アルトゥール・ロジンスキー

(1892〜1958)

略歴

1892年1月1日、現クロアチアのスピルト生まれ。両親はポーランド出身。
ウィーン大学で法学博士号取得。傍ら音楽も学ぶ。
1920年、ポーランドで活動開始。ストコフスキーに認められ25年渡米。
1926年、フィラデルフィア管弦楽団でストコフスキーの助手、同年カーティス音楽院でも教鞭をとる。
1929〜33年、ロサンゼルス・フィル音楽監督。
1933〜43年、クリーヴランド管弦楽団音楽監督。
この間、1935、36年にザルツブルク音楽祭登場しウィーン・フィルを指揮。
この時、そのリハーサルを見たトスカニーニに、創立まもないNBC交響楽団のトレーナーを依頼される。
1943〜47年、ニューヨーク・フィル音楽監督(同オケ初の音楽監督の称号)。
ここでコンマスを含む14人を解雇し大幅リストラ再建に成功するが、経営陣と対立し辞職。(なお、43年にバーンスタインのNYPデビュー)
1947〜48年、シカゴ交響楽団音楽監督。しかしここでも経営陣と対立し契約解消。(その後任にフルトヴェングラーが指名されるが大問題に発展。)
ここで再びヨーロッパに戻り、ウェストミンスター・レーベルと契約。ウラッハとの「モーツァルト:クラリネット協奏曲」、ロイヤル・フィルとの「ショスタコーヴィチ 第5番」など続々と名盤を録音した。
1958年11月27日、ボストンの病院で死去。享年66。


特徴

 上の略歴を見てわかるように、今日、アメリカで名のあるオーケストラを次々と歴任し、いずれもその徹底した練習によってレベルアップさせた。トスカニーニのNBCの基礎も彼が築いたということを考えれば、彼の演奏史上の功績はまことに大きい。
 残された彼の録音は音の古さにもかかわらず、その明晰さはよくわかる。

所有ディスク一覧

レーベル CD No. 作曲家 オケ、共演 録音年 録音
Westminster MCD 80096 ベートーヴェン 交響曲第5番「運命」 ロイヤル・フィル 1956 MONO
シューベルト 交響曲第8番「未完成」 ロイヤル・フィル 1956 MONO
MCD 80112 ショスタコーヴィチ 交響曲第5番 ロイヤル・フィル 1954 MONO
289 471 200-2 ブラームス ヴァイオリン協奏曲 ロイヤル・フィル、エリカ・モリーニ 1956 STEREO
チャイコフスキー ヴァイオリン協奏曲 ロイヤル・フィル、エリカ・モリーニ 1956 STEREO
MVCW 14010/1 チャイコフスキー 交響曲第4番 ロイヤル・フィル 1956 STEREO
チャイコフスキー 交響曲第5番 ロイヤル・フィル 1954 MONO
チャイコフスキー 交響曲第6番「悲愴」 ロイヤル・フィル 1954 MONO
MVCW 18011 ドヴォルザーク 交響曲第9番「新世界より」 ロイヤル・フィル 1954 MONO
グリーク 「ペール・ギュント」組曲第1・第2 ロイヤル・フィル 1955 MONO
MVCW 18003 フランク 交響曲ニ短調 ウィーン国立歌劇場管 1954 MONO
フランク 交響詩「呪われた狩人」 ウィーン国立歌劇場管 1954 MONO
EMI CZS5 68742 2 ファリャ 「恋の魔術師」〜火祭りの踊り ロイヤル・フィル 1957 STEREO
ファリャ 「三角帽子」組曲第1・第2 ロイヤル・フィル 1958 STEREO
グラナドス スペイン舞曲集〜アンダルーサ ロイヤル・フィル 1957 STEREO
アルベニス ナヴァーラ ロイヤル・フィル 1958 STEREO
アルベニス 「イベリア」〜セビーリャの聖体祭、トリアーナ ロイヤル・フィル 1958 STEREO
グリンカ 「ルスランとリュドミラ」序曲 ロイヤル・フィル 1958 STEREO
ムソルグスキー 「ホヴァンシチナ」前奏曲 ロイヤル・フィル 1958 STEREO,=5 75959 2
リムスキー・コルサコフ ロシアの復活祭序曲 ロイヤル・フィル 1958 STEREO,=5 75959 2
チャイコフスキー 幻想的序曲「ロメオとジュリエット」 ロイヤル・フィル 1958 STEREO
R・シュトラウス 「サロメ」〜7つのヴェールの踊り フィルハーモニア管 1958 STEREO,=5 75959 2
R・シュトラウス クープランのクラヴサン曲による舞踏組曲 フィルハーモニア管 1958 STEREO
R・シュトラウス 「死と変容」 フィルハーモニア管 1957 STEREO,=5 75959 2
EMI IMG 5 75959 2 リムスキー・コルサコフ ロシアの復活祭序曲 ロイヤル・フィル 1958 STEREO
ムソルグスキー 「ホヴァンシチナ」前奏曲 ロイヤル・フィル 1958 STEREO
ラフマニノフ 交響曲第2番 ニューヨーク・フィル 1945 MONO,SONY
ロッシーニ 「ウィリアム・テル」序曲 コロンビア交響楽団 1950 MONO,SONY
ヴァーグナー 「ヴァルキューレ」騎行、魔の炎 ロイヤル・フィル 1955 MONO,DG
ヴァーグナー 「神々の黄昏」〜夜明けとラインの旅、葬送行進曲 ロイヤル・フィル 1955 MONO,DG
ヴァーグナー 「トリスタン」前奏曲と愛の死 シカゴ交響楽団 1947 MONO,SONY
R・シュトラウス 「サロメ」〜7つのヴェールの踊り フィルハーモニア管 1958 STEREO
R・シュトラウス 「死と変容」 フィルハーモニア管 1957 STEREO

他にも、ドヴォルザークのスラヴ舞曲などの録音が出ている。