レスピーギ 「ローマの松」「ローマの祭」「ローマの噴水」


全3曲

アルトゥーロ・トスカニーニ指揮NBC交響楽団

RCA。「松」は1953年3月17日、「祭」は1949年12月12日、「噴水」は1951年12月17日の録音。
モノラルであることなど全く問題にしない決定盤である。
2000年、UV22 Super CD Encording方式でリマスターされた輸入盤2枚組を購入(写真左、2枚目はロッシーニ・ヴェルディの序曲など)。
2007年、ローマ3部作のみでXRCD24シリーズでも出た(写真右)。
その解説によれば、この3曲のアメリカ初出は、「祭」は単独10インチ盤、「松・噴水」はカップリングLPで53年に発売された。その後「祭」は56年に「ハーリ・ヤノシュ」とのカップリングでLP化された。
3曲まとめてのLP化は、1958年に何と日本で為されたものが最初だったという。

「松」は、1952年3月22日のTVコンサートの映像もLDで持っている。(同日演奏のベートーヴェン「運命」とカップリング。)
2002年夏に東芝EMIからDVDでも発売された。

小澤征爾指揮ボストン交響楽団

DG。1977年10月、ボストン・シンフォニーホールでの録音。
2012年にシングルレイヤーのSACD国内盤が出たので入手した。なかなか素晴らしい演奏・録音である。
ジャケット写真が2枚あるが、左が当盤の表側にあるもの。しかし右の当盤内側に載せられた写真のほうが国内盤ジャケットだった(「MG 1201」と右上に番号が印字されている。)
・・・ところが! またもこのシングルレイヤーSACDで不良品にぶちあたっていた。何と「ローマの松」の、「ジャニコロの松」のナイチンゲールの鳴き声が欠落している、というのである。私がユニバーサルの不良品告知記事に気づいたときには、交換期限を過ぎてしまっていた。

なお、もう1つシングルレイヤーSACD国内盤で、「リュートのための古風な舞曲とアリア」全3曲もリリースされていたのを入手。録音は、第1組曲が1977年、第2組曲が1978年、第3組曲が1975年である。

リッカルド・ムーティ指揮フィラデルフィア管弦楽団

EMI。1984年録音。1985年度レコード・アカデミー賞。
スタンダードな名演である。

ジュゼッペ・シノーポリ指揮ニューヨーク・フィル

DG。1991年録音。これは立体感のある演奏だ。
各パートが次から次へとモリモリわき上がってくる感じがする。
ムーティ盤よりも聴いていて面白い。


「ローマの祭」を含まない2曲

「松」「噴水」は録音しても、「祭」だけは除く指揮者がけっこういる。ムッソリーニ&国粋主義と何か関係があるらしい、という話を読んだことがあるが、詳しい事は知らない。

ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮ベルリン・フィル

DG。1977年録音。OIBP化。この完成度の高さ!「祭」を残してほしかった。
「古風な舞曲とアリア」第3組曲も収録されている。

フリッツ・ライナー指揮シカゴ交響楽団

RCA。1959年10月24日の丸1日で仕上げてしまった録音。
はじめ、ファリャ「三角帽子」「恋は魔術師」とのカップリングの国内盤BVCC 1032で入手。
2000年暮、レスピーギの2曲のみ、XRCDで発売された。オリジナルの3チャンネルテープからのリマスタリングで、凄い音になって甦っている。
2009年、LIVING STEREOのSACD Hybridも入手。(「」とのカップリング。)これまた凄い音になっている。SACDの威力抜群。

シャルル・ミュンシュ指揮ニューフィルハーモニア

DECCA。phase4。1966年録音。
このレーベルにこのオケとこの曲、全て意外な録音である。


「ローマの祭」「ローマの松」

上に書いたような理由からか、俗受けするこの2曲のカップリングというのは、案外少ない。

ロリン・マゼール指揮クリーヴランド管弦楽団

DECCA。1976年録音。DECCA LEGENDSシリーズで 96kHz 24-bit リマスター。
マゼールが最も血気盛んだったころの録音。オケの性能も良く、「祭」の最後のところなどかなり期待したが、そこは案外アンサンブル重視の演奏だったのでちょっと残念。しかしこの2曲を良い音で聞きたいと思う人にとってはベスト盤か。


「ローマの祭」

ヴィットリオ・デ・サバタ指揮ベルリン・フィル

Pearl。ポリドールSP。1939年4月、ベルリン・ローマ枢軸時代の録音である。
この時期、サバタは集中してベルリン・フィルと録音を残している。
フルトヴェングラー統治下のベルリン・フィルが、トスカニーニの十八番の曲をどのように演奏したか比べるのも面白い。この曲は3曲の中でもかなりロマン的アプローチが可能なだけに、指揮者のラテン性とオケのヴァーグナー的な音の出し方がうまくかみ合っているように思われる。


「ローマの噴水」

ヴィットリオ・デ・サバタ指揮聖チェチリア音楽院管弦楽団

TESTAMENT SBT 1108。伊EMI輸入盤 081 4083475 2。
1947年録音ながら、極めて明晰。素晴らしい。
両レーベルとも「海」「遊戯」「夜想曲〜雲,祭」とのカップリング。
伊EMI輸入盤は、それに加えて「田園」「ウィリアム・テル」序曲なども含む2枚組。


「ローマの松」

セルジュ・チェリビダッケ指揮シュトゥットガルト放送交響楽団

DG。正規発売第3弾。OIBP化。1976年6月20日ライヴ。
「ドン・ファン」「死と変容」とカップリング2枚組。

セルジュ・チェリビダッケ指揮フランス国立放送管弦楽団

Altus。ALT293。1974年2月15日、シャンゼリゼ劇場でのライヴ。
ブラームス第3番、ミヨー「ブラジルの哀愁」とカップリング。

ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮ベルリン・フィル

SONY。テレモンディアルDVD。1984年10月18日、大阪、ザ・シンフォニー・ホールでのライヴ。
ラストの素晴らしい盛り上がりが、録音の限界を超えてしまっていて入りきっていないのが残念。
同日の「ドン・ファン」、モーツァルト「Div.K.287」と。

ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮フィルハーモニア

EMI。1958年ステレオ録音。
同時期の「1812年」他を収録した国内盤で持っている。

ルドルフ・ケンペ指揮ロイヤル・フィル

SCRIBENDUM。1964年5月22-25日録音。
アメリカの会員制の通信販売会社(出版社)であるリーダーズ・ダイジェスト社がステレオ初期に製作販売したLPのCD化である。同社はレコード制作を高音質で知られた米RCAに依頼し、RCAが当時、英DECCAと提携関係にあったため、プロデューサーがRCAのチャールズ・ゲルハルト(ガーハート)、エンジニアがDECCAのケネス・E・ウィルキンスンというような夢の組み合わせが実現できた。(彼らによる録音は他にレイボヴィッツのベートーヴェン交響曲全集がある。)
当CDのカップリングは、「新世界」「ドン・ファン」である。また復刻リマスターはEMIのアビーロード・スタジオでイアン・ジョーンズが担当している。