マーラーの交響曲 指揮者別

 マーラー指揮者としては、直弟子のワルターとクレンペラー、そしてなんと言ってもバーンスタインである。他にアバド、シノーポリ、インバル、テンシュテット、ベルティーニといった全集録音を完成した人、ブーレーズのように録音中の人々もいる。
 ここではそうした定盤は(扱わないわけではないが)、とりあえず脇に置いておき、全集にはならないが注目すべき演奏をしている指揮者のものを整理しておきたい。


パーヴォ・ヤルヴィ指揮フランクフルト放送交響楽団

C-major。Blu-ray Disc
ドイツ・ワインの一番の生産地ラインガウ地方での「ラインガウ音楽祭」でのライヴ収録である。2007年から13年までかけて収録されたものが、2015年になって次々とリリースされあっという間に1番から10番アダージョまで全曲そろった。(「大地の歌」は無し。)

 多くの曲で会場になっているクロスター・エバーバッハ(エバーバッハ修道院)の付属教会は、装飾のないロマネスク様式の教会である。私は2011年にここを訪れている。現在は修道院ではなくSteinbergerという銘柄で有名なドイツを代表するワイン醸造所(ヘッセン州立クロスター・エバーバッハ醸造所)である。
 またフランクフルト・アルテ・オパーも2011年にロビーまでは入ってきた。バーンスタイン指揮ウィーン・フィルの圧倒的な第5番がライヴ録音された会場であるが、映像としては小澤征爾指揮サイトウ・キネンのブラームス第4番のLDしか持っていない。

第1番『巨人』 - 2012年8月23日 ヴィースバーデン、クアハウス、
フリードリヒ・フォン・ティルシュ・ザール
第2番『復活』 カミラ・ティリング(S)
リリ・パーシキヴィ(A)
バイエルン放送合唱団
北ドイツ放送合唱団
2010年6月26,27日 エバーバッハ修道院教会
第3番 ヴァルトラウト・マイアー(MS)
ライプツィヒMDR放送合唱団、
リンブルク大聖堂合唱隊
2007年6月23,24日 エバーバッハ修道院教会
第4番 ゲニア・キューマイアー(S) 2008年6月28,29日 エバーバッハ修道院教会
第5番 - 2011年6月26,27日 エバーバッハ修道院教会
第6番 - 2013年6月30日 エバーバッハ修道院教会
第7番 - 2011年 8月12日 ヴィースバーデン、クアハウス、
フリードリヒ・フォン・ティルシュ・ザール
第8番『千人』 エリン・ウォール(S)
アイリッシュ・タイナン(S)
アンナ・ルチア・リヒター(S)
アリス・コッテ(MS)
シャルロッテ・ヘレカント(MS)
ニコライ・シューコフ(T)
ミヒャエル・ナジ(Br)
アイン・アンガー(Bs)
リンブルク大聖堂児童聖歌隊
ヨーロッパ合唱アカデミー
チェコ・フィルハーモニー合唱団
2013年5月24,25日 フランクフルト、アルテ・オーパー
第9番 - 2009年6月27日 エバーバッハ修道院教会
第10番〜アダージョ - 2008年6月28日 エバーバッハ修道院教会

レナード・バーンスタイン指揮のUNITEL全集BOX(DG)

 2002年夏、バーンスタイン指揮ウィーン・フィルの第9のレーザーディスクが劣化して雑音がするようになってしまったので、一念発起してDVD全集BOX(晩年の歌曲も含めた10枚入り)を買ってしまった。


 これを機に、バーンスタイン指揮のマーラー録音を整理してみる。彼は60年代、70年代、80年代にそれぞれ全曲録音を残している。

 なお、このUNITEL映像は、国内ではユニバーサルとの契約切れで手に入りにくくなっていたが、2005年秋に輸入盤で再発売されるようだ。9枚セットで買うと1万9千円で、なおかつリハーサル風景がついているらしい(分売ではつかない)。リハーサル風景は見たいが、輸入盤で字幕なしだとつらいし、なにより買い直す金がない。なんとか国内盤でリハーサル風景だけ出ないものだろうか。

