リッカルド・シャイー

(1953〜)


略歴

 ヒンデミット門下の音楽学者・作曲家であるルチアーノ・シャイーの子としてミラノに生まれる。14歳でイ・ソリスティ・ヴェネティに招かれ指揮者としてデビューする。1972年から2年間、クラウディオ・アバドの元でミラノ・スカラ座管弦楽団の副指揮者。同1972年にはミラノのテアトロ・ヌオーヴォでマスネのオペラ『ウェルテル』を指揮してオペラ指揮者としてデビュー。
 1974年にシカゴ・リリック・オペラで『蝶々夫人』を指揮してアメリカ・デビュー。1977年サンフランシスコ歌劇場で『トゥーランドット』(パヴァロッティ、カバリエら)を指揮して大成功。1978年にはミラノ・スカラ座でヴェルディ『群盗』を指揮してスカラ座デビュー。以降は世界の主要な歌劇場に客演。同年DECCAに初録音とされているが、一般的には1980年のウィーン・フィルとのチャイコフスキー第5番が本格的デビューとされているはず。
以後は、
1982〜1989年 ベルリン放送交響楽団(現ベルリン・ドイツ交響楽団)首席指揮者。
1988〜2004年 ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団常任指揮者。
2005年〜 ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団第19代カペルマイスター。
同時にライプツィヒ歌劇場音楽総監督に就任したが、これは2008年任期途中で退任。
2015年〜 ミラノ・スカラ座音楽総監督に就任予定(バレンボイムの後任)。

 私が学生時代は30歳そこそこでデビューした駆け出しだったが、その後、イタリア人にもかかわらずドイツ圏の名だたるコンサート・オーケストラのシェフを歴任し、すっかりその地位が板についてきた。ベートーヴェンやブラームスの交響曲もなかなかの演奏だし、なによりライプツィヒで「マタイ」まで録音してしまっている。
 ラトルより2つ年上でなければベルリン・フィルの次期監督の目もあり得るが、アバド・ラトルの後にしては、新機軸という感じがないのでたぶん無理だろう。(この項は2015年5月末に書いている。今月初めBPOで実施された後任選挙の1回目の投票では誰も決まらなかった。)
 それより、ドイツ圏で長くやってきていきなりスカラ座で大丈夫なんだろうか。そちらのほうが心配だ。