クラウディオ・アバド

(1933〜)

略歴

1933年、ミラノ生まれ。
ジュゼッペ・ヴェルディ音楽院、ついでウィーン国立音楽アカデミーでハンス・スワロフスキーに学ぶ。
1958年、タングルウッド音楽祭で最高位のクーセヴィツキー大賞を獲得。
1963年、ミトロプーロス国際指揮者コンクール第1位。

1968-72、ミラノ・スカラ座指揮者。
1972-77、同音楽監督。1977-86、同芸術監督。

1972-79、ロンドン交響楽団首席客演指揮者。
1979-83、同首席指揮者。1983-88、同音楽監督。
1981-、ヨーロッパ室内管弦楽団芸術顧問。
1982-85、シカゴ交響楽団首席客演指揮者。

1986-91、ウィーン国立歌劇場音楽監督。
1990-2002、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団芸術監督・首席指揮者。

2003年、ルツェルン音楽祭芸術監督として、新しく改組されたルツェルン祝祭管を指揮。


 上の経歴を見ただけで、彼が超エリートであることは明らかである。だが彼の評価はかなり長い間「確かにさわやかな好青年なのだが、イマイチ個性が ない」というようなものだったのではなかろうか。DGからシカゴ響を指揮したマーラーの交響曲録音が次々と発売されていて、それが高い評価を受けていたと しても、彼はカラヤンとバーンスタインという両巨頭の次でしかなかった。
 しかし、ウィーン国立歌劇場音楽監督となり、さらに上の両巨頭が相次いで亡くなってベルリン・フィル芸術監督となるころには、彼の演奏はさらに緻密さを 増し、他の追随を許さない存在となった。(彼に対抗できる緻密さは、他にガーディナーやアーノンクールといったオリジナル派の指揮者にしか求められな い。)

 大学の時に、アバドがウィーン・フィルを率いて来日し、サントリー・ホールでベートーヴェン・チクルスを行った際、「第9」の演奏をFMで聴いて、「イタリアの指揮者 がベートーヴェン?」という疑念は払拭され「アバドってなかなかやるじゃないか」と思ったのが再評価のキッカケである。
 その後彼のディスクを集めるようになったのは、諸井誠氏がアバド指揮シカゴ響による「悲愴」の録音を高く評価する文を読んでからで ある。そして「なるほど諸井氏の指摘どおりだ」と思い、メンデルスゾーンやシューベルト、ベルリン・ フィルとの初仕事となったブラームスなどを次々と買い集めた。 ベルリン・フィル監督決定後初のコンサートの「巨人」も、読み と彫りの深さが素晴らしかった。
 1999〜2000年にかけて録音されたベルリン・フィルとのベートーヴェン全集再録音は、以前のヨーロッパ室内 管とのシューベルトと並んで、彼がオリジナル楽器派の 指揮者同様に新校訂楽譜の研究の成果である。カラヤン没後10周年のモー ツァルト「レクイエム」でもいろいろな楽譜を研究してその折衷版とも言うべき楽譜で演奏している。そういう彼の近年の変化を、「モダン・オーケス トラのシェフでありながら貧血の音楽を演奏している」と否定的に見る人もいるだろう。しかし、そういう研究熱心さが彼を現在の地位にまで押し上げたのだ、 という諸井氏の評価は正しい。

 DGにベートーヴェン全集を録音した直後の2000年夏、彼はガンの緊急手術を受けた。しかし驚異的な回復で10月には復帰、11月には来日して 「トリスタンとイゾルデ」を振っている。そして翌2001年1月のヴェルディ没後100年記念のヴェルディ「レクイエム」の演奏は、そのソリスト・合唱のすばら しさもあって、文句の付けようがない名演となった。その模様はDVDになっている。顔や手の肉がそぎ落ちてしまい骸骨のようで痛々しい。だが、その翌月の 聖チェチーリア音楽院でのベートーヴェン・チクルスのDVD では、やせているのは同じだがかなり元気である。このヴェルレクとベートーヴェン、および大病前1999年録音のマーラー第9番は、ベルリン・フィル退任前の代表的名盤になるだろ う。

 そして、2003年、ルツェルン音楽祭芸術監督として、あらたな活動を開始。(同年音楽祭の開幕の「」、閉幕の「復活」がCDリリースされた。)