レナード・バーンスタイン

(1918〜1990)


 私はバーンスタインのニューヨーク・フィル時代の演奏をあまり聴いたことがない。「ヤング・ピープルズ・コンサート」のLDは数枚持っているが、その中の演奏にはあまり感心しない。もちろん、このコンサートの趣旨は「啓蒙」であり、その意義は認めるが、今聴くと演奏そのものの質はあまり高くない。

 もちろんこれは、後のバーンスタインの変貌を知っているから言えることではある。活躍の場をヨーロッパに移し、レコード会社をCBSソニーからドイツ・グラモフォンに移籍してからのバーンスタインは明らかに変わった。深く沈潜する感覚、独特の遅いテンポと粘り...これらは時に破天荒の名演を生み出したのである。

 晩年のバーンスタインのこうした特徴は、特に、シューマンチャイコフスキー・マーラーの3人の音楽と良くマッチしていると私は思う。シューマンの第4はもちろん、第2が凄い。この曲は最後の札幌でのPMFでのリハーサルと本番がLD化されている。感動的なビデオディスクだ。チャイコは「悲愴」の終楽章が通常の倍の遅さ!! マーラーについてはユダヤ系指揮者バーンスタインが全面的に感情移入できる作曲家なわけで何も言う必要はないだろう。コンセルトヘボウとの第9、ウィーン・フィルとの第5、ニューヨーク・フィルとの第2が、超名演である。

 その3人についでシューマンの後継者ブラームスも良い。ベートーヴェンも、その音楽の理念がバーンスタインと共感し合う部分がある。しかしこの2人に対しては、「古典的フォーム」を気にかけて、やや感情的に「距離」をおいて指揮をしていたと思う。そうしたやり方の最たる例がシューベルトである。これは意外にも全く古典的な名演である。
 意外と言えば、シベリウス。晩年の第2番はもの凄い。あの曲であのテンポを採るとは驚きである。ドヴォルザーク「新世界」の第2楽章も、「悲愴」の終楽章同様、通常の倍の時間かけている。

 もう1つ意外なものを忘れるところだった。ブルックナーの第9番である。だいたいマーラーをあそこまで超ロマン的にやる人が、ブルックナーを振ること自体ミスマッチと思うのが常識である。しかし、ブルックナーの中でも唯一「死」をテーマにしていると言っても良いこの曲 − しかも終楽章の入りの音型はマーラーの第9番とも通じる − は、例外だった。これは大変な名演である。映像もあり以前BSで放映していたのを録画したが、是非ビデオディスクとして発売してもらいたいものである。

 ビデオ・ディスクと言えば、ウィーン・フィルとのマーラーの第9(ベルリンでのライヴ)にとどめを刺す。バーンスタインの指揮は、カルロス・クライバー以上に見るべきものがある。自作の「ウェストサイド・ストーリー」のCD録音のドキュメントものも重要だ。
 存在は明らかであるがディスク化されていないものもある。バーンスタインの生涯ドキュメンタリーLDの中にチャイコの第4の第1楽章終結部の映像があった。あと、ウィーン・フィルを振ってベートーヴェンの弦楽四重奏曲第14番の弦楽オケ編曲版の演奏。これはCDでは出ているが、BSで映像も放映されたことがあるらしい。(吉田秀和氏のバーンスタイン追悼文による。)これらは是非見てみたいものである。
・・・と、書いていたが、のちにこれらもDVDで入手できた。


 バーンスタインはカーティス音楽院でライナーに師事していた。ライナーの動きの少ない指揮ぶりと、バーンスタインの表情豊かなそれとはあまりに対照的なので、意外な感じがするかもしれない。しかし、バーンスタインの表情豊かな指揮は、テンポを大きく落とした時に1拍子をいくつにも分割して振る技術があって初めて成り立つのである。そうした目でバーンスタインの指揮をビデオ・ディスクで観察してみると、大変勉強になる。バーンスタインのバトン・テクニックは決して「振ると面食らう」型ではなく、ライナーのような合理主義から派生したものなのだ。