ユージン・オーマンディ

(1899〜1985)

略歴

1899年 ユダヤ系ハンガリー人としてブダペストに生まれる。
本名ブラウ・イェネー(Blau Jenó、正しくは最後の文字は上に髭が1本ではなく2本)。
1905年 ブダペスト王立音楽院入学。08年からヨーゼフ・ヨハヒムの弟子イェネー・フバイに師事。
1917年 音楽院を教授資格を得て卒業。
1919年 師の後任として王立音楽院ヴァイオリン科主任教授就任。
1921年 アメリカ演奏旅行の機会を得て渡米するが、キャンセルにあい(マネージャーにだまされた?)路頭に迷い、かろうじてニューヨーク・キャピトル劇場管弦楽団のヴァイオリン奏者となる。5日目には能力を買われてコンサートマスターに就任。
1924年 正指揮者が急病、副指揮者も3人とも来られないとのことで急遽指揮をすることに。以後、劇場副指揮者になる。
1927年 CBSラジオ放送コンサートの指揮者就任。
1931年 病気のトスカニーニの代役としてフィラデルフィア管弦楽団を指揮。
同年、ミネアポリス交響楽団(現・ミネソタ管弦楽団)常任指揮者就任。
1936年 ストコフスキーと共にフィラデルフィア管弦楽団共同指揮者。
1938年 ストコフスキー辞任で、同管弦楽団音楽監督就任。
1980年 フィラデルフィア管弦楽団音楽監督を辞任、桂冠指揮者の照合を与えられる。
1985年 死去。

評価

 オーマンディは、フィラデルフィアの共同指揮者になった際、ストコフスキーがロマン派担当、オーマンディが古典派担当、という役割分担だったという。確かに彼の出自を考えればオーストリア帝国出身であり、ブラームスと懇意のヨアヒムの系譜をひくフバイの弟子であるから、当然である。
 ところが、彼が残したレコードは、ゴージャスな「フィラデルフィア・サウンド」としてのみ評価されており、「シェエラザード」などのようないわゆる“通俗的名曲”には向いているが、ベートーヴェンやブラームスは正当な評価を得ていない。同じハンガリー系でアメリカ5大オーケストラの指揮者だったセル(クリーヴランド管)、ライナー(シカゴ響)と比べて一格も二格も下という評価を受けていた。しかし彼はベートーヴェン・ブラームスの交響曲全集やブルックナーまで米コロンビアに残している。(何も知識がなかった我が家で、私が高校生の時に初めて買ったベートーヴェン第9のレコードは彼の録音だった。)
 その後、私は膨大なクラシックCDのコレクションを築き上げたが、そこに彼のCDはほぼ皆無という状態が続いていた。(シベリウス第2番のXRCDだけといってよい。)

 2021年、ひょんなことからオーマンディの録音を集めてみることになった。
 テンシュテットCSOのマーラー「巨人」のDVDを中古で買ってシカゴ・オーケストラホールの映像をGetして、アメリカの5大オケの本拠地の映像を入手したくなったのである。W=メスト指揮クリーヴランド管のブルックナー第7のBlu-rayでセヴェランスホール、小澤征爾のマーラー第9でボストン・シンフォニーホールをGetした後、オーマンディ指揮で「惑星・海・展覧会の絵」というUNITEL映像がPHILIPSからDVDで出ていたことを初めて知り、Amazonで中古でGetしたのである。(その後「シェエラザード」も。)
 彼の映像に残っているレパートリーは、まさにフィラデルフィア・サウンド目当ての通俗的名曲ばかりだ。ところが彼の指揮ぶりはオーソドックスそのもの、まるでライナーみたいに無駄な動きが無い。加えて、その録音映像がフィラデルフィア管の通常の本拠地アカデミー・オブ・ミュージック(Academy of Music)という残響のあまりないホールだったこともあり、全くきらびやかさのカケラも無い音質なのである。(このホールはもとはオペラ劇場だったことが映像からわかる。)
 オーマンディはインタビューで「フィラデルフィア・サウンド」というものは無い、指揮者の音でしかない「オーマンディ・サウンド」だ、と言っている。しかしそれは華麗な音質という意味ではないようだ。ただ、普段デッドなところで演奏しているオケだから、レコード録音で良い音響の場所で録音すると、ゴージャスな音質になってしまうということはあったのかもしれない。
 なお、オーマンディ&フィラデルフィア管は、50年代から米コロンビア(CBS SONY)に録音してきたが、1968年にRCAに移籍した。コロンビア時代の録音場所は主に「フィラデルフィア・タウン・ホール」だが、RCAになってからは「スコティッシュ・ライト・カテドラル(Scottish Rite Cathedral)」になっている。しかしこの2つは実は同じホールである。