アルトゥーロ・トスカニーニ

(1867〜1957)


 彼は、いわゆる「楽譜に忠実な」演奏というものを実践した最初の人であった、といえよう。これについては、ホントかウソかよくわからないような面白いエピソードがある。彼がまだオケでチェロを弾いていた頃、指揮者が、若いチェリストにもう少しあるニュアンスを込めて弾いてもらいたい、と思って彼に注意したところ、彼トスカニーニは「でも先生、楽譜にはこう書いてあります」と言い返したのである。ところがその指揮者先生は、その曲の作曲者、しかもなんと巨匠ヴェルディだったというのである。

 しかし、古楽器による演奏・新しく校訂された楽譜による演奏が主流となった現在、彼の演奏はとてもとても楽譜に忠実などと言えるものではない。速めのテンポをとっていることぐらいが、かろうじて“先駆的”と言えないこともないが...。トスカニーニが忠実だったのは自分の音楽への情熱に対してのみだった、というのが正しい評価であろう。

 イタリアのパルマ生まれの指揮者。はじめパルマ音楽院ではチェロと作曲を学び、それぞれ首席で卒業した。その後は劇場オケでチェロを弾いていた。強度の近眼だったため、スコアを丸暗記して演奏していた。

 1886年、彼の楽団(ロッシ・オペラ団)が南米ブラジルに演奏旅行した際、指揮者が急病か何かで演奏できなくなってしまった時、同僚から「あいつはスコアを全部知っているから、指揮もできるだろう」という声があがり、初めて指揮をすることになった。曲は「アイーダ」で、それを見事成功したのである。(6月30日、リオデジャネイロ歌劇場)

 その後彼は、ミラノ・スカラ座の指揮者としてイタリアを代表する存在となった。また、アメリカでもニューヨーク・フィルやメトロポリタン・オペラの監督として確固たる地位を築いていた。
 しかし、1922年ムッソリーニ政権が成立すると、彼はこれに猛烈に抵抗した。例えば、プッチーニの遺作となったオペラ「トゥーランドット」は終結部が未完で、これをトスカニーニの斡旋もあって友人の補筆で完成されたのだが、ムッソリーニはこの初演を国家的行事として行なおうと目論んでいた。その日、スカラ座は国賓が多く座席を埋めていたが、指揮者トスカニーニはそんなこともお構いなく、プッチーニが完成させたところまで演奏を終えると指揮棒を置いて客席の方に向き直り「先生はここまで書いてお亡くなりになりました」と言って、そこでやめてしまったのである。

 結局トスカニーニはイタリアを去ってアメリカに活動の拠点を移し、ファシズムへの反対を態度で示した。そんな彼であったから、ブルーノ・ワルターがユダヤ人ということでドイツから追われるとこれを助け、またその一方で、ドイツにとどまっているフルトヴェングラーなどに対しては、激しくこれを批難した。この2人の間には、これまた興味深いエピソードがある。
 1937年夏のザルツブルク、ナチのオーストリア併合前の最後の音楽祭期間中のこと、トスカニーニは、なるべくフルトヴェングラーと顔を合せたくない、と思っていたのだが、ある日ばったりと街角で2人は出会ってしまった。そこで案の定、口論となってしまったのである。

 この論争の勝敗は、残念ながらトスカニーニに軍配があがった。今日、政治と無関係でいることは誰もできないのだ、ということをヒトラーは明らかにしたのである。(クルト・リース「フルトヴェングラー」みすず書房、179〜181ページ)
 だが、トスカニーニ自身はその前年36年に一時引退を表明した時、イタリアに帰郷しているのである。(しかもニューヨーク・フィルの後任指揮者にフルトヴェングラーを指名して、である。ところがナチスの陰謀によってその計画はつぶされてしまった。)

 しかしアメリカでトスカニーニの引退を惜しむ声があり、彼のために大石油会社がスポンサーとなって金に糸目をつけず名手を集めNBC放送内に設立されたNBC交響楽団の指揮者として、さらに活躍を続けることになった。
 その名人オケのおそるべき能力が、トスカニーニの厳格な指揮によって、フルに発揮され、数々の名演を生みだしていくことになる。中でも超名演とされるメンデルスゾーンの「イタリア」は1954年2月、87才の時の演奏というから、全く恐れ入ってしまう。
 しかしその直後の4月、ヴァーグナーの管弦楽曲集のコンサート中に、突然、今まで暗譜していたはずの曲の先を忘れてしまう、というアクシデントがおき、彼はただちに引退を表明するのである。最後まで潔癖主義の人だった。
 1957年の彼の死後、追悼コンサートの「英雄」の指揮はワルターが行なった。(トスカニーニ最後のコンサート、およびその追悼コンサートのライヴ録音も残されている。)