UNITEL映像60年代CBS80年代DGその他・備考
第1番
「巨人」
VPO
1974.10, KH
NYP
1966.10/4
ACO
1987.10
第2番
「復活」
LSO, アームストロング, ベイカー
1973.9, イーリー大聖堂
NYP, ヴェロナ, トゥーレル
1963.9/29-30
NYP, ヘンドリクス, ルートヴィヒ
1987.4
UNITEL音源はCBSからもCD化
第3番 VPO, ルートヴィヒ
1972.4, MV
NYP, リプトン
1961.4/3
NYP, ルートヴィヒ
1987.11
第4番 VPO, マティス
1972.5, MV
NYP, グリスト
1960.2/1
ACO, ヴィテク(B-S)
1987.6
第5番 VPO
1972.4-5, MV
NYP
1963.1/7
VPO
1987.9, フランクフルト・アルテオパー
第6番
「悲劇的」
VPO
1976.10, MV
NYP
1967
VPO, 1988.9
第7番
「夜の歌」
VPO
1974.10, MV
NYP
1965
NYP
1985.11-12
第8番
「千人」
VPO他
1975.9, KH
LSO他
1966.4/18-20
(VPO他
1975.8, ザルツブルク祝祭大劇場)
DG全集未完のため
UNITEL収録直前Live使用
第9番 VPO
1971.3, BP
NYP
1965.12/16
ACO
1985.5/29-6/3
BPO
1979.10, Live
第10番
Adagio
VPO
1974.10, KH
NYP
1975.4/8
VPO(=UNITEL音源) DG全集未完のため
「大地の歌」 ISO, ルートヴィヒ, コロ
1972.5, テルアヴィヴ
(=UNITEL音源) なし DECCA 1966
VPO, F=D, キング

 まず60〜67年、CBSソニーに「第1番〜第9番」の9曲による初の全集録音を完成している。第8番のみロンドン響で残りの8曲はニューヨーク・フィルである。これはモントルー国際レコード賞を受賞している。
 「大地の歌」は、66年、ウィーン・フィルとDECCAに録音された。F=ディースカウがソロを歌っている有名な録音である。F=ディースカウとは「さすらう若人の歌」「リッケルトの歌曲」をピアノ伴奏して68年に録音している。また同じ68年には「子供の不思議な角笛」をルートヴィヒ&ベリー夫妻とピアノ伴奏で、さらにその前後の年にはこの2人とNYPを指揮しても録音している。

 70年代にはUNITEL社のビデオによる全集が制作された。これは、71年のVPOを率いてベルリン・フィルハーモニーに乗り込んでの第9に始まるもので、プロデューサーはホラント・ホールフェルト、ディレクターはハンフリー・バートン、そして「第9」以外の録音プロデューサーはジョン・マックルーアというスタッフである。73年の「復活」がロンドン響(イーリー大聖堂)、72年の「大地の歌」がイスラエル・フィル(テル・アヴィヴ)である他は、全てウィーン・フィルである。(イスラエル・フィルとは74年にベイカーのソロで「亡き子を偲ぶ歌」も録音している。)
 この「復活」と「大地の歌」は、CBSソニーから音だけでもリリースされた。そのとばっちりで忘れられてしまったのが、全集中のNYPとの63年盤「復活」である。この録音は国内盤では消えてしまって久しいが、外盤では“付加価値をつけて”CD化されている。→詳しくはこちら
 また、UNITELにウィーン・フィルと第10番Adagioを録音した翌75年に、CBSソニーにニューヨーク・フィルと同曲を録音して、全集に追加している。

 晩年80年代には、DGに満を持してACO・VPO・NYPの3つのオケを使っての全集録音が開始された。しかし90年にバーンスタインが死去したため、第8番と第10番Adagio、そして「大地の歌」は録音できなかった。もっとも彼の病気を考えれば、よくも短期間でこれだけ録音できたものだ(1987年には5曲!)、と考えるべきだろう。
 DGはその全集に「大地の歌」を含めることは断念した。残り2曲のうち、第8はUNITELの録音の直前のライヴ録音を、AdagioはUNITELの音源そのものを用いて“全集”とした。
 その代わり、この時期にハンプソンのソロで3つの歌曲集を録音したが、これはUNITELによって同時にビデオ収録も行われた。

 あと、忘れてならないのが、バーンスタイン指揮が唯一ベルリン・フィルを振ってのライヴ録音の第9である。(第9には、ボストン響を振った海賊盤もある。)


