PDF各種PDFファイル

仙台宗音第40回演奏会(2025.4)用

「ヨハネ受難曲」第2稿を演奏することになったので、いろいろと勉強した。

バッハ「ヨハネ受難曲」全異稿完全翻訳・解説付き
28ページ、942kB、2024.5.10。6.2修正。
(第38曲の聖句で「そのためヨゼフは行ってイエスの遺体を(十字架から)取り降ろした」という1文が第2稿ではカットされている。確かに楽譜のタイトルも「38U」とある。)

マタイ受難曲関係

2020年GWの仙台・盛岡・山形での「マタイ」演奏会はCovid-19のため中止となってしまった。
しかし2026年春に東京で「マタイ」を演奏すべく「佐々木正利バッハ・コア」が発足したので、それに参加し練習中である。

全曲自力全逐語訳
44ページ、1.15MB、2020.2.29修正。
自力全訳・合唱部分は逐語訳
32ページ、762KB、2020.2.29修正
演奏会聴衆配布用対訳冊子
24ページ、677KB、 2020.3.8修正(ページ数を入れない。コラールのレイアウト変更。)
演奏会対訳字幕原稿
19ページ、2020.3.9修正。(Blank挿入位置など調整)
山岸対訳の解説
4ページ、275KB、2019.12.30
マタイ・ヨハネ両受難曲におけるイエスの言葉「Du sagest's.」の訳について
9ページ、351KB、2019.5.11大規模改訂
自力全訳にフルトヴェングラー,メンゲルベルクなどのカット箇所、新旧全集での歌詞の違い、古い録音での歌詞を示したもの
23ページ、3.95MB、2019.3.12修正。
一太郎原本が消えてしまったので、その後の訳の修正ができていない。

仙台宗音第39回演奏会(2024.4)用

バッハ:カンタータ第4番自力逐語訳
学生時代に歌った曲。いつかまた歌ってみたいと思い、2018年に訳したのだが、なんと再び歌えることになった。
バッハ:カンタータ第93番自力逐語訳
2022年11月にヘルムート・ヴィンシャーマン先生メモリアル・コンサートで歌われる3曲のうちの1つ(私はその演奏会には出演しない)。これを第39回宗音演奏会でも歌うので訳してみた。
ド・ラランド「深き淵より」--詩篇130番によるラテン語モテット自力逐語訳
この曲は井上太郎著「レクイエムの歴史」(平凡社)の中でも紹介されている。その記述をもとに「レクイエムの歴史」というページを作ってみたので、詳しくはそちらをご覧戴きたいが、要するにモテット「De profundis」の最後に、レクイエム入祭文の冒頭2行が付加されているのだ。
パンフレット用曲目解説
カンタータ第93番・第4番の曲目解説

仙台宗音第38回演奏会(2018.8)用

パンフレット用曲目解説
Ola Gjeilo4曲、シュッツ「ヨハネ受難曲」、グノー「聖チェチリア・ミサ」
演奏会聴衆配布用対訳冊子
16ページ。485KB。
Ola Gjeilo4曲、シュッツ「ヨハネ受難曲」、グノー「聖チェチリア・ミサ」
Ola Gjeilo4曲自力逐語訳
4ページ、86KB。「Ubi Caritas」「Northern Lights(Pulchra es amica mea)」「Serenity(O magnum mysterium)」「Tota pulchra es」
Ola Gjeilo「Unicornis captivatur」自力逐語訳
3ページ、144KB。
楽譜掲載英訳がおかしいので調べ直した。この曲を歌う予定はお流れになってしまったが...
シュッツ「ヨハネ受難曲」冒頭&終曲合唱他の自力逐語訳
5ページ、179KB。
校訂者Arnold Mendelssohnが挿入を推奨するコラールの歌詞の自力逐語訳も含む。
同上 受難物語部分の自力対訳・注釈・解説
12ページ、239KB。
A.Mendelssohn版の歌詞はシュッツの歌詞やバッハ同曲の歌詞と異なる点がある。

仙台宗音第37回演奏会(2017.7)用

パンレット用曲目解説
バッハ「カンタータ第79番」、シュッツ「音楽による葬送」、バッハ「マニフィカト」
マニフィカト自力全訳
4ページ、129KB。仙台宗音の第36回演奏会で「ルネサンス期のマニフィカト」数曲、第37回演奏会ではバッハのマニフィカトを連続して歌った。その後に復習として訳してみた。