NBC交響楽団との録音

 トスカニーニの録音は大部分がRCAのNBC交響楽団とのものである。しかし、同じRCAや最近はNAXOSあたりから、ニューヨーク・フィルとの録音も発売されている。これらは録音は古いが、オーケストラの音が柔らかくて、NBCの強力だが硬い音とはあきらかに違う。
 もっともそのNBCとの録音も、UV22 Super CD Encording方式でリマスターされたものは見違えるような音色になっている。やはりトスカニーニは長い間かなり誤解されてきたと言わざるを得ない。以下にそのリマスターされたシリーズ各2枚組×12セットの番号と内容を列記する。

74321 55835 2 BEETHOVEN Sym.Nr.1〜4、Egmont ov.
74321 55836 2 BEETHOVEN Sym.Nr.5〜8
74321 55837 2 BEETHOVEN Sym.Nr.9、 Missa Solemnis
74321 55838 2 BRAHMS Sym.Nr.1〜4
74321 59480 2 SCHUBERT Sym.Nr.5, 「未完成」, 「グレイト」、MENDELSSOHN 「イタリア」,「宗教改革
74321 59481 2 MOZART Sym.Nr.40HAYDN 「驚愕」
SCHUMANN 「ライン」DVORAK 「新世界」CHERUBINI 交響曲ニ長調
74321 59482 2 WAGNER 「ヴァルキューレの騎行」「森のささやき」「夜明けとラインの旅」「ジークフリートの死と葬送行進曲」「ジークフリート牧歌」「トリスタン前奏曲と愛の死」「マイスタージンガー第3幕前奏曲」「パルジファル前奏曲と聖金曜日」「ローエングリン第1・第3幕前奏曲」「タンホイザー序曲とバッカナーレ」
74321 59484 2 MUSSORGSKY「展覧会の絵」、R.STRAUSS「ティル」「死と変容」、BRAHMS「ハイドン変奏曲」「ハンガリー舞曲Nr.1,17,20,21」、TCHAIKOVSKY「くるみ割り人形」、SIBELIUS「フィンランディア」、SMETANA「モルダウ
74321 66924 2 DEBUSSY「海」「牧神」「映像〜イベリア」「夜想曲〜雲」RAVEL「ダフニスとクロエ第2」
BERLIOZ「ローマの謝肉祭」「ロメオとジュリエット〜マブの女王のスケルツォ」,FRANCK「プシュケー」,
BIZET「カルメン組曲第1」,DUKAS「魔法使いの弟子」 etc.
74321 72374 2 RESPIGI「ローマ3部作」,ROSSINI 「アルジェのイタリア人」「セミラーミデ」「ウィリアム・テル」序曲
VERDI 「運命の力」序曲、DONIZETTI 「ドン・パスクワーレ」序曲、他
74321 72373 2 VERDI 「レクイエム」「テ・デウム」CHERUBINI 「レクイエム c-moll」
74321 72373 2 VERDI 歌劇「ファルスタッフ」全曲

追記:これらの中からさらにピックアップされた曲が、没後50周年の2007年から順次日本ビクターからXRCD24で発売されている。UV22 Super CD Encordingが、若干ステレオプレゼンスを付加しているのに対し、これこそ正真正銘のモノラルでの超優秀リマスタリングである。ようやく本物のNBCが聴けるようになった。

TVコンサート

 トスカニーニとNBC交響楽団は、1948〜52年にかけて10回のTVコンサートを行っている。その全ては録画が残されていて、1987年に初めてビテオ商品化、1990年にはレーザーディスクで発売されていた。それが2002年に東芝EMIからDVD5枚セットで発売された。映画のフィルムと違って初期のTVの画質状態はよくない。しかももの凄い強いライトを使っていたのでトスカニーニも汗だくで大変だったらしいし、オケの団員にはサングラスをしている者もいる。こうした悪条件にもかかわらず、トスカニーニの指揮姿がこのように残されているというのは貴重である。
 これらの映像によれば、トスカニーニのオーケストラ楽器配置は、19世紀以来の伝統的なものであったことがわかる。(ヴァイオリン両翼型、チェロは第1ヴァイオリンの隣でそのさらに右奥にコントラバス)

DISC.1 1948.3.20, 8H Studio WAGNER「ローエングリン」第3幕前奏曲、「タンホイザー」序曲とバッカナーレ、
「ジークフリート」森のささやき、「神々の黄昏」夜明けとラインの旅、「ヴァルキューレ」ヴァルキューレの騎行
1948.4.3, 8H Studio BEETHOVEN 交響曲第9番「合唱」
DISC.2 1948.11.13, 8H Studio BRAHMS 二重協奏曲、 ワルツ集「愛の歌」op.52、ハンガリー舞曲Nr.1
1948.12.4, 8H Studio MOZART 交響曲第40番
DVORAK 交響的変奏曲、WAGNER 「タンホイザー」序曲
DISC.3 1949.3.26, 8H Studio VERDI 歌劇「アイーダ」第1・2幕全曲
1949.4.2, 8H Studio VERDI 歌劇「アイーダ」第3・4幕全曲
DISC.4 1951.11.3, Carnegie Hall WEBER 「オイリアンテ」序曲、BRAHMS 交響曲第1番
1951.12.29, Carnegie Hall WAGNER 「ローエングリン」第1幕前奏曲、「ジークフリート」森のささやき、「トリスタン」前奏曲&愛の死
「神々の黄昏」ジークフリートの死と葬送行進曲、「ヴァルキューレ」ヴァルキューレの騎行
DISC.5 1952.3.15, Carnegie Hall FRANCK 交響詩「贖罪」、SIBELIUS 「エン・サガ」
DEBUSSY 「夜想曲」〜雲・祭、ROSSINI 「ウィリアム・テル」序曲
1952.3.22, Carnegie Hall BEETHOVEN 交響曲第5番「運命」
RESPIGHI 「ローマの松」

