミクも少し工夫。
レクイエムK.626〜Lacrimosa
2001.12.24。バイヤー版スコア使用。
レクイエムK.626〜Domine Jesu Christe
2010.4.18。レヴィン版スコア使用。管楽器は省略。

ハイドン

「ドイツ国歌」=弦楽四重奏曲「皇帝」第2楽章主題
2002年ワールドカップでのドイツ躍進を祝って、2002.6.25完成。

ベートーヴェン

交響曲第5番「運命」〜第1楽章全曲
2001.1.28ついに完成!。さらに、2.4に主題提示部リピートもすることにした。
テンポ変化などフルトヴェングラー指揮ベルリン・フィルの名演を参考にしている。
なお従来の主題提示部のみのファイルも残してある。→第1楽章主題提示部のみ
交響曲第5番「運命」〜第2楽章
01.1.28。最初から第11小節までのあと、第220小節に飛んで最後まで。
交響曲第5番「運命」〜第4楽章終結部
99.2.18。2000.2.4大幅改良。第4楽章第154小節、すなわち第3楽章の回想部分から始まって最後まで。
交響曲第3番「英雄」 第1楽章コーダ
2001.1.29修正。第655小節以降最後まで。
旧全集版スコア使用。トランペットが途中でテーマの演奏をやめてしまう楽譜通りの演奏にしてある。
左端でトランペットがテーマを吹いているが、途中からは右端のフルート・オーボエに受け継がれる。
「英雄」のページの解説記事を参照。
交響曲第6番「田園」 第5楽章
99.10.17。初めの31小節の後、第237小節へショートカット。(始まったと思ったら、もう終わり)
交響曲第7番 第2楽章
99.3.28。初めの100小節の後、ショートカットして最後4小節。

シューベルト

交響曲第8番「未完成」 第1楽章終結部
2000.1.20。第328小節以降最後まで。
ティンパニのトレモロでCPUに負担をかけるため、弦のキザミをトレモロ音源に変えて容量節約。
最後の和音にはディミヌエンドをかけていません。(新校訂版に従った。)
歌曲集「冬の旅」 第1曲「おやすみ」
99.3.18。チェンバロ伴奏、歌はリコーダー。
2001.2.4、第2節のリピートを実行することにした。
「魔王」
2001.12.24。歌はチェロにリバーブを利かせた音色。

ブラームス

交響曲第3番 第3楽章
99.9.14。冒頭〜第52小節1拍目、ショートカットして第150小節2拍目から最後まで。
頭の部分は遅めのインテンポ。最後はフルトヴェングラー的すすり泣きリタルダンド。
交響曲第4番 第1楽章末尾
99.10.14。フルトヴェングラーのアッチェレランド&急ブレーキを採用。

ブルックナー

モテット「Christus factus est pro nobis」
2000.1.3。「キリストはおのれを低くして」。音色はリコーダー。
モテット「Vexilla regis」
99.8.19。「王の御旗は翻る」。音色はリコーダー。
モテット「Locus iste」
99.8.19。「この場所は神が造りたもう」。音色はリコーダー。

フォーレ

「Cantique de Jean Racine」
99.10.18。オルガン伴奏。
「レクイエム」〜入祭唱・Kyrie
99.2.18。1893年の室内オケ版のネクトゥー&ドゥラージュ校訂版を使用。詳しくはこちらを参照。
「レクイエム」〜Sanctus
99.3.20。これだけはヴォーカル・スコアからの入力。
「レクイエム」〜Libera me
99.11.16。これも入祭唱・Kyrieと同様に、ネクトゥー&ドゥラージュ校訂版を使用。
Dies illaの部分のホルンのリズムが違うのに注意。

ムソルグスキー 「展覧会の絵」

「ビドロ」
98.11.18。私はこの曲が大好きで、とりあえず自分でも弾けるようになった。
ラヴェル版のようにピアノからクレッシェンドするのではなく、オリジナル通り、最初からセンプレ・フォルテで小細工をせず、最後にディミヌエンドするだけ。
終曲「キエフの大門」
99.8.24ノーカット版完成。