クラウス・テンシュテット指揮ロンドン・フィル

第8の録音によって完成した全集は1987年度レコード・アカデミー賞。

録音年場所所持CD番号
第1番
「巨人」
1977.10.4,5ARSfforte(ART)
5 74182 2
第2番
「復活」
1981.5.14-16KWH
第3番1979.10.27,29-31KWHfforte
5 74296 2
第4番1982.5.5-7KWH
第5番1978.5.10-12,6.8,10.5-7ARSforte(ART)
5 74849 2
1988.12.13RFH, LiveTOCE 13014
第6番
「悲劇的」
1983.4.28,29,5.4,9KWH不所持
1991.11RFH, LiveCDC5 55294 2
第7番
「夜の歌」
1980.10.20-22ARS不所持
1993.5RFH, LiveCDC5 55294 2
第8番
「千人の交響曲」
1986.4.20-24
1986.10.08,10
Walthamstow TH
Westminster Cath.
fforte
5 75662 2
第9番1979.5.11,12,14ARSfforte(ART)
5 75169 2
第10番
アダージョ
1978.5.10-12,6.8,10.5-7ARS
大地の歌1984/08ARSforte5 74849 2

 現在、輸入盤で入手できる紙BOX全集(5 72941 2)には「大地の歌」が入っていない。しかし、forteシリーズ2枚組×5セットで、第6・第7を除く曲が新しくリマスターされたので、それを入手した。そんなわけで第6・第7の旧録音は所持していない。
 私の所有する第6・第7の新録音CDC5 55294 2は初出外盤3枚組である。このページを書くために久しぶりに取り出してみたら、何と2枚目と3枚目の反射面がヒビが入ったようになっているではないか!しかし、やけにきれいに花模様的になっていたので「カビかな?」と思って洗剤つけて洗ったら落ちた。よかった。しかし正体不明なので気になる。透明なカビなんてあるんだろうか? なおこの2曲、現在は国内盤で分売されている。

 テンシュテットのマーラーには他に、シカゴ響との「巨人」のライヴもある。


ラファエル・クーベリック指揮バイエルン放送交響楽団

 クーベリックは、67〜71年に「第1番〜第10番Adagio」の全集を最初に完成させた指揮者である。この全集は国際レコード批評家賞を受賞している。DGのその全集は、2005年に国内盤で分売されたのでそれまで持っていなかったものもすべて入手した。ジャケットがクリムトの絵によるオリジナル・デザインなので、すでに持っていた第5と第9まで買い直してしまった。
 クリムトの絵をシリーズでジャケットにした先例として、アバドがウィーン・フィルと録音したベートーヴェン交響曲全集で「ベートーヴェン・レリーフ」を使用したことがあるが、やはりクリムトとくればまずマーラーだろう。アサヒグラフ別冊美術特集西洋編15「クリムト」を参照して、下の表にその原画と該当部分を入れておいた。
なお、第2・第4はオリジナル・ジャケットCDの現物をもっていないので、タワーレコードのサイトでジャケット画像を入手して調べたのだが、どうしても第4の原画はわからなかった。...と書いておいたら、メールでご教示いただけた。)


 一方90年代末から、auditeというレーベルから、ライヴ録音でこのコンビのマーラーが続々とリリースされ、それを次々買い込んだら、あっという間に8曲になってしまった。中でもDGの全集に含まれない「大地の歌」の登場は貴重である。
 もともとDGの全集は、オケの定期と連動で比較的短期間に録音されたもので、audite盤の中にはDG盤の同一曲と録音年月日が非常に近いものもある。その点も鑑みて、下に全曲の録音データを一覧表にしておく。

