ドヴォルザーク 交響曲第9番「新世界より」

 この曲は、親しみやすい名曲である上、「ソナタ形式」の勉強にもなかなか良い。前作2曲(第7番・第8番)がブラームス風ロマン派なのに対し、この曲はかなり古典的・楷書体の音楽になっているのは、アメリカで書かれたからであろう。
 1892年、コロンブスの新大陸発見400周年で盛り上がっていた年、ニューヨークの富豪の夫人ジャネット・サーバーは自分の経営するアメリカ音楽院の校長にドヴォルザークを破格の待遇で迎えた。(彼は初めあまり気乗りしなかったようだが、渡米後は「鉄道マニア」ぶりを発揮していたらしい。)アメリカにはチェコからの移民も多く、彼の作品も結構演奏されていた。契約は2年ということだったが、結局3年滞在した。この間の作品としては、この曲と弦楽四重奏曲「アメリカ」、そして大傑作のチェロ協奏曲と、実りは多かった。
 この曲は、この3曲のうちもっとも早く、滞在4ヶ月頃に書かれた。その意味で彼の新大陸の第一印象が強く刻まれた曲ともいえる。第2楽章でイングリッシュホルンによって奏される主題はのちに歌詞がつけられ「家路」(キャンプファイヤーなどでよく歌われた「遠き山に日は落ちて」)として有名である。


ラファエル・クーベリック指揮

ウィーン・フィル

DECCA。1956年ステレオ録音。これはあまり良くない。

バイエルン放送交響楽団

Altus。1965年4月24日、東京文化会館におけるライヴ録音。
NHKの優秀な録音が2001年春にCD化されてよみがえった。同日演奏の「トリスタン前奏曲と愛の死」「未完成」とカップリング。

ベルリン・フィル

DG。OIBP化(&第8番)。全集録音の1枚。1972年録音。
2011年、同じカップリングでシングルレイヤーのSACD国内盤も出た。

バイエルン放送交響楽団

ORFEO。1980年6月19,20日、ヘルクレスザールでのライヴ。
弦楽セレナーデとカップリングである。
日本公演から15年たっているため、手兵との息もピッタリ。

チェコ・フィル

スプラフォン。1991年10月11日ライヴ。LD。(CDも出ている。)
本来なら、これを最高の名演と紹介したいのだが...90年プラハの春での「わが祖国」につぐ、このコンビの第2弾だが、資本主義体制への変更という大変革の中で、一時チェコ・フィルのレベルダウンが目立った時期の記録となってしまったような気がする。(その後もちなおしたようだが..)

なお、この時のリハーサル風景のLDも出ている。

その他のチェコの指揮者の演奏

ヴァーツラフ・ターリヒ指揮チェコ・フィル

スプラフォン。1954年9月28-30日、モノラル録音。
チェコ・フィル育ての親とも言うべき、ターリヒの古典的名盤。ターリヒ・エディションのリマスター盤で再入手。

カレル・アンチェル指揮チェコ・フィル

スプラフォン。
1961年12月6日、芸術家の家(ルドルフィヌム)での録音。
全ての面で文句なし!最高の演奏。
1985年に国内盤としては初めて3000円を割る2800円の廉価盤CDシリーズの筆頭番号(日本コロンビア28C37-1、写真左)のものを学生時代に入手して、ずっとそれを聴いていた。原テープの保管状態が良かったうえ、CD時代初期ということもあり過去の録音をCD化する際に手抜きがなかったのか、大変良い音質で満足していた。カップリングが「モルダウ」なのも言うこと無しだった。
2002年夏、アンチェルの録音を24bitリマスターしたゴールド・ディスクのシリーズがリリース開始された。その第1弾の1枚を入手(SU 3662-2、写真左から2番目)。音質はさらに向上。カップリングは演奏会用序曲「自然の中で」「オセロ」。
2009年、JVCからXRCD化されたのを入手(写真右から2番目)。
2011年末、シングルレイヤーのSACDも出た(写真右端)。

カレル・アンチェル指揮ウィーン交響楽団

PHILIPS。1958年録音。
こちらは第2楽章が速すぎ、やや雑な感じ。(オケのせいだろう。なお当時アーノンクールが在籍していた。)


ハンガリー出身の指揮者の演奏

フリッツ・ライナー指揮シカゴ交響楽団

RCA。1957年録音。トスカニーニの演奏をさらに切れ味鋭くした感じ。
LIVING STEREO盤に加えて、2001年にXRCD盤も入手(写真左)。さらに素晴らしい音質になっている。
2009年、LIVING STEREOのSACD Hybrid盤も入手(写真右)。

