フルトヴェングラーによるマグネットフォン録音

戦時中のライヴ放送用録音のページに戻る


マグネットフォン録音について

 マグネットフォン(Magnetofon)は、AEG(アー・エー・ゲー, 映像に残っている「マイスタージンガー」前奏曲が慰問演奏されたのは同社工場である)が開発したテープ録音方式(77cm/sec)である。この方式を使って、ドイツ帝国放送局(RRG, Reichs-Rundfunk-Gesellschaft)によるフルトヴェングラー指揮ベルリン・フィルの演奏会の録音を担当していたのがフリードリヒ・シュナップ博士(Friedrich Schnapp)である。彼がフルトヴェングラー担当のトーンマイスター(Ton-Meister)となったのは1939年9月、大戦開始直後のことであった。

 シュナップの録音は、いわゆるメインマイク1本によるワンポイント録音だったことが、そのインタビュー記事からわかる。フルトヴェングラーも「あなたの録音は、何もいじらないのが良い」と評価していたらしい。そのため、戦時中はウィーンでの演奏会にも録音技師として彼を同行し、1945年1月28・29日の戦中最後のコンサートまで録音させている。戦後、シュナップがは北西ドイツ放送に移った後も、ザルツブルクなどでフルトヴェングラーの録音技師をつとめていた。この2人の交際について書かれたものを読むと、フルトヴェングラーは決して録音というものに無関心であったわけではないことがわかる。

 さて、これらの録音テープは、終戦の際、ソ連が戦利品として持ち帰ってしまった。1950年代にそれらがモスクワ放送でオンエアされ、ついで1960年代にソ連国営レコード会社メロディアからLPとして発売されるようになった。そのLPを1968年に米国フルトヴェングラー協会会長H・イリング氏が入手し、それが英国フルトヴェングラー協会のミンチン氏に贈られ、それをもとに英国ユニコーン・レーベルが「板おこし(LPレコードから音をコピー)」してLP化し、日本でもそれが東芝EMIからLP化・CD化されて発売された。

 ところが1987年10月15日、モスクワ放送から自由ベルリン放送(SFB)へ、ソ連が接収したテープのデジタルコピーが送られた。それをもとにDGが、1988年8月に「43年運命」などのCDを10枚発売した(日本盤は翌89年発売)。なお、その前後にNHK-FMでもそのテープが桧山浩介氏の解説でオンエアされ、その際、当時のベルリン・フィルのピッチは、a=435との話があった。
 一方、メロディア社は1990年と92年に新世界レコード社を通じて、メロディアのオリジナル・マスターからカッティングしたアナログLPを日本に輸出した。そして、さらに93年には、オリジナル・テープからデシタル処理したCDを日本向けに発売した。「43年運命」(MEL CD 10 00720)、「ウラニアのエロイカ」(MEL CD 10 00710)などである。

 一方、DGからずっと前にLP化・CD化されていたものは、西ドイツ国内の放送局に残されていたコピーテープを使用していた。ブルックナー第9番の国内盤CDも「バイエルン放送のコピーテープを使用した」と解説に書いてある。フルトヴェングラーの放送用録音は、各地の放送局で放送に使用するために戦時中にすでに複数のコピーが作られていたのである。
 のちにTAHRAも、「43年運命」(FURT 1034/39)や「ウラニアのエロイカ」(FURT 1031)などを、ソ連に接収されたテープではなく、西ドイツに残されたテープからCD化している。

 ドイツ帝国放送では、コンサートのライヴ録音だけでなく、ラジオで放送するための聴衆無しの通し録音も行っていた。それが「放送用録音」である。(特にウィーン・フィルとの録音では「Magnetofonkonzert」という表記になっている。)しかし、それらは聴衆ありのホンモノのコンサートと近接した日に同じプログラムで録音されたため、データが混乱して「ライヴ録音」などと誤記されることが多かった。
 43年「運命」も放送用録音である。放送用録音は聴衆ノイズが無いので、注意深く聴けば判別できる。しかしこれがライヴ録音と表記されていることが多い。これは1943年6月27〜30日にかけて、放送用録音とコンサートの両方が行われていたための混乱である。しかし、この「運命」以上にデータ的に混乱しているのは、同時期に録音されたベートーヴェンの第4番であろう。詳しくは同曲のページのほうをお読みいただきたい。

