フランク 交響曲ニ短調


 セザール・フランク(1822-90)は、ベルギー人である。(アガサ・クリスティの推理小説に出てくる探偵エルキュール・ポワロは「自分はフランス人ではなくてベルギー人だ」と強調する。この国の北部都市圏はオランダ語圏であり、ゲルマン的文化とフランス的文化の混在したところなのである。)
 リエージュ音楽院、のちパリ音楽院で学び、パリでオルガン奏者としても活躍していた。その経歴からはブルックナーを連想させられるが、実際この曲はどこからどう見てもフランス的ではない。かなり暗くてゴッツイ曲である。彼の作品はヴァイオリン・ソナタやピアノ五重奏曲も有名だが、この交響曲を聴く際には彼をフランス音楽の作曲家と思ってはならない。
 曲は3楽章構成で、スケルツォ楽章はない。コンセプトは第1楽章の暗(d-moll)から第3楽章の明(D-dur)へというわかりやすいものである。また第1楽章冒頭の低弦のテーマが「循環主題」として全曲を貫いている。このような作りを「循環形式」と呼ぶ。


モノラル録音

ヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮ウィーン・フィル

DECCA。1953年、スタジオ録音。
フルトヴェングラーの全スタジオ録音の中でも最も鮮明な音質で知られるものである。
演奏もこの曲の最高の名盤と言ってもよい。曲の「暗さ」を最大限に発揮したデモーニッシュな名演である。

ヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮ウィーン・フィル

DG。POCG 2340。
1945年1月29日、フルトヴェングラー戦前最後のコンサート・ライヴのマグネットフォン録音。 時代を反映して、上のスタジオ録音以上におどろおどろしい壮絶な演奏だ。録音は第1楽章冒頭部にやや音揺れがある他は良好なものである。
 なお従来「1945年1月28日録音」として東芝EMI(ユニコーン・レーベル)から出ていたものは、上のDECCAスタジオ録音と同一であった。したがって戦争末期のこのライヴ録音がリリースされたのはこの国内盤POCG 2340が初めてである。
 2002年発売のORIGINAL MASTERSシリーズ6枚組輸入盤474 030-2にも収録(写真)。これが外盤初出である。なお当盤は録音日が「28日」と表記されている。
 そもそもこの録音日を国内盤で「29日」とした理由は、監修にあたった桧山浩介氏がその解説中に書かれている通り、ウィーン・フィル資料室による記録を採用したためであった。しかし、一方、同解説中にあるように、この録音にあたったフリードリヒ・シュナップ博士は1月27日(土)のリハーサル、28日(日)・29日(月)の演奏会(いずれもレオノーレ第3番、フランク、ブラームス第2というプログラム)のうち28日を録音した、というフランス・フルトヴェングラー協会の資料もあるらしい。
 ちなみに、ルネ・トレマン編のTAHRAのディスコグラフィには、フランクが28日、ブラームス第2が29日、と記述されている。

ウィレム・メンゲルベルク指揮アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団

TELEFUNKEN。1940年11月12日録音。
モノラル時代の最高の名盤とされていたものである。
原盤からの丁寧なリマスタリングで素晴らしい音質。「新世界」とカップリング。

ウィレム・メンゲルベルク指揮アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団

DECCA。1940年10月3日、ライヴ録音。
旧PHILIPS発売録音15枚組BOXに収録されている。

アンドレ・クリュイタンス指揮フランス国立放送管弦楽団

EMI原盤。1953年録音。ADFディスク大賞を受賞している。
はじめミュージカルノート発売のCDを山野楽器で購入した。
2002年TESTAMENTからクリュイタンスのモノラル録音集7枚組SBT7247を入手。上記の盤は譲渡した。
なお、クリュイタンスもベルギー人である。

アルトゥール・ロジンスキ指揮ウィーン国立歌劇場管弦楽団

ウェストミンスター。1954年録音。懐の深い演奏だ。音色もこの曲にピッタリ。

アルトゥーロ・トスカニーニ指揮NBC交響楽団

RCA。1940年放送用録音。
最近出た1000円の限定盤シリーズで、名盤として有名なサン・サーンス「オルガン交響曲」とカップリングになっている。これ以前は、フランクの曲は正規発売されていなかったのではないか。


ステレオ録音

シャルル・ミュンシュ指揮ボストン交響楽団

RCA。1957年録音。最初の序奏が大変デモーニッシュ。
2002年春にXRCD2で出たので買い直した。これにより、このフランクの交響曲が、サンサーンスのオルガン交響曲と並ぶミュンシュの代表的録音であることが、ようやく理解できた。

ピエール・モントゥー指揮シカゴ交響楽団

RCA。LIVING STEREO輸入盤。1961年録音。
シカゴ響を指揮した珍しい録音であるが、素晴らしい出来。
59年録音の「ペトルーシカ」(BSO)とカップリング。

トマス・ビーチャム指揮フランス国立放送管弦楽団

EMI。1959年12月1-4日録音。GREAT ARTISTS OF THE CENTURYシリーズART処理輸入盤。
このコンビでこの曲、悪かろうはずがない。
同時録音のラロの交響曲ト短調、フォーレの「パヴァーヌ」も収録されている。これがビーチャム最後の録音セッションらしい。