DG盤データaudite盤
CD No.録音データジャケット画CD No.録音データ
第1番
「巨人」
449 735-2(OIBP)1967.10.20-23ユーディットU
(腹部の前景、右90度回転)
95.4671979年11月2日
第2番
「復活」
457 905-2(OIBP)1969.2.27-3.2接吻
(男女の腰の部分、右90度回転)
23.4021982年10月8日
第3番UCCG 3948/91967.5.23-25接吻(男の足下部分)23.4031967年4月20日
第4番459 030-2(OIBP)1968.4.18-20 Obstgarten mit Rosen なし
第5番UCCG 3951
POCG 9286
1971.1.5-11ユーディットU(髪飾り)95.4651981年6月12日
第6番
「悲劇的」
UCCG 39521968.12.7-8水蛇T
(下部、左90度回転)
95.4801968年12月6日
第7番
「夜の歌」
UCCG 39531971.11.26,27エミリー・フレーゲの肖像
(女の腰の部分、左90度回転)
95.4761976年2月5日
第8番
「千人の交響曲」
419 433-21970.6
ドイツ博物館コングレスザール
ユーディットU
(スカート模様、右90度回転)
92.5511970年6月24日
ドイツ博物館コングレスザール
第9番UCCG 3955
445 018-2
1967.2.28-3.4期待
(女の胴から足にかけてドレスの模様)
95.4711975年6月4日、東京文化会館
第10番
アダージョ
UCCG 3948/91968.12.7-8(=第3)なし
大地の歌なし95.4911970年2月27日

 録音場所は、DGの第8とauditeの第9以外はすべて本拠地のヘルクレスザールである。また上のDG盤の録音年月日データは1992年版クラシックCDカタログから写した。それは詳細な旧盤からとったもので、より新しい国内盤表記とは異なる(第5番の録音データは私の所有する国内廉価盤では「1970年」としか記されていない)。
 表でわかるように、audite盤の第3・第6・第8は、DG盤録音と並行して行われたライヴである(だから声楽陣は両盤全く同じ)。audite盤の第1弾は第5であったが、それが大変評判になったのは80年代の録音だったからだろう。ヨーロッパでの評価がそれ以上に高いのは第1(CHOC)と第2(CHOC, DIAPASON 5)である。その第2のソロはマティスとファスベンダーというこれ以上ないコンピである。「大地の歌」のベイカーとクメントも良い。2004年の第8のSACDハイブリッドでのリリースが、auditeによるマーラーの最後となるらしいので、残念ながら第4は出ないようだ。


ロリン・マゼール指揮ウィーン・フィル

第1番から第9番、第10番アダージョ、そして「亡き子をしのぶ歌」を収録した廉価BOX(写真左上)を入手。
しかし録音データが全く載っていない。1983〜87年の録音のようである。
全部ウィーン・フィルによるマーラー全集は、初めて、かつ唯一である。



ガリー・ベルティーニ指揮ケルン放送交響楽団

 ベルティーニが2005年3月17日に亡くなった。その追悼盤的にフランスEMIが彼のマーラー全集より第1〜5番を収録した5枚組が発売されたのを入手した。(その後、日本でも東芝EMIが全集11枚組を発売することになった。フランス盤を入手した人からすれば分売もしてほしいだろうが..)
 彼の略歴は次の通り。1927年モルダヴィア共和国(旧ソ連)で生まれ。、幼少時にイスラエルに移住。テル・アヴィヴで音楽教育を受けた後、ヴェルディ音楽院、パリ音楽院でオネゲル、メシアン、ブーランジェらに師事。1958年、イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団を指揮してデビュー。その後、スコティッシュ・ナショナル管弦楽団首席客演指揮者(1971-81)、エルサレム交響楽団音楽監督(1978-86)、デトロイト交響楽団音楽顧問(1981-83)。そして若杉弘の後任としてケルン放送交響楽団首席常任指揮者(1983-91)となる。ほぼ同じ頃に、首席オーボエに宮本文昭(1982〜、水戸室内管メンバーでもある)、首席コントラバスに河原泰則(1980〜、水戸一高出身)が就任している(またコンマスの1人には四方恭子もいる。)。並行してフランクフルト歌劇場総監督(1987-90)もつとめたが、同歌劇場が旧東ドイツからの亡命者による放火で全焼してしまったため、ほとんどケルンにかかりっきりだった。(フランクフルト歌劇場は現在は再建されている。なおアルテ・オパーは昔の重厚な作りの建物で、第2次大戦後で被害にあった後、1981年にコンサートホールとして再開された。その記念演奏会ライヴが、下記ギーレンのマーラー「千人」である。)
 ケルンの常任を91年に離れる直前90-91年に年3度来日しマーラー・ツィクルスを演奏して、彼の日本におけるマーラー指揮者としての名声が高まった。このコンビでのマーラー全集録音は、84年からDHMによって開始され、のちにEMIに受け継がれて、最後の数曲はこの日本でのツィクルスのライヴ録音を収録して91年に完結したのである。
 その後は、テル・アヴィヴのイスラエル歌劇場芸術監督(1994〜95年)を歴任、1995年からはパリ・オペラ座で活躍。また81年以来の客演で縁の深い東京都交響楽団の音楽監督に98年就任。埼玉会館と横浜みなとみらいホールでおこなわれた都響との「マーラー・シリーズ2000〜2004」からライヴ録音がフォンテックからもいくつか出ている。

