フリッツ・ライナー

(1888.12.19 ブダペスト〜1963.11.15 ニューヨーク)

略歴

リスト音楽院でピアノと作曲を学ぶ。
1909年にブダペストのオペラ・コミックで「カルメン」を指揮してデビュー。
1910年リュブリャーナ、1911年ブダペスト・フォルクスオパーの指揮者をつとめる。
1914〜21年、ドレスデン国立歌劇場指揮者。
1922〜31年、シンシナティ交響楽団常任指揮者
1938〜48年、ピッツバーグ交響楽団音楽監督
1948〜53年、メトロポリタン歌劇場指揮者
1953〜63年、シカゴ交響楽団音楽監督

シンシナティ、ピッツバーグなどではオーケストラ・ビルダーとしての才能を発揮。それが認められてシカゴの監督となり、ヤノシュ・シュタルケル(Vc)、ドナルド・ペック(Fl)、レイ・スティル(Ob)、アドルフ・ハーセス(Tp)、フィリップ・ファーカス(Hr)といった名手を揃えて、このオケを超一流のヴィルトゥオーゾ集団とした。

 1931〜38年まではフィラデルフィアのカーティス音楽院の教授をつとめた。その時の弟子にレナード・バーンスタインがいた。ライナーの指揮ぶりはタイム・ビーターなどと言われるくらい動きの少ないものであり(DVDで見ることができる)、バーンスタインの表情豊かな指揮とは正反対である。ライナーはバーンスタインのことを「奴は天才だ」と評価し、バーンスタインは「とても厳しかったが自分自身に求める以上のことは他人に要求しなかった」と語っている。

 彼はオーケストラ指揮者として有名だがドイツ圏の伝統的な歌劇場指揮者であった。1913年12月31日真夜中「パルジファル」の著作権が切れた瞬間に、この曲のバイロイト以外の地での初公演をブダペスト歌劇場で指揮したのは彼であった。またドレスデン時代にはR.シュトラウスに認められ(ライナーの動きの少ない指揮はシュトラウスの影響か?)、「影のない女」のドイツ初演を任された他、「サロメ」「エレクトラ」のリバイバル上演を何度も行っている。(のちにシカゴ響時代には演奏会形式でこれらを上演し、それ引き続きRCAに録音もしている。
 1936〜37年にはコヴェントガーデンでヴァーグナーを指揮し、36〜38年にはサンフランシスコでモーツァルトからヴァーグナーに至る数多くの歌劇を指揮した。1949年にはメトロポリタン歌劇場に「サロメ」でデビューしたあとはここでも数多くのオペラを指揮している。戦後、1955年にウィーン国立歌劇場が再建された時に、招かれて「ニュルンベルクのマイスタージンガー」を指揮した。(これが縁でDECCAにウィーン・フィルと録音するようになる。)


主な録音

彼のレコーディングの多くはRCAによってなされている。それらのうち次のものは日本ビクターによっ「xrcd2」という驚異的リマスタリングを施されて発売されている。その後、SACD化もされている。

他にも、LIVING STEREOシリーズ他で、RCAの録音はかなりの音質で復活している。たとえばリヒャルト・シュトラウスの管弦楽曲集、ハイドンの交響曲(第95番&「時計」が彼のラスト・レコーディング)などである。

また、最晩年にはDECCAにウィーン・フィルとの録音を残した。
ヴェルディ「レクイエム」と「ハンガリー舞曲&スラヴ舞曲集、ティル&死と変容」である。
ともにDECCA LEGENDSシリーズでリマスタリングされている。