オットー・クレンペラー

(1885〜1973)


 クレンペラーのレコードを聴く時は、「音楽を楽しもう」というのではなく、「偉大な精神との交流」のつもりにならないといけない。そうでないと、とても付き合いきれない。
 もちろん、フルトヴェングラー、トスカニーニ、ワルターなども「偉大な精神」だが、彼らの演奏は聴くものの心を動かしてくれる。(動かしかたは3者3様だが)。
 シューリヒト、クナッパーツブッシュらは、その芸風を楽しみ味わえばよい。
 クレンペラーも独特の芸風だが、楽しいというのとはだいぶ違う。味があると言えば言えるが、おいしい味か、というと、そうでもない。付き合いかたが難しい指揮者である。ベームも似たようなところがあるが、クレンペラーほど傍若無人(傍らに人無きがごとし)ではなかった。

 晩年のインタビューを本にした「クレンペラーとの対話」(ヘイワース編、白水社)は、クレンペラー・ファン必読の書だ。99年10月に復刊したのを早速買って読んだが、実に面白い。


略歴

1885年ブレスラウ生まれ。シュテルン音楽院出身(ワルターと同じ)。
1906年デビュー。
1907年プラハ・ドイツ歌劇場指揮者。
1910年、マーラーの推薦でハンブルク国立歌劇場指揮者。
(そこでエリーザベト・シューマンと不倫。)

ストラスブール、ケルン、ヴィースバーデンをへて、
1927年、クロール・オペラ(アム・プラーツ・デア・レプブリーク歌劇場)指揮者として「黄金の20年代後半のベルリン5人衆」の1人となる。

1931年ベルリン国立歌劇場指揮者となるが、
1933年ナチに追われてアメリカへ渡りロサンゼルス・フィル指揮者となる。
また、ピッツバーグ交響楽団の創立に関わる(後任にはライナーを指名)。

1947年ヨーロッパに戻り50年までブダペスト国立歌劇場指揮者。
1951年、EMIの録音用楽団であるフィルハーモニア管弦楽団に初めて客演。
1954年、同楽団首席常任指揮者となる。
1964年、同楽団がEMIから見離され、自主団体「ニューフィルハーモニア管弦楽団」となった後も、楽団会長として指揮。
1973年死去。

ディスク紹介

宗教曲

 ベートーヴェン「ミサ・ソレムニス」、ブラームス「ドイツ・レクイエム」の2つは決定盤と呼ぶにふさわしいものである。
 「メサイア」は、ドン臭い演奏でないかと恐れていたが、なかなかキビキビした名演である。「マタイ受難曲」もソリストが充実していて素晴らしい。私は もっていないが「ロ短調ミサ」も良いらしい。

交響曲

 ハイドン・モーツァルト・ベートーヴェン・シューベルト、メンデルスゾーン、シューマン、ブラームス、マーラーといった「偉大なドイツ交響曲」はどれも第1級の演奏。中でも頭文字「M」の3人の作品は最高だ。マーラーは、同じマーラーの弟子のワルターとの聴き比べるのが興味深い。(第1印象はえらく違うが、どちらも曲を「古典的に」とらえているという共通点がある。)ハイドンも素晴らしいが、イギリス風ユーモアにあふれたビーチャム盤と比べると同じイギリスのオケなのにえらい違いなのが面白い。

 ところが、まだ「えー、こんなのやるの」という録音が結構ある。宇野功芳氏が絶賛しているベルリオーズ「幻想」・ドボルザーク「新世界」・フランク「ニ短調」の3曲や、チャイコフスキーの後期3曲(私は「悲愴」のみ所持)がその代表である。

管弦楽曲

 メンデルスゾーン「真夏の夜の夢」の評判が高い。ヴァーグナー管弦楽曲集も出ている。(他にバッハの「管弦楽組曲」「ブランデンブルク協奏曲」などもあるのには驚いてしまう。これらは不所持。)
 1999年、それまで未発売だった「ペトルーシカ」(TESTAMENT)を入手。上の「クレンペラーとの対話」を読むと、彼が同時代の作曲家たちと多くの交流をもっていたことがわかる。そうと知ればこの録音も不思議ではない。