録音データ所持CD番号
第1番「巨人」1991年11月21-23日、東京仏EMI 8 26406 2(5CD)
第2番「復活」1991年4月29日〜5月4日、ケルン
第3番1985年3月18-29日、ケルン
第4番1987年11月30,12月4日、ケルン
第5番1990年1月29日-2月3日、ケルン
第6番「悲劇的」1984年9月21日、ケルン不所持
第7番「夜の歌」1990年2月、ケルン
第8番「千人」1991年11月、東京
第9番1991年2月、東京
第10番アダージョ1991年7月
大地の歌1991年11月、東京

 第6、第3、第4のあとは、90〜91年に一気に仕上げられた。これはドイツ・ハルモニア・ムンディがEMI傘下に入ったことが大きいようだ。国内盤では、第3が第1弾として初出時はDHMレーベルだった。第4あたりまではDHM原盤のようである。メジャー第1弾が第5番ということになる。録音会場は、ケルンが本拠地フィルハーモニー、東京はサントリーホールである。

 いかにもユダヤ系という指揮者がドイツの放送オケを指揮しての全集では、インバル指揮フランクフルト盤(DENON)のほうがあまりにも有名だが、そちらは持っていない。


ジェイムズ・レヴァイン指揮

レヴァインは、70年代から80年代にかけてRCAに第2・第8・大地の歌をのぞく8曲を録音している。
第10番は第5番とカップリングでアダージョを78年に録音したあと、80年にクック復元版の第2〜5楽章を録音した。これがクック版76年決定稿の評価を決定づける名盤となった。
このレヴァインの録音は80年代に新世代のマーラーとして脚光を浴びた。そのうちに忘れ去られた録音となっていたが、2010年にSONYから24bitリマスター廉価盤BOXとして発売された。RCAを持っていたBMGがSONYと合併したことから実現した復活である。
当BOXは録音データがイマイチ詳しくないので、1985年レコ芸別冊「クラシック・レコード・ブック」によった。
(その後、レヴァインはDGに移籍しウィーン・フィルとも多くの録音を残したが、マーラーの録音はしていない。ベルリン・フィルと「大地の歌」を録音しているだけである。)

オーケストラ録音年月場所
第1番「巨人」ロンドン交響楽団1974.8
第3番シカゴ交響楽団・合唱団、マリリン・ホーン1975.7.21-23Medinah Temple
第4番シカゴ交響楽団、ジュディス・ブレゲン1974.7Medinah Temple
第5番フィラデルフィア管弦楽団1977.1Scottish Rite Cathedral
第6番「悲劇的」ロンドン交響楽団1977.2Walthamstow Town Hall
第7番「夜の歌」シカゴ交響楽団1980.7.14-15Medinah Temple
第9番フィラデルフィア管弦楽団1979.1Scottish Rite Cathedral
第10番第1楽章アダージョフィラデルフィア管弦楽団1978.4Scottish Rite Cathedral
第10番クック版第2〜5楽章フィラデルフィア管弦楽団1980.1Scottish Rite Cathedral

なおRCAからCD化されていた時のジャケット写真をAmazonで見つけたので下にあげておく。
左から順に「第1&第6」「第3」「第4&第7」「第5」「第9」「第10」である。


