ヴァーツラフ・ターリヒ

(1883〜1961)


 言わずと知れたチェコ・フィル育ての親である。
 プラハ音楽院でヴァイオリンを学び、卒業後はニキシュ時代のベルリン・フィルの第1ヴァイオリン奏者となる。1904年にオデッサ市立管弦楽団コンサートマスターとなり指揮活動も始め、05〜07年にはスロヴェニアのリュブリャーナ・フィルの指揮者をつとめた。
 その後、ライプツィヒ音楽院でニキシュに師事し、19年にチェコ・フィルの首席指揮者に就任し41年までつとめたが、その後も共演は続けた。35年から45年まではプラハ国民劇場の音楽監督をつとめた。大戦後は49年からスロヴァキア・フィルの首席指揮者となったのをはじめ、プラハ放送響、チェコ・フィルで活躍。
 またプラハ音楽院で、アンチェル、ノイマン、コシュラーなどを育てた。

 私の音楽遍歴で書いたように、彼やアンチェルは、名前だけは小さい頃から知っていた。しかしその録音を聴いたのは大学生時代からである。アンチェルに続いて彼の録音までもがリマスターされたCDで聴けるようになるとはうれしい限りである。