 なお、「レコ芸」91年9月(?)号の桧山浩介氏の記事 − 戦時中最後のライヴDG盤2つ(ブラームス第2、フランク)の紹介記事 − には次のように書かれている。

1991年春、千数百点に及ぶ大戦中の貴重な録音テープがモスクワからベルリンに送還された。自由ベルリン放送(SFB)によりこれらの整理が進められている

 Shin-p氏からのご教示によれば、桧山氏はこの件について「レコ芸」92年11月号に詳しくレポートされていたらしいが、私はそれを見逃してしまっていたようだ。
 TAHRA FURT 1034/39のブックレットの年表によれば、その原テープのベルリン帰還は1991年3月11日となっている。
 1987年に返還されたコピーテープには、どうやら残響成分が付加されていることが、そこからCD化されたDG盤を聴くとわかる。しかし、91年に帰ってきた膨大な量のマグネットフォン原テープのうち、ことフルトヴェングラー指揮のものに限って言うならば、87年に返還されたコピーよりも量が少ないらしい。よって、DGも原テープからのCD再制作はしないつもり、とのことらしい。他のレーベルからは原テープからのCD化がなされているものもあるようだ。

付記: 2011年、TESTAMENT社が42年のブルックナー第5番を、ベルリン・ブランデンブルク放送(RBB、旧:自由ベルリン放送SFB)の原テープからCD化した。ブックレット裏にはそのテープの収納箱の写真も載っている。

<参考資料>

マグネットフォン録音をめぐる年表 (FURT 1034/39ブックレットより)


どのレーベルのものを入手したらよいか

EMI盤について

 上に書いたことからわかるように、「東芝EMIから出ているユニコーン・レーベルの戦前ライヴ録音」は今や商品価値が無い。実際、同社もこれらを最近は再発売していないようである。
 中でも最悪なのは、フランクの交響曲であった。1945年1月のフルトヴェングラー戦時中最後のコンサート・ライヴの録音である、と表記しているが、東芝EMIから出ているのはDECCAの同曲のスタジオ録音と同じものであったらしい。これは、ソ連で発売されたLPが、DECCA録音のものと45年ライヴ録音のものとでレコード番号が同じだったことに原因がある、という。よって、正真正銘の45年ライヴを聴くためにはDG盤を入手しなければならない。

 よって東芝EMIから出ているもので重要なのは、1943年7月バイロイト音楽祭での「ニュルンベルクのマイカタージンガー」全曲(CE25 5828/31)だけである。しかし有名な6重唱などが欠落している。(M&Aから出ているCD 1153も同様に欠落あり。両者の音質には大差なし。)
 また、外盤EMIでしか出ていないが、1943年11月ブルックナー 交響曲第6番第2〜4楽章(外盤EMI CHS5 66210 2「歴史的ブルックナー録音集」)は、91年に返還されたマグネットフォン原テープからのCD化であることが確実である、とShin-p氏からご教示を受けた。

DG盤について

 DGから出ている戦時中のライヴ・放送用録音には2系統ある。

 現在のDG国内盤のカタログを見ると、この2系統および戦後の録音がゴッチャになってしまっている。
 しかし外盤では、2001年に「返還テープからのCD」が紙BOX2組で再発売され、2002年と2004年には、それ以外の「戦前・戦後のライヴ・放送録音」が紙BOX計2組で発売された。これでDGレーベルのライヴ・放送録音はかなり整理しやすくなった。よって、これらの内容については別ページで紹介することにする。→DGのライヴ放送録音のページ


