シャルル・ミュンシュ

1891.9.26 シュトラースブルク〜1968.11.6 リッチモンド

略歴

当時ドイツ領だったアルザス地方のシュトラースブルク(現フランス、ストラスブール)に生まれる。
(姓は「Münch(ミュンヒ)」だった。名もカールだった可能性もある。のちフランス市民権を取得してウムラウトを取ってミュンシュと称したが、父や兄弟たちはずっとミュンヒを名のっていたという。)
シュトラスブルク音楽院で父にヴァイオリンを学び、のちパリ音楽院でカペエに、ベルリンでカール・フレッシュに学んだ。母校ストラスブールで後進の指導をしながら地元オケのコンマスをつとめる。
1926年、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団のコンサートマスターとなり、フルトヴェングラーやブルーノ・ワルター楽長のもとで演奏する。

1932年、パリで指揮者デビュー。
1938〜46年、パリ音楽院管弦楽団指揮者。
1949〜63年、ボストン交響楽団首席指揮者。
その後フランスに帰りフリーで活動。

1967年、パリ音楽院管弦楽団を発展的に改称して創設されたパリ管弦楽団の初代音楽監督となる。
1968年、パリ管とのアメリカ演奏旅行中に客死。

主な録音

 ミュンシュの録音は、ボストン交響楽団との録音(RCA)とパリ管弦楽団との録音(EMI)のものが中心である。(その他にボストンを退任した後パリ管創立までの間のヨーロッパにおける録音がライヴも含めていくつかある。)
 ボストン響とは、ベートーヴェンやブラームスの交響曲の名演もあるが、やはりフランスものが中心となる。その中でもRCAの録音を日本ビクターが「xrcd2」リマスターした以下のものは、その音の良さも含めて記念碑的録音といえよう。

 こうして書き出してみると「xrcd2」シリーズにはラヴェル作品が含まれていないことに気づく。それらはLIVING STEREOシリーズで聴くのがよいだろう。

 次にパリ管弦楽団との録音である。それらはEMIから3枚組輸入盤CMS7 69957 2に全て収録されている。(カタログによれば、国内盤ではTOCE-6867/71という5枚組で、モノラル録音のオネゲルの交響曲第2番及びオラトリオ「死の舞踏」も収録されていた。現在は入手困難か?)

1967年10月23〜26日録音 ベルリオーズ 幻想交響曲 TOCE-59008(ART)
1967年12月28日録音 オネゲル 交響曲第2番 CDM5 67597 2(ART)
1968年1月8,12日録音 ブラームス 交響曲第1番 TOCE-59012(ART)
1968年9月21,23,24,26,28日
&10月3日録音
「ボレロ」「スペイン狂詩曲」「ダフニスとクロエ第2組曲」 CDM5 67597 2(ART)
「亡き王女のためのパヴァーヌ」  
1968年9月28日録音 ラヴェル 両手のためのピアノ協奏曲(ニコール・アンリオ=シュヴァイツァー)