ピエール・モントゥー

(1875〜1964)

略歴

パリ生まれ。家系は南フランスに定住したセファルディム(南欧中東系ユダヤ人)だったが、彼の両親はあまり宗教的ではなかった。
パリ音楽院在学中から指揮を行い、オペラ・コミークやコロンヌ管弦楽団でも活動していた。音楽院を首席で卒業後、1894年コロンヌ管弦楽団副指揮者となった。
1911年、パリでコンセール・ベルリオーズを結成。
一方、ディアギレフのロシア・バレエ団の指揮者としても活躍し、ストラヴィンスキー「ペトルーシカ」「春の祭典」、ラヴェル「ダフニスとクロエ」、ドビュッシー「遊戯」などのバレエ初演を行った。

1917年、メトロポリタン歌劇場指揮者。
1919〜24年、ボストン交響楽団音楽監督。
1924〜34年、アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団指揮者。
1929〜38年、自ら創立したパリ交響楽団で活躍。
1936〜52年、サンフランシスコ交響楽団指揮者。
その後再びボストン交響楽団の指揮者をつとめ、61〜64年の死まで同響首席指揮者をつとめるかたわら、1960年からはロンドン交響楽団首席指揮者もつとめた。

「幻想交響曲」はパリ交響楽団、サンフランシスコ交響楽団(45年と50年)、ウィーン・フィル(59年)、北ドイツ放送交響楽団(64年)の5種類録音している。
また、DECCAには自ら初演した「春の祭典&ペトルーシカ」(パリ音楽院管)、「ダフニスとクロエ」(ロンドン響)のステレオ録音がある。

ドイツ的交響曲の演奏にも優れ、ベートーヴェン全曲ブラームスの第2番、さらにチャイコフスキー後期3大交響曲(ボストン交響楽団)、フランクのニ短調交響曲(シカゴ交響楽団)やシベリウス第2番ドヴォルザーク第7番などといった名盤がある。