マグネットフォン録音一覧表

TAHRA社フルトヴェングラー・ディスコグラフィ(Rene Tremine氏作)より

オルセン
番号
年月日 作曲家 作品 オケ・共演 場所 CD番号 SFB archiv Funkhaus Berlin archiv
- 1942/02/17 R.STRAUSS 「ドン・ファン」 BPO BP L DG(F20G 290095) 258672 StMAE3258
- 1942/02/15-17 R.STRAUSS 4曲の歌曲 BPO,Anders BP L TAHRA(FURT 1034/9)
- 1942/02/26 WAGNER 「マイスタージンガー」前奏曲 BPO AEG工場 L TAHRA(FURT 1034/9)
=映像と同じもの
- not labelled
(ZMM1317/ZME1985)
67 1942/03/01-03 SCHUMANN PC. BPO,Gieseking BP L DG(F20G 29092) 258668,259676 StMAE3225
68 1942/03/22-24 BEETHOVEN Sym.Nr.9「合唱」 BPO BP L TAHRA(FURT 1034/9) 258664 StMAE3257
71 1942/10/25-28 BRUCKNER Sym.Nr.5 BPO BP L DG(F20G 29087) 258669/259655 StMAE3214
- 1942/10/25-28 SCHUMANN VcC. BPO,Machula BP L DG(F20G 29092) 258667/259651 StMAE3223
- 1942/11/08-09 WAGNER 「トリスタン」
前奏曲&愛の死
BPO BP L TAHRA(FURT 1034/9) 259617 -
73 1942/11/09 BRAHMS PC.Nr.2 BPO,Fischer BP L DG(F20G 29091)
TESTAMENT(SBT 1170)
258670 StMAE3203
70 1942/12/06-08 SCHUBERT Sym.Nr.9「グレイト」 BPO BP L DG(F20G 29094) 259672/258666 StMAE3218-9
- 1942/12/06-08 Heinz Schubert Hymnisches Konzert BPO BP L MEL 10 00725
所有せず
259750 -
77 1942-43 ? MOZART Sym.Nr.39 BPO BP L DG(477 006-2(6CD)) - ZME763A/B
79 1943/02/07-08 SIBELIUS VC. BPO,Kulenkampff BP L MEL 10 00718
所有せず
258696
(original=第1楽章欠落)
3ZME2641
(1944.9.3と誤記)
- 1943/02/07-08 SIBELIUS 「エン・サガ」 BPO BP L DG(F20G 29096)
2/10表記
259861/259871 StMAE3222
83 1943/06/27-30 BEETHOVEN Sym.Nr.4 BPO BP R DG(POCG 2349) 258660(35'52)
259660(2楽章.12')
259647(2〜4楽章.24'35)
ZME1280(35'16)
StMAE1880(36'10)
StMAE3204(35'35)
84 L DG(F20G 29090)
85 1943/06/30 BEETHOVEN 「コリオラン」ov. BPO BP L DG(F20G 29093)
末尾2音欠落
172001 -
86 1943/06/27-30 BEETHOVEN Sym.Nr.5「運命」 BPO BP R TAHRA(FURT 1034/9)
DG(F20G 29088)
MEL 10 00720
258661 StMAE3259
87 1943/07/15 WAGNER 楽劇「マイスタージンガー」 全曲 バイロイト祝祭 バイロイト L EMI(CE25 5828/31)
欠落有り
SFB,Funkhausには無し
欠落無し270分のものが最近発見されたらしい
DRA RRG F1600-1615
88 1943/10/31-11/03 BEETHOVEN PC.Nr.4 BPO,Hansen BP L DG(POCG 2349)
TAHRA(FURT 1034/9)
- ZMM1317
89 1943/10/31-11/03 BEETHOVEN Sym.Nr.7 BPO BP L DG(F20G 29088)
末尾2音欠落
258663 -
- 1943/10/31-11/03 PEPPING Sym.Nr.2 BPO BP L MEL 10 00725
所有せず
258675 StMAE3277
- 1943/11/13-16 BRUCKNER Sym.Nr.6
第2〜4楽章のみ
BPO BP L EMI(CHS5 66210 2)
MEL 10 00720
259766 -