フェレンツ・フリッチャイ指揮ベルリン・フィル

DG。1959年ステレオ録音。2001年にOIBP化された盤に買い換えた。
BPOの威力もあって、アインザッツがフルトヴェングラーを思わせる緊張感がある。
カップリングは「モルダウ」リスト「前奏曲」
2014年初め、同じカップリングのBlu-ray-audio Discを入手。残念ながらマスターが劣化しているせいか、音揺れが目立つ。

フェレンツ・フリッチャイ指揮ベルリン放送交響楽団

DG。1953年頃のモノラル録音。
2003年にeloquenceシリーズ外盤で入手した。上のステレオ録音よりもさらにアグレッシヴにたたみかけるテンポに圧倒される。リストの「ハンガリー狂詩曲第1番・第2番」とカップリング。

イシュトヴァン・ケルテス指揮ウィーン・フィル

DECCA。1961年録音。
音場の奥行きの浅い乾いた音質のキング国内盤では、イマイチ楽しめなかったが、2001年にオリジナル・マスターを使用したユニバーサル国内盤が出たのを入手して、ようやく名演を名演として味わえるようになった。
カップリングはロンドン響団員との「管楽セレナーデ」。

ジョージ・セル指揮クリーヴランド管弦楽団

ソニー。1960年録音。完璧にコントロールされ洗練された名演。
輸入盤で「第7&8番」とカップリング。
国内盤は「モルダウ」「売られた花嫁・抜粋」とカップリング。
2009年、国内盤SACDも入手(&第8、写真)。

アンタル・ドラティ指揮ニューフィルハーモニア

DECCA。phase4。1966年録音。
オランダ放送フィルとの「ハリー・ヤノシュ」とカップリング。

ルーマニア出身の指揮者の演奏

コンスタンティン・シルヴェストリ指揮フランス国立放送管弦楽団

EMI。1957年録音。ADFディスク大賞。
ルーマニア出身の異色の指揮者の西欧デビュー盤。第7&8番との組み合わせで2枚組。

セルジュ・チェリビダッケ指揮ミュンヘン・フィル

TELDEC。LD。WPLS-4028。1991年10月、ガスタイクで収録。
最晩年のもの。とにかく最初のティンパニが「見もの」である。
なお裏面は「チェリビダッケのドキュメント」。必見である!

EuroArts。DVD輸入盤。プロコフィエフの古典交響曲とのカップリングで2011年末に発売された(写真)。

セルジュ・チェリビダッケ指揮シュトゥットガルト放送交響楽団

METEOR。海賊盤。壮年期の「気合い」が聞こえる。


モノラル録音

レオポルド・ストコフスキ指揮フィラデルフィア管弦楽団

GRAMMOFONO。RCAによる1927年録音。
彼の1回目のこの曲の録音。ただしこの盤は復刻のピッチが不安定。

エーリヒ・クライバー指揮ベルリン・フィル

DG。1929年録音。音はしっかりしている。
序奏部の遅さと主部の速さの対比など、全体の設計は「さすが」である。

ウィレム・メンゲルベルク指揮アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団

TELEFUNKEN。1941年4月1日録音。
原盤からの丁寧なリマスタリングで素晴らしい音質。演奏もスリリングである。フランクの交響曲とカップリング。

ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮ベルリン・フィル

DG。ポリドールSP録音復刻イタリア盤。1940年3月録音。
6月には同じベルリン・フィルと「モルダウ」も録音している。

アルトゥーロ・トスカニーニ指揮NBC交響楽団

RCA。1953年録音。「新世界から」というイメージにピッタリ。
「モルダウ」「ハーリー・ヤノシュ」とカップリング。
1999年4月、UV22 Super CD Encording方式でリマスターされた輸入盤2枚組74321-59481-2を入手。
音質改善の上、カップリングが「ライン」「驚愕」、モーツァルトの40番、ケルビーニの交響曲というお買い得盤である。

2007年XRCD24でも出た。これにはアメリカ初出時のオリジナル・ジャケットの絵が使用されている(写真)。
日本でのLPは西部の風景を背に星条旗がはためいている(いかにも「新世界!」という雰囲気の)ジャケットが知られているが、それとは全く違う「遠き山に日は落ちて」という雰囲気のものである。
XRCD盤の解説末尾にそのジャケットの絵にまつわるエピソードが載っている。この絵はチャールズ・バーチフィールド(1893-1967)というアメリカを代表する具象画家による「11月の夕べ」という絵である。RCAがこの絵を使用することをバーチフィールドに連絡をとった際、次のような返信があった(これは初出LPの解説にも掲載された)。
それによれば、この「11月の夕べ」の最初のスケッチは1920年に遡るが、その年に発売されたRCA発売のストコフスキー指揮フィラデルフィア管弦楽団によるこの楽章の短縮版のレコードを聴いて、直接のインスピレーションを得たという。それまではユーモレスク以外ドヴォルザークの作品について知らず、彼がアメリカに滞在していたことすら知らなかったのだが、以来バーチフィールドはドヴォルザークの大ファンになり、このRCAからの連絡を受けるまでに発売されていたほとんどのドヴォルザーク作品のレコードを購入しているほどだった、という。

