ヴァーグナー 舞台神聖祭典劇「パルジファル」


 ヴァーグナーはこの曲がバイロイトのみで演奏されることを望んだ。著作権を定めた1886年のベルヌ条約によって1913年まではバイロイトでの独占上演権が認められていたが、それより先1903年にニューヨーク、1905年にアムステルダムで上演されている。(アメリカ、オランダは条約締結が遅れていた。)1913年大晦日から1914年元日にかけて、バルセロナ、ベルリン、ブダペスト(フリッツ・ライナー指揮)で上演。やや遅れてバルメンではクレンペラー指揮で1月4日、エルバーフェルトでは11日にクナッパーツブッシュの前任者が指揮した(その後1月31日にクナが代役で指揮)。


ソリストは順に、パルジファル,グルネマンツ,クンドリ,アンフォルタス、ティトゥレル

ハンス・クナッパーツブッシュ指揮バイロイト祝祭
ジェス・トーマス、ハンス・ホッター、アイリーン・ダリス、
ジョージ・ロンドン、マルティ・タルヴェラ

PHILIPS。1962年、バイロイト音楽祭ライヴ。
不滅の名盤。2001年に96kHz-24bitリマスタリング輸入盤が出た(右)ので、従来盤(左)は人に譲った。
この録音は、下の51年盤と異なり、ライヴ中心の録音である。この年の当曲の公演は5回あったが、この録音と同じキャストでの公演はそのうちの前半2回、7月27日と8月5日だけである。
冒頭の前奏曲から、ライヴの聴衆の雰囲気がそのまま伝わってくるような生々しい音質である。

ハンス・クナッパーツブッシュ指揮バイロイト祝祭
ヴォルフガング・ヴィントガッセン、ルートヴィヒ・ヴェーバー、マルタ・メードル、
ジョージ・ロンドン、アーノルド・ヴァン・ミル

DECCA。国内盤POCL 2251/4。1951年、戦後再開された初年度のバイロイト音楽祭での録音である。
この盤のあとまもなく、TELDECからリリースされるようになった。そちらのほうが音質が良いらしい。
なお、DECCAのプロデューサーであるジョン・カルショウは「2回のゲネプロを収録し、さらに4回ないし5回の上演を加えて、大半のミスを取り除くことができた」と書いているというから、この録音はライヴというよりは、ゲネプロ中心の録音である。

ハンス・クナッパーツブッシュ指揮ベルリン・ドイツ歌劇場
カール・ハルトマン、ルートヴィヒ・ヴェーバー、エルザ・ラルセン

M&A。1942年3月31日録音。第3幕全曲マグネットフォンによる放送用録音である。
原盤が「DRA(ドイツ放送アルヒーフ)」とクレジットされているので、オリジナル音源からのCD化であろう。なお、アンフォルタス役は「ハンス・ヴォッケ or ハンス・ラインマル」と記載されている。

なお、この日の第1幕前奏曲が、TAHRA TAH 417/8 に収録されている。(1950年1月30日のブル9未完成とカップリング。)

ハンス・クナッパーツブッシュ指揮ウィーン国立歌劇場

KOCH。ウィーン国立歌劇場ライヴ・シリーズVol.2。
1939年4月6日、ウィーンでのライヴ。音質劣悪な抜粋録音である。
カップリングはフルトヴェングラーのニュルンベルクにおける「マイスタージンガー」(これも当然抜粋)。

ラファエル・クーベリック指揮バイエルン放送交響楽団
ジェイムズ・キング、クルト・モル、イヴォンヌ・ミントン、ベルント・ヴァイクル、マッティ・サルミネン

ARTS ARCHIVES。1980年5月、ヘルクレスザールにおけるバイエルン放送による録音。
クーベリック指揮のヴァーグナーの楽劇録音としては、「マイスタージンガー」に続く新発見第2弾である。

ピエール・ブーレーズ指揮バイロイト祝祭
ジェイムズ・キング、フランツ・クラス、ギネス・ジョーンズ、トマス・ステュアート、カール・リッダーブッシュ

DG。1970年、バイロイト音楽祭ライヴ。3枚組!(普通4枚なのに)
ペレアスとメリザンド」に通ずる演奏である。

ジェイムズ・レヴァイン指揮メトロポリタン歌劇場
ジークフリート・イェルザレム、クルト・モル、ヴァルトラウト・マイヤー、
ベルント・ヴァイクル、ヤン・ヘンドリク・ロータリング

DG。1992年収録LD。演出:オットー・シェンク
シェンクの演出は、同じくレヴァインMETの「指環」同様、オーソドックスにヴァーグナーのト書き通りの「絵本」のようなものになっている。奇抜な演出についていけない人にはもってこいである。
レヴァインのテンポはクナッパーツブッシュ張りの遅さで、「舞台神聖祭典劇」というのにふさわしい雰囲気をかもしだしている。

ヘルベルト・ケーゲル指揮ライプツィヒ放送交響楽団・合唱団、ベルリン放送合唱団
ルネ・コロ、ウルリク・コールド、ギゼーラ・シュレーター、テオ・アダム、フレッド・テシュラー

BERLIN CLASSICS。もとはKOCHレーベルから出ていたもの。1975年1月11日、ライプツィッヒ・コングレスハレでのコンサート形式ライヴ録音。3CD。
脂肪率の低い、堅く締まった演奏。長い音符を奏している楽器の裏で短くリズムを刻んでいるパートがよく聞こえる。金管のパンチが効いているため、初めてこの曲を全曲一気に聴き通せた。全盛期のコロとアダムの共演、またグルネマンツ役のコールドも良い声である。