オペラ

 私は、EMIの歴史的「指環」録音集に含まれる「ワルキューレ第1幕」、及びART処理された「さまよえるオランダ人」「魔笛」の3つしか持っていない。(他に「フィガロ」「ドン・ジョヴァンニ」「フィデリオ」などの録音が出ている。)

1968年ウィーン音楽週間におけるウィーン・フィルとのライヴ録音

2005年夏、1968年のウィーン音楽週間におけるステレオ・ライヴ録音集が、TESTAMENTからまとめて8枚組SBT81365としてリリースされた。
そのうち1枚は、1947年以来11年ぶりのVPOとの再開となった1958年6月15日の「ドイツ・レクイエム」が収録されている(これはモノラル録音)。
68年の一連のコンサートのうち、6月9日の「フリーメイソン葬送音楽」(6月5日に暗殺された民主党大統領予備選候補ロバート・ケネディ上院議員の追悼のために特別に演奏されたもの)のみ、オフィシャルなテープが存在しないということで当TESTAMENT盤には収録されていない(よってHUNT盤は貴重)。

1968/05/19 バッハ ブランデンブルク協奏曲第1番 ヴェラー(vn)、ヘグナー(hr)他
モーツァルト セレナード第12番「ナハトムジーク」 プリンツ(cl)、C.エールベルガー(fg)他
交響曲第41番「ジュピター」
1968/05/26 ベートーヴェン 「コリオラン」序曲
交響曲第4番
交響曲第5番「運命」 =DG 435 327-2(25日表記)
1968/06/02 ラモー ガヴォット(KLEMPERER編) ハイドン「時計」から予定変更
ブルックナー 交響曲第5番 =M&A CD 836
1968/06/09 モーツァルト フリーメイソン葬送音楽 オフィシャルなテープがないためTESTAMENT盤には収録されず。HUNT 2 HUNTCD 578
マーラー 交響曲第9番 =HUNT 2 HUNTCD 578, M&A CD-1123(4)
1968/06/16 シューベルト 交響曲第8番「未完成」 =DG 435 327-2、TESTAMENT盤は「Schön」の声が消されている
R・シュトラウス 「ドン・ファン」
ヴァーグナー ジークフリート牧歌 以下ヴァグナー3曲は、当初の「ペトルーシカ」から予定変更
「トリスタン」前奏曲 =HUNT 2 HUNTCD 578
「マイスタージンガー」前奏曲

ウィーン・フィルとの録音は、以上の他に、M&A CD-1123(4)に収録されたマーラー「復活」がある。

バイエルン放送交響楽団とのライヴ録音

 「スコットランド」は是非聴いていただきたい。終楽章コーダは「クレンペラー版」で演奏している。それは短調のままその楽章の第2主題を続けてい き静かに終わるのである。詳しくは、こちらへ。

1956/10/19 ハイドン 交響曲第101番「時計」 Golden Melodram GM4.0069-2CD MONO
1956/11/19 マーラー 交響曲第4番 M&A CD-1123(4) MONO、リンダーマイヤー(S)
1965/01/29 マーラー 交響曲第2番「復活」 EMI 5 66867 2 同合唱団、ハーパー(S)、ベイカー(MS)
1966/04/01 シューベルト 交響曲第8番「未完成」 EMI 5 66868 2
ブルックナー 交響曲第4番「ロマンティシェ」 EMI 5 66866 2
1969/05/23 メンデルスゾーン 交響曲第3番「スコットランド」 EMI 5 66868 2 終楽章コーダ改変
劇音楽「真夏の夜の夢」 Golden Melodram GM4.0069-2CD 同合唱団、マティス(S)、ファスベンダー(MS)
「フィンガルの洞窟」序曲
1969/05/30 ベートーヴェン 交響曲第4番 EMI 5 66865 2
交響曲第5番「運命」 両端楽章提示部リピート無し