その他

ミサ通常文&レクイエム固有文
全文自力逐語訳と解説。32ページ、1.0MB。学生時代の力作を大改訂したもの。
仙台宗教音楽合唱団第33回演奏会--モーツアルト「レクイエム」(レヴィン版)解説
4ページ、213KB。演奏会パンフに載せたのはこの1つ前の稿だが、内容に大差はない。
スータバト・マーテル自力全訳
7ページ。なんと歌詞に2つのバージョンがある。
ふつうは13世紀オリジナルの詩だが、16世紀以降に新バージョンが作られた。全20節のうち10節で相違点がある。
作曲家により、その10カ所それぞれで新旧両版の歌詞を選択している。
ヘンデル「メサイア」歌詞自力対訳
12ページ、329KB、2018.6.1。
ドイツ語・ラテン語だけでなく英語のものも、と思い1989年に水戸バッハ・コレギウムで全曲歌ったこの曲を訳してみた。
なお、この曲については2019年4月28日に大阪コレギウム・ムジクムの演奏会のために聖書学者 田川建三氏が対訳をされ、
当日は対訳の他に解説・訳註の販売もあったという。 演奏会後に田川氏から直接入手することもできたようだ。
田川氏のサイトにはその際の紹介文が載っている。氏は、大抵のこの曲の対訳と称するものは、
(ジェネンズが聖書の文をかなり書き換えているにもかかわらず)日本語訳聖書の引き写しで済ませている、と批判している。
氏のサイトによればその対訳作業は2018年11月から行われたので、私のこのPDF完成のほうが先である。
復活祭オラトリオ自力対訳(合唱のみ逐語訳)
盛岡バッハ・カンタータフェラインが2020年6月にライプツィヒで演奏するというので訳してみた。
ところがCovid-19でその演奏会は中止になってしまった。
バッハ:カンタータ第140番自力全訳
前から訳に着手していたが、2023年11月にヘルムート・ヴィンシャーマン・メモリアル・コンサートで歌われたのを聴いたのを機に完成させた。(そのコンサートのパンフに載っていた訳にちょっと無理があると感じたのもあって。)いずれにせよ当曲の歌詞はちょっと訳すのが難しい点が多かった。
クリスマス・オラトリオ第3部自力全訳
バッハ:カンタータ第61番自力全訳
バッハ:カンタータ第147番自力全訳
上3つは2018年北陸バッハセミナーでの演奏曲だったので訳してみた。
ベートーヴェン「第9」歌詞対訳解説
4ページ、248KB。もちろん自分でも何度も歌っている。特に近年は勤務校の合唱同好会の生徒とともに水戸芸術館前広場での「300人の第9」に出演しており、その生徒に対して歌詞の指導をする際の教材として、改めて勉強してみた。
ブラームス「ドイツ・レクイエム」自力逐語訳と注釈
12ページ、450KB。
2013〜14年にかけてピアノ伴奏で盛岡・仙台で、2016年には同じく盛岡・仙台でシェレンベルガー指揮岡山フィルとともに歌った。その後、復習として訳してみた。
マーラー「復活」第5楽章歌詞自力対訳
3ページ、179KB。大震災の翌2012年、3月に台湾で、7月に山形・仙台で歌った。
2018年にこのPDFで最後の一節の歌詞について自分なりの仮説を立てていたが、それを読んだ方から2020年4月にメールでご教示いただき、ようやくWas du geschlagen問題に最終決着をつけることができた。
オルフ「カルミナ・ブラーナ」共通歌詞カード,リズム情報入り(20ページ、231KB)
同上 自分用(第1コーラス、バリトン)に音程・リズム情報入り(19ページ、239KB)
この訳は自力ではない。種々のサイトの合成である。
このファイルは、対訳ではなく、楽譜の代わりに持って歌うための歌詞カードである。「カルミナ」は音は比較的簡単だが、テンポが速く、楽譜をめくっているヒマがない。この歌詞カードなら「みんな飲む飲む」の曲もページをたいしてめくらずに歌えるはずだ。