ジョン・バルビローリ指揮

 バルビローリのマーラーは吉田秀和氏によって、「こんなに甘美な憂愁をたたえたアダージェットは他にない」「心のたけ、思いのたけを綿々として綴った演奏でありながら、バーンスタインのような耽溺型とも違って、音楽を後ろから駆り立てたりはしない。」と絶賛されている。
 さてそんなバルビローリの正規のマーラーの交響曲録音は、EMIの第5・第6・第9、それとPyeの第1の4曲がある。前2者がニューフィルハーモニア管だが、その前にベルリン・フィルとの伝説的名盤「第9」が録音された。この第9の録音は、この曲で客演したバルビローリの指揮に感激したベルリン・フィル団員たちが望んで実現したものだという。(なお、吉田氏は第5をベルリン・フィルと聴いて「この曲がやっとわかった」と書いている。)
 第5と第9は国内盤CDも出て、よく知られている。第6もEMIの外盤は入手可能だった。しかし、ハレ管との第1はDUTTONの復刻が初CD化だった。
 90年代後半になって、これらスタジオ録音以外に、BBC LEGENDSから続々と良質のライヴ録音が発売され、バルビローリのマーラーがいかに素晴らしいかが、多くの人に正しく認知されることになった。「復活」は、2002年にEMIのGREAT CONDUCTOR OF THE 20TH CENTIRYシリーズ、翌03年にはTESTAMENTからと2種類も出た。これまでのところ、スタジオ録音とライヴ録音をあわせて8曲がそろい、無いのは第8だけとなった。以下に一覧表にしておく。

オーケストラCD No.録音データ
第1番
「巨人」
ハレ管弦楽団DUTTON CDSJB 1015(Pye)1957年6月11〜12日,自由貿易ホール
第2番
「復活」
シュトゥットガルト放送響EMI CZS5 75100 21970年4月5日,リーダーハレ,LIVE
ベルリン・フィルSBT2 13201965年6月3日,フィルハーモニー,LIVE
第3番ハレ管弦楽団BBCL 4004-71969年5月3日,自由貿易ホール,LIVE
ベルリン・フィルSBT2 13501969年3月8日,BP,LIVE
第4番BBC交響楽団BBCL 4014-21967年1月3日,スメタナ・ホール,LIVE
第5番ニューフィルハーモニアEMI CDM5 66962 2(ART)1969年7月16〜18日
第6番
「悲劇的」
ニューフィルハーモニアEMI CZS7 67816 21967年8月17〜19日
第7番
「夜の歌」
BBCノーザン交響楽団BBCL 4034-2(2CD)1960年10月20日,自由貿易ホール,LIVE MONO
第8番なし
第9番ベルリン・フィルEMI TOCE-59019(ART)1964年1月10,11,14,18日,イエス・キリスト教会
大地の歌ハレ管、フェリア、ルイスAPR 55791952、マンチェスター、ミルトン・ホール、LIVE、第1楽章冒頭7小節欠落

ヤッシャ・ホーレンシュタイン指揮

 ホーレンシュタインは、マーラーとブルックナーのスペシャリストとしてイギリスによく招かれていたという。しかし彼の録音は国内盤ではほとんどお目にかかることはない。輸入盤でしか彼の音が聴けないというのは困ったモノである。
 彼の正規録音は、モノラルでVOXに第1と第9、ステレオではUNICORNに第1・第3・第6(Live)、EMIに第4がある。ライヴ録音も以前から何種類も出ていたが、BBC LEGENDSが良質のCDを次々リリースして、現在は怪しげなものを買う必要はなくなった。しかし、「復活」と第5番という2大人気曲が聴けないのはなぜだろう。

オーケストラCD No.録音データ
第1番
「巨人」
ウィーン交響楽団VOX CDX2 5508MONO 1953 First Release
ロンドン交響楽団UNICORN UKCD 20121969年9月29〜30日、バーキング・アセンブリー・ホール
第2番
「復活」
なし
第3番ロンドン交響楽団UNICORN UKCD 2006/71970年7月27〜29日、フェアフィールド・ホール
第4番ロンドン・フィルEMI CDM2 53841 21970年、ロンドン
第5番なし
第6番
「悲劇的」
ストックホルム・フィルUNICORN UKCD 2024/51966年4月15,17日、ストックホルム・コンサート・ホール,LIVE
第7番
「夜の歌」
ニューフィルハーモニアBBCL 4051-21969年8月29日、ロイヤル・アルバート・ホール,LIVE
第8番ロンドン交響楽団BBCL 4001-71959年3月20日、、ロイヤル・アルバート・ホール,LIVE
第9番ウィーン交響楽団CDX2 5509MONO 1953 First Release
ロンドン交響楽団BBCL 4075-21966年9月15日、ロイヤル・アルバート・ホール,LIVE
大地の歌BBCノーザン交響楽団BBCL 4042-21972年4月28日、Houldworth Hall,LIVE