ジャン・マルティノン指揮フランス国立放送管弦楽団

ERATO。1968年録音。
2012年9月、サンサーンスのオルガン交響曲とカップリングでSACD Hybrid国内盤を入手した(写真)。

フィリップ・ヘレヴェッヘ指揮シャンゼリゼ管弦楽団

HMF。2001年11月、メスのグランド・サル・ド・ラルセナルでの録音。
ガット弦を張ったピリオド楽器を使用したオーケストラ(弦は12+11+9+8+6)による演奏である。
カップリングはフォーレ「レクイエム」(大オーケストラ版新録音)

オイゲン・ヨッフム指揮コンセルトヘボウ管

TAHRA。ヨッフム生誕100年記念の4枚組TAH 474/7。1973年11月1日、ライヴ。
広い意味でネーデルラント人であったフランクの曲にとって、コンセルトヘボウによる演奏は本場物といってよいだろう。ヨッフムの指揮も素晴らしい。

ジョン・バルビローリ指揮チェコ・フィル

スプラフォン。1962年録音。バルビローリがチェコに客演した際に録音されたもの。
「幻の名盤」が2003年春に1000円の廉価盤で国内初CD化。

ラファエル・クーベリック指揮バイエルン放送交響楽団

Altus。1965年4月23日、東京文化会館におけるライヴ録音。
NHKの優秀な録音が2001年春にCD化されてよみがえった。同日演奏の「ハフナー」とカップリング。

セルジュ・チェリビダッケ指揮スウェーデン放送交響楽団

DG。1967年12月ライヴ録音。OIBP化。
まだ壮年期のはずなのに、晩年の芸風を思わせる重い演奏だ。
師匠のフルトヴェングラーの名盤よりも各楽章1分ずつ遅い。

オットー・クレンペラー指揮ニューフィルハーモニア

EMI。1966年録音。隠れた名盤。
国内盤HS-2088リマスタリングの国内盤で持っていたが、ART処理された輸入盤CDM5 66824 2 (シューマン「春」とカップリング)に買い換えた。もちろん後者のほうが自然なバランスで音質改善されている。

グィド・カンテルリ指揮NBC交響楽団

EMI原盤。1954年4月6日、カーネギー・ホールでのステレオ録音。
 まず、1994年発売のprofileシリーズ輸入盤2枚組CZS5 68217 2 で入手した。
 2000年になってTESTAMENT社が、RCA原盤モノラル録音の「展覧会の絵」、「画家マティス」、ハイドン第93番というカンテルリがNBCを指揮した録音を全部集めた2枚組SBT 2194を発売したのを入手(写真)。
EMIの2枚組は、カンテルリ録音集BOXを入手したこともあり、手放した。

 EMI盤で、当曲のプロデューサー欄に「John Pfeiffer(トスカニーニの録音でのRCAのプロデューサー)」の名が記されていたため、以前は「RCA録音で、版権をEMIが買ったのだろう」と書いておいたが、これは間違いであった。やはり当曲はEMI原盤であった。しかし録音にあたっては、NBCと関係の深いRCAとの協力があったことは間違いない。TESTAMENTのCDには、John Pfeifferの他に「Richard Mohr(ミュンシュやライナーの録音を手がけている)」の名も記載されている。

 なお、この2日前(4月4日)にトスカニーニの引退のきっかけとなったコンサートが行われた。「マイスタージンガー」前奏曲などヴァーグナー管弦楽曲プロで、これもステレオで録音が残っている。RCAは、この1ケ月前の3月にライナー指揮CSOで「ツァラトゥストラ」「英雄の生涯」をステレオ録音している。(記録によればそのさらに前の2月にミュンシュ指揮で「ファウストの劫罰」を録音しているらしい。)
 以上のことから、このカンテルリのフランクは、EMIがRCAからステレオ録音を教わった実験台ではなかったか、と推測される。

ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮パリ管弦楽団

EMI。1969年録音。カラヤンがパリ管の監督だった時の最高傑作とされるもの。

ロリン・マゼール指揮ベルリン放送交響楽団

DG。OIBP化。1961年録音。
メンデルスゾーン「宗教改革」とのカップリング。
マゼールの初期DG録音集BOXでも入手。

ダニエル・バレンボイム指揮パリ管弦楽団

DG。1976年録音。
輸入盤439 494-2で、サンサーンス「オルガン」交響曲とのカップリングというのが良い。

レナード・バーンスタイン指揮フランス国立管弦楽団

DG。1981年ライヴ録音。
リマスターされた輸入盤。ルーセルの交響曲第3番とのカップリング。

レオポルド・ストコフスキ指揮ヒルヴェルスム放送管弦楽団

DECCA。phase4シリーズ。
エルガー「エニグマ変奏曲」とのカップリング。

カルロ・マリア・ジュリーニ指揮フィルハーモニア

EMI。Profileシリーズの2枚組。
チャイコフスキーの第2番などがカップリングされている。
ジュリーニ壮年期の録音集である。

アラン・ロンバール指揮ボルドー・アキテーヌ国立管弦楽団

AUDIVIS。
全然知らない指揮者だが、名盤であることを示すシールが貼ってあったので買ってみた。