アルトゥール・ロジンスキ指揮ロイヤル・フィル

ウェストミンスター。1954年録音。
音質も良く、演奏も大変ダイナミックで素晴らしい。

ヘルベルト・ケーゲル指揮ライプツィヒ放送交響楽団

WEITBLICK。1967年11月14日、ライプツィヒ、コングレスハレでのライヴ録音。
DRA音源であり、モノラルとはいえ大変鮮明な音質である。演奏もなかなか素晴らしい。
ヤナーチェクの「シンフォニエッタ」(こちらは72年のステレオ)とカップリングである。

ヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮ベルリン・フィル

PHILIPS。ニセモノと判明したらしい。結構ホンモノらしい雰囲気なんだが...

ステレオ録音

ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮ベルリン・フィル

EMI。1977年1月2-3日、フィルハーモニーでの録音。
絶頂期のカラヤンらしさが発揮された「あざとい!」と言われそうな演奏。
もとは4チャンネル録音で、メタリックな音質。ティンパニがものすごい。
はじめ第8番とカップリングの廉価輸入盤で購入。2005年、カラヤン・コレクションでART処理された輸入盤で買い直した(写真左)。これも第8番とカップリングである。
2012年1月、SACD Hybrid国内盤で入手(写真右)。これはオリジナルLPと同じく「モルダウ」とカップリングである。

カルロ・マリア・ジュリーニ指揮シカゴ交響楽団

DG。1977年録音。
ジュリーニの名声がうなぎのぼりだった頃の名盤。
国内盤で持っていたが、2011年、CSO録音集5枚組が出たので買い直した。

シルヴァン・カンブルラン指揮南西ドイツ放送交響楽団

GLOR。2009年6月25-28日、バーデンバーデン、フェストシュピールハウスでの録音。
カップリングはヤナーチェク「シンフォニエッタ」(2005年9月7-9日、ベルリン、フィルハーモニーホール録音)である。
キビキビしたメリハリのある演奏だ。

ロジャー・ノリントン指揮シュトゥットガルト放送交響楽団

ヘンスラー。2008年7月ライヴ録音。
音色のバランスに東欧っぽさがある。デュナーミクの細かい変化、弦の刻みのアグレッシヴさも素晴らしい。
カップリングの「謝肉祭」序曲がさらに素晴らしい名演。

ブルーノ・ワルター指揮コロンビア交響楽団

ソニー。1959年録音。
私が最初に買ったこの曲のレコードだった。ワルター指揮のレコードとしても最初だった。序奏部の低減の凄さにびっくり。
作曲家とワルターの2人の「望郷」の念がオーバーラップした名演。
第8番とのカップリングのニューリマスター輸入盤で持っている。

フランツ・コンヴィチュニー指揮バンベルク交響楽団

オイロディスク。1961年録音。
2009年、24bitマスタリングでCD化。レオノーレ序曲第2番とカップリング。

クラウス・テンシュテット指揮ベルリン・フィル

EMI。1984年3月14,15日録音。
ベルリン・フィルの同曲初デジタル録音である(カラヤンと77年に録音して以来。DGへのデジタル録音はカラヤンもマゼールもウィーン・フィルとである)。 ガン宣告の前年、テンシュテットがようやく世間に知られてきた頃の全盛期の録音である。骨太のロマン主義という彼の特徴がよく出ている。
マゼール指揮のスラヴ舞曲が6曲カップリングされている。

クラウス・テンシュテット指揮ベルリン・フィル

TESTAMENT。JSBT2 8450。1984年3月13日、フィルハーモニーでのライヴ録音。
上記のセッションの前日のライヴである。
同日演奏のプロコフィエフのピアノ協奏曲第2番、はげ山の一夜(オリジナル版)も収録された2枚組である。
80年の第8番のライヴもTESTAMENTの同シリーズからCD化されている。

クラウディオ・アバド指揮ベルリン・フィル

DG。1997年ライヴ録音。
いつもながらの緻密な計算に裏打ちされた名演である。旋律美がアバドのフレージングの良さによって際立っている。
もしかしたらテンシュテット以来やっと2つめのベルリン・フィルによる当曲デジタル録音か?その後も無さそうだし。

クラウディオ・アバド指揮ベルリン・フィル

EuroArt。DVD。2002年5月1日。パレルモ、マッシモ劇場。
BPO芸術監督としての最後のヨーロッパ・コンサート。(このコンサートはアバドが発案して1991年に始まったものである。)
エグモント序曲、ブラームスのVn協奏曲などとカップリング。

