カルロ・マリア・ジュリーニ

(1914〜2005)

2005年6月14日、イタリア北部のブレシアで亡くなったらしい(HMVのサイトで知った)。もう10年近く消息を聞かなかった。

略歴

聖チェチーリア音楽院でヴァイオリン・ヴィオラ・作曲を学ぶ。
1934年、同音楽院管弦楽団のヴィオラ奏者となり、R.シュトラウス、フルトヴェングラー、ワルター、サバタ、E.クライバー、メンゲルベルクなどの指揮のもとで演奏。(特にワルターに感銘を受けたという。)
同音楽院の指揮科に再入学し、3年後に首席で卒業も第2次大戦勃発でデビュー延期。
1944年6月、ローマ解放記念演奏会で同音楽院管を指揮してデビュー。
1944-46 ローマRAI管第2指揮者。46-50 同首席指揮者。
1950-53 ミラノRAI管首席指揮者。
1953-56 ミラノ・スカラ座音楽監督。
1959-? フィルハーモニア管(クレンペラーの補佐?)
1969-73 シカゴ交響楽団首席客演指揮者。
1973-76 ウィーン交響楽団首席指揮者。
1978-84 ロサンゼルス・フィル音楽監督・常任指揮者。
以後は病気の妻の看病もありフリーに。
ウィーン・フィル、ベルリン・フィル、コンセルトヘボウなど一流オケとの録音。


 吉田秀和が「世界の指揮者」のジュリーニの項目を書いたのは70年代前半の頃だと思われる。というのもそこで扱われているレコードはいずれも、1969〜71年頃に録音されたシカゴ交響楽団とのベートーヴェン第7、ブラームス第4、マーラー第1といった曲で、同じシカゴ響でも76年録音のブルックナー第9については触れられていないからである。
 吉田氏は、「54年頃にスカラ座でジュリーニを聴いたが曲は忘れた、なぜならカラスとテバルディの関係ばかり取りざたされていたからである」と書かれている。(翌55年のカラス、ディ・ステファノの「椿姫」は聴かれたのであろうか?)。その後、「1964年に、もう少しベルリンに長く滞在していたらベルリン・フィルとのマーラー第9を聴けたが帰ってきてしまった」とも書かれている。
 そんなわけで吉田氏は、ほとんど上のシカゴ響との3曲だけを題材に、ジュリーニの優秀さを賞賛する文章を書かれているのだが、これは実に先見の明があったというべきだろう。というのもその後、70年代後半からシカゴ響とブルックナー第9(76)、マーラー第9(75)、シューベルト「グレイト」(77)・「未完成」(78)、ドヴォルザーク「新世界」(77)・第8(78)といった大作曲家の最後の交響曲、あるいはロス・フィルとの「英雄」(78)「運命」(81)「田園」(79)や、シューマン「ライン」(80)などの録音で急速に名声を勝ち得ていくからである。

 フリーになってからのジュリーニは、ますます巨匠化していった。ベルリン・フィルとのベートーヴェン第9、「大地の歌」あたりはまだ良いが、ウィーン・フィルとのブルックナー・ブラームスなどの録音あたりからは、ちょっとテンポが遅すぎるのではないか、と思われるようにもなってしまった。(しかし「ドイツ・レクイエム」などは良い。)