 トスカニーニはイギリスのオーケストラとも貴重な録音を残している。戦後のフィルハーモニア管弦楽団とのブラームス・チクルスのライヴ録音は、ようやくTESTAMENTから正規発売された。また、戦前のBBC交響楽団との一連の録音(ライヴ、スタジオ)は、以前、東芝EMI国内盤で5枚ほど出ていた。またTESTAMENTから1枚(ブラームス第2他)、BBC LEGENDSから2枚組(ミサ・ソレムニス他)が発売されている。これらについては、まだこれで全部ではないと思われるが、1枚を除いて全て所有している。以下にそれらを一覧表記しておく。

戦前のBBC交響楽団との録音

 LP時代にGRシリーズで発売されていたのは、ベートーヴェンの「第1」「第4&レオノーレ第1」「田園」他で、これらは全てスタジオ録音であ る。その他の多くはライヴと思われるが、未発売のスタジオ録音も若干あるようである。
 東芝EMI国内盤の解説によれば、トスカニーニがBBC交響楽団と行ったクイーンズ・ホールでのコンサートの年月日は以下の通りである。

年月日 作曲家 レーベル 番号 LIVE or GRシリーズLP番号
1935/6/3 ケルビーニ 「アナクレオン」序曲 BBC BBCL 4016-2 LIVE
1935/6/3,5 ブラームス 交響曲第4番 EMI CE30-5736 LIVE
1935/6/3,5 ヴァーグナー 「ファウスト」序曲 EMI 7 63044 2 LIVE
1935/6/5 ヴァーグナー ジークフリートの死と葬送行進曲 EMI 7 63044 2 LIVE
1935/6/5 ヴァーグナー 「パルジファル」前奏曲と聖金曜日の音楽 EMI 7 63044 2 LIVE
1935/6/12 ベートーヴェン 交響曲第7番 BBC BBCL 4016-2 LIVE
1935/6/12 ロッシーニ 「セミラーミデ」序曲 TESTAMENT SBT 1015 LIVE
1935/6/12 ドビュッシー EMI 7 63044 2 LIVE
1935/6/14 メンデルスゾーン 「真夏の夜の夢」〜スケルツォ、夜想曲 TESTAMENT SBT 1015 LIVE
1935/6/14 モーツァルト 交響曲第35番「ハフナー」 BBC BBCL 4016-2 LIVE
1935/6/12 ベートーヴェン 交響曲第7番 BBC BBCL 4016-2 LIVE
1935/6/14 ベートーヴェン 交響曲第7番 EMI CE30-5740 LIVE
1937/6/22,
7/16,10/22
ベートーヴェン 交響曲第6番「田園」 EMI CE30-5739 GR2153,=5 62939 2(10/21-22と表記)
1937/10/25 ベートーヴェン 交響曲第1番 EMI CE30-5738 GR2167
1937/10/25 ブラームス 悲劇的序曲 EMI CE30-5736 GR2167
1938/5/27 ヴェルディ レクイエム TESTAMENT SBT2 1362 LIVE
1938/6/10 シベリウス 交響曲第2番 EMI 7 63307 2 LIVE
1938/6/13 ロッシーニ 「絹のはしご」序曲 EMI CE30-5740 GR2167
1938/6/14 ヴェーバー 舞踏への勧誘 EMI CE30-5740 GR2167
1938/6/22 モーツァルト 「魔笛」序曲 EMI CE30-5740 GR2167
1938/6/22,
7/06
ブラームス 交響曲第2番 TESTAMENT SBT 1015
1939/5/28 ベートーヴェン ミサ・ソレムニス BBC BBCL 4016-2 LIVE
1939/6/01 ベートーヴェン 交響曲第4番 EMI CE30-5738 GR2093
1939/6/01 ベートーヴェン 「レオノーレ」序曲第1番 EMI CE30-5739 GR2093
1939/6/01 ベートーヴェン 「プロメテウスの創造物」序曲 EMI CE30-5740

ベートーヴェン第7番の録音2種は、録音日の表記が異なっており、聴衆ノイズからは別演奏のように思われる。


トスカニーニのディスコグラフィのページ