ハンス・シュミット=イッセルシュテット指揮北ドイツ放送交響楽団

EMI。1969年2月10日、ムジークハレでのライヴ、ステレオ録音。
カップリングは翌年の第7番。2曲ともかなりドイツ的な演奏である。

ルドルフ・ケンペ指揮チューリヒ・トーンハレ管弦楽団

SCRIBENDUM。1971年6月29日〜7月1日録音。「運命」とのカップリング。
このオケと指揮者の組み合わせとしては他にブルックナー第8番がある。

ルドルフ・ケンペ指揮ベルリン・フィル

EMI。1957年録音。TESTAMENT12枚組SBT12 1281に収録。
なお、このセットにはドヴォルザーク「スケルツォ・カプリチオーソ」がベルリン・フィル57年録音とロイヤル・フィル61年録音の2種類収録されている。

ルドルフ・ケンペ指揮ロイヤル・フィル

SCRIBENDUM。1962年1月26-30日録音。
アメリカの会員制の通信販売会社(出版社)であるリーダーズ・ダイジェスト社がステレオ初期に製作販売したLPのCD化である。同社はレコード制作を高音質で知られた米RCAに依頼し、RCAが当時、英DECCAと提携関係にあったため、プロデューサーがRCAのチャールズ・ゲルハルト(ガーハート)、エンジニアがDECCAのケネス・E・ウィルキンスンというような夢の組み合わせが実現できた。(彼らによる録音は他にレイボヴィッツのベートーヴェン交響曲全集がある。)
当CDのカップリングは、「ドン・ファン」「ローマの松」である。また復刻リマスターはEMIのアビーロード・スタジオでイアン・ジョーンズが担当している。

オットー・クレンペラー指揮フィルハーモニア

EMI。1963年録音。隠れた名盤。
クレンペラーの指揮者としての振出しはプラハだった。
目立たない所でルバートなんぞしているのはクレンペラーにしてはめずらしい。
シューベルト第5番とカップリングの輸入盤で持っていたが、99年3月、ART処理された輸入盤CDM5 67033 2を新たに入手した。こちらはハイドン「時計」とカップリングである。

ヨゼフ・カイルベルト指揮バンベルク交響楽団

TELDEC。
第2次大戦中ドイツ占領下のプラハに1940年に設立されたドイツ・フィルハーモニーの指揮者にフルトヴェングラーの推薦で就任したのがカイルベルトであった。オケのメンバーは敗戦とともにチェコを逃れバンベルクで活動を再開し、バンベルク交響楽団となった。カイルベルトは引き続きその指揮者をつとめた。というわけで、チェコものはこのオーケストラの「お国もの」であるかのような解説がまま見られるが、それはちょっと違うのではないか。ハプスブルク帝国のウィーン・フィルならともかく...。
ここでの演奏はもちろん、チェコのお国ものというよりも、とことん「ドイツ的」というべきものである。

キリル・コンドラシン指揮ウィーン・フィル

DECCA。1979年9月録音。
ソ連から西側へ亡命してきたロシア人指揮者がVPOを振っての「新世界」。
同じスラヴ系、亡命者の望郷の念、そしてチェコを支配したウィーンのオケ、というこの曲に結構あった組み合わせの妙。悪かろうはずがない。私はケルテスVPO盤よりも優れていると思う。余白のドラティRPOによるスラヴ舞曲もよい。

ヤッシャ・ホーレンシュタイン指揮ロイヤル・フィル

CHESKY。1962年録音。
音質鮮明。演奏の切れ味も良い。第1楽章冒頭のティンパニがキマってる!

レナード・バーンスタイン指揮イスラエル・フィル

DG。1986年録音。
「望郷」を歌ったこの曲を、バーンスタインは「同胞」と録音した。
その第2楽章はなんと、18:22もかかっている。全曲で50:22!

ジェイムズ・レヴァイン指揮シュターツカペレ・ドレスデン

DG。1994年録音。第8番とのカップリング。
それにしても、なんでこのコンビなんだ? (シノーポリ指揮ならわかるが...)
ルカ教会での録音で、残響が豊かなため、終楽章の金管が「高らかに」響くのが気持ち良い。

小澤征爾指揮ウィーン・フィル

PHILIPS。1991年ライヴ録音。熱気あふれる演奏だ。
が、録音だと「音のかんづめ」という印象になってしまう。

ピアノ連弾版

デュオ・クロムランク

claves。
フランス人のパトリック・クロムランクとその夫人の桑名妙子によるピアノ・デュオ。
「モルダウ」とのカップリング。