ジュゼッペ・シノーポリ

(1946〜2001)

略歴

1946年 ヴェネツィア生まれ。
(しかしイタリア半島南端にSonopoliという地名がある。
おそらく家系としてはそこが発祥の地であろう。)
パドヴァ大学で心理学・脳外科を、マルチェルロ音楽院で作曲を学ぶ。
ダルムシュタットでカールハインツ・シュトックハウゼンやブルーノ・マデルナに学ぶ。
またウィーン音楽院ではハンス・スワロフスキーなどに指揮法を学ぶ。
(なお死の直前には考古学の博士号も取得したという。)
1975年、ブルーノ・マデルナ・アンサンブルを設立し指揮者デビュー。
1978年、ヴェネツィアで「アイーダ」を指揮して絶賛される。
1980年2月、ベルリン・ドイツ・オペラで「マクベス」を指揮。
1981年、バイエルン国立歌劇場で自作の歌劇「ルー・ザロメ」が初演され、現代音楽作曲家としても名をなす。
1984〜95年、フィルハーモニア管弦楽団首席指揮者。
1985年、バイロイト音楽祭で「タンホイザー」を指揮。
1990年、ベルリン・ドイツ・オペラの音楽監督に就任予定だったが直前に辞退。(総監督・演出家のゲッツ・フリードリヒと決裂したため。)
1992年からシュターツカペレ・ドレスデン音楽総監督・首席指揮者。
2002年からザクセン州立(ドレスデン国立)歌劇場音楽総監督に就任予定だったが、前年の死によって実現しなかった。

2001年4月20日、ベルリン・ドイツ・オペラにおいて、歌劇「アイーダ」を指揮している最中に心筋梗塞で倒れ死去。
その様子は日本ペンクラブ電子文藝館の記事に詳しい。それによればこの公演はゲッツ・フリードリヒとの和解によって実現したものだったが、その直前にフリードリヒが死去し、シノーポリが公演パンフレットに「ゲッツ・フリードリヒに捧げる『アイーダ』」という追悼文を寄せていたという因縁の公演だった。

没後20年となる2021年、私はシノーポリ指揮の未入手の録音をまとめて購入した。ブルックナー選集(タワーレコード盤)、マーラー全集、新ウィーン楽派録音集などである。
シノーポリは私が学生時代に世に出てきた指揮者だった。その後、多くの録音がなされ、私もいくつかはリアルタイムで入手していたが、時はアバドがベルリン・フィルの常任として活躍した時代で、シノーポリはまだ私のテーマにならなかった。 そうこうしているうちに2001年に指揮の最中に急死したとの知らせを受け驚いたものだが、同じ頃アバドも癌で大変な時期だったので、アバドの復活を追いかけるほうが優先だった。
しかし、改めて彼の録音を聴いてみて、レコード業界がまだ元気でグラモフォンのデジタル録音技術も最高点に達した1990年代に、決して多くはないが素晴らしい録音をシノーポリが残してくれていたことに感謝したい。