ヘルマン・シェルヒェン指揮

 シェルヒェンのマーラー録音は、WESTMINSTERのスタジオ録音はまともなのだが、ライヴ録音にはかなりビックリさせられる。
 フランス国立放送管との第5番は、第3楽章と第5楽章にカットがある。特に第3楽章はたったの5分半である。ライプツィヒ放送響との第6番も全曲53分43秒、第3楽章スケルツォが6:26である。

オーケストラCD No.録音データ
第1番
「巨人」
ロイヤル・フィルWESTMINSTER 471 246-2,(MVCW 18020)1954年9月、MONO
第2番
「復活」
ウィーン国立歌劇場管弦楽団WESTMINSTER MCD 803531958年6月、STEREO
第3番ライプツィヒ放送交響楽団TAHRA TAH 1471960年10月1日、LIVE、MONO
第4番なし
第5番ウィーン国立歌劇場管弦楽団WESTMINSTER MCD 800811953年7月、MONO
フランス国立放送管弦楽団HMF 19051791965年11月、シャンゼリゼ劇場、LIVE、STEREO
第6番
「悲劇的」
ライプツィヒ放送交響楽団TAHRA TAH 1471960年10月4日、LIVE、MONO
第7番
「夜の歌」
ウィーン国立歌劇場管弦楽団WESTMINSTER MCD 800821953年7月、MONO
第8番
(1 Satzのみ)
ベルリン国立歌劇場TAHRA TAH 1471951年10月8日、LIVE、MONO
第9番ウィーン交響楽団ORFEO C228 901B(KKCC4261)1950年6月19日、LIVE、MONO
第10番
アダージョ
ウィーン国立歌劇場管弦楽団WESTMINSTER 471 246-21952年7月、MONO
ライプツィヒ放送交響楽団TAHRA TAH 1471960年10月4日、LIVE、MONO

ミヒャエル・ギーレン指揮

 ギーレンのマーラーは第8番がフランクフルト歌劇場博物館管弦楽団(SONY)である以外は、すべて南西ドイツ放送交響楽団Baden-Badenとのものである。
 その南西ドイツ放送による録音は、EMIに吸収される前のインターコード・レーベルから第7・第9・第10番アダージョが出ていたが、2000年以降ヘンスラー(ファツィナツィオン)から続々とリリースされ全集が完成した。結局、第7番・第10番アダージョはインターコード盤と同一録音となったが、最後全集完成時に第9番は2003年の新録音が収録された。ということはインターコードの旧録音はお蔵入りのようだ。
「大地の歌」は、テノールソロの楽章が1992年、アルトソロの楽章が2002年録音という変わった盤が出た。

CD No.録音データ
第1番
「巨人」
hänssler CD 93.0972002年6月、Freiburg Konzerthaus
第2番
「復活」
hänssler CD 93.0011996年6月
第3番hänssler CD 93.0171997年2月、Freiburg Konzerthaus,LIVE
第4番hänssler CD 93.0461988年2月、Karlsruhe Stadthalle Brahms-Saal
第5番hänssler CD 93.1012003年12月9〜10日、Freiburg Konzerthaus
第6番
「悲劇的」
hänssler CD 93.0291999年9月、Baden-Baden Festspielhaus
第7番
「夜の歌」
INTERCORD INT 860.9241993年4月、Hans Rosbaud-Studio
第8番
「千人」
SONY SBK 482811981年8月28日、Frankfurt
Alte Oper 再開記念演奏会,LIVE
hänssler CD 93.0151998年、Freiburg Konzerthaus
第9番INTERCORD INT 860.9131990年4月,8月、Hans Rosbaud-Studio
hänssler 93.0982003年6月30日〜7月4日、Freiburg Konzerthaus
第10番
アダージョ
INTERCORD INT 860.9081989年11月、Hans Rosbaud-Studio
「大地の歌」hänssler 93.2691992年11月、Hans Rosbaud-Studio
2002年11月、Freiburg Konzerthaus