ラファエル・クーベリック

(1914〜1996)

 86年に引退していたが、89年のチェコ民主化を受けて翌90年の「プラハの春」音楽祭で「我が祖国」を振って復活した時の記憶はいまだに鮮烈である。
 私はそれ以前はあまり彼のディスクをよく聴いてはいなかった。しかし、この「我が祖国」の指揮姿をLDで視聴して、彼の指揮がフルトヴェングラーを思わせるものであることに驚いた。「その指揮の動作によって音が奏でられている」という実感があるのである。そういう印象を受ける指揮者は他にフルトヴェングラーとバーンスタインぐらいしかいない。クーベリックの場合はさらに、その指揮と音楽が洗練されすぎていないため「手作りの音楽」といった印象が強く残る。
 そういうクーベリックのライヴ録音が、彼が長く活動したミュンヘンに本拠を置くORFEOやauditeといったレーベルから続々とCD化され、それらがいずれも高い評価を受けているのは、ある意味当然のことである。だからといって彼のスタジオ録音がライヴと比べて劣るというわけではない。(ただ、70年代のスタジオ録音よりも80年代のライヴのほうが優れていることが多い、ということは言えるかも知れないが。)

略歴

1914年、第一次世界大戦開戦の前日、プラハ近郊にて名ヴァイオリニストのヤン・クーベリックの子として生まれる。プラハ音楽院で作曲,指揮,ヴァイオリンを学んだ後、父の伴奏者として音楽生活をスタート。

1936年、22才の若さでターリヒの指導下にあったチェコ・フィルの常任指揮者。
1939年(当時チェコはナチス・ドイツに併合されていた)、ブルノ国立歌劇場音楽監督。
1942年、ターリヒの後継者としてチェコ・フィル常任指揮者。

戦後、チェコスロヴァキアの社会主義化に反対して祖国を離れロンドンにわたり、のちスイスに移住(72年同国籍)。

1950-53年、シカゴ交響楽団常任指揮者
(これは48年ロジンスキーの後任としてフルトヴェングラーが候補に上がったことにアメリカの音楽家が反対運動を起こした「フルトヴェングラー=シカゴ響事件」の後をうけての就任であった。クーベリックはワルターやメヌーヒンらとともに、フルトヴェングラーと契約しようとしたシカゴ響を支持した一人である。)

1954-58年、コヴェントガーデン王立歌劇場音楽監督。
1961-80年、バイエルン放送交響楽団音楽監督。
(この間、72-74年メトロポリタン歌劇場音楽監督兼任)

音楽監督勇退後も86年に引退表明するまで指揮活動を続ける。
1990年、民主化されたチェコで「プラハの春」音楽祭で「わが祖国」を指揮。
翌91年もチェコ・フィルとともに、10月にプラハで「新世界」を、秋には来日し「わが祖国」を演奏。


ディスコグラフィ

主なスタジオ録音をあげる。