- 1943/11/13-16 SCHUMANN VcC.〜 BPO,Fournier BP L TAHRA(FURT 1008/11) 259683 -
90 1943/11/16 R.STRAUSS 「ティル」 BPO BP L DG(F20G 29096) - ZMM1317
92 1943/12/12-15 BRAHMS Haydn Var BPO BP L TAHRA(FURT 1034/9)
MEL 10 00722
259684 -
93 1943/12/12-15 BRAHMS PC.Nr.2 BPO,Aeschbacher BP L TAHRA(FURT 1034/9)
=FURT 1006はピッチおかしい
SFB,Funkhausとも無し
(TAHRA盤の出所は?)
94 1943/12/12-15 BRAHMS Sym.Nr.4 BPO BP L TAHRA(FURT 1034/9)
MEL 10 722
259685 -
- 1944/01/12 BEETHOVEN VC. BPO,Röhn BP L DG(F20G 29093) 258659 StMAE3221
- 1944/01/12 R.STRAUSS 家庭交響曲 BPO BP L DG(F20G 29095) 258673 StMAE3219
- 1944/02/07-08 MOZART Sym.Nr.39 BPO Staatsoper Berlin L DG(F20G 29089) 258658,259689 StMAE3224
- 1944/02/07-08 HANDEL 合奏協奏曲op6-10 BPO Staatsoper Berlin L DG(F20G 29090) 258656
99 1944/03/20-22 BEETHOVEN Sym.Nr.6「田園」 BPO Staatsoper Berlin L TAHRA(FURT 1034/9) 258662 StMAE3260
- 1944/03/20-22 WEBER 「魔弾」ov. BPO Staatsoper Berlin L DG(F20G 29094) 258665/259693 StMAE2235
- 1944/03/21 RAVEL 「ダフニスとクロエ」no.1 BPO Staatsoper Berlin L 7分4秒だけ録音有り(未発売)。SFB 173535
- 1944/03/21 RAVEL 「ダフニスとクロエ」no.2 BPO Staatsoper Berlin L DG(F20G 29096) 258674 StMAE3216
100 1944/06/02 BEETHOVEN 「レオノーレ」ov.Nr.3 VPO WMV R DG(474 030-2(6CD)) ORF
- 1944/06/02-03 MOZART Sym.Nr.40 VPO WMV R TAHRA(FURT 1014/5) DRA 1941599
Reichssender Wien
- 1944/06/02-03 SCHUBERT 「ロザムンデ」間奏曲Nr.3 VPO WMV R TAHRA(FURT 1014/5) DRA 1941600
Reichssender Wien
102 1944/10/07 BRUCKNER Sym.Nr.9 BPO Beethoven-saal R DG(477 006-2(6CD)) Funkhaus Berlin ZME1524(不完全)
Bavarian Radio 52/9072(1945.4.10と誤記)
103 1944/10/17 BRUCKNER Sym.Nr.8 VPO WMV R DG(474 030-2(6CD)) - ZME1965
- 1944/12/12 SCHUBERT Sym.Nr.8「未完成」
第1楽章
BPO Admiralspalast L TAHRA(FURT 1008/11) - 3ZME1985
- 1944/12/12 SCHUBERT Sym.Nr.8「未完成」
第2楽章
BPO Admiralspalast L 未発売 SFB 259679(10'39)
DRAには11'48のものがあるが同じかどうか不明
104 1944/12/19-20 BEETHOVEN Sym.Nr.3「英雄」
"ウラニアのエロイカ"
VPO WMV R TAHRA(FURT 1034/9,1031)
BAYER 200.002
259690
(original=第2楽章欠落)
ZME794
105 1945/01/23 BRAHMS Sym.Nr.1
第4楽章
BPO Admiralspalast L TAHRA(FURT 1006) -
107 1945/01/28 BRAHMS Sym.Nr.2 VPO WMV L DG(474 030-2(6CD)) ORF(UK.22.159)
TAHRA冊子では「1月29日」
106 1945/01/29 FRANCK Sym.d-moll VPO WMV L DG(POCG 2340世界初発売,
→474 030-2(6CD))
ORF(UK.20.877)
TAHRA冊子と474 030-2は「1月28日」