アンドリス・ネルソンス

(1978〜)


略歴

ラトビアのリガ生まれ。
音楽家の両親のもとに育ち、ピアノ、トランペット、歌唱を学ぶ。
ラトビア国立歌劇場管弦楽団の首席トランペット奏者に就任。
ネーメ・ヤルヴィ、マリス・ヤンソンスなどから指揮を学ぶ。

2003〜2007年、ラトビア国立歌劇場の首席指揮者に就任。
2006〜2009年、北西ドイツ・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者に就任。

2008〜15年、バーミンガム市交響楽団音楽監督。
同交響楽団と共に、2009年夏にBBCプロムス、2010年夏にルツェルン音楽祭へ出演。

2008年6月、ウィーン国立歌劇場にてチャイコフスキー「スペードの女王」を指揮。
その後、同歌劇場にてヴェルディ「トスカ」、プッチーニ「蝶々夫人」、ビゼー「カルメン」を指揮。
ロイヤル・オペラ・ハウスにて、プッチーニ「ラ・ボエーム」を指揮。
2009年8月にはカメラータ・ザルツブルクと共にザルツブルク音楽祭へ出演。
2009年10月、メトロポリタン歌劇場において、プッチーニ「トゥーランドット」を指揮(Blu-rayで発売)。

2010年夏、バイロイト音楽祭において、ワーグナーの「ローエングリン」を指揮。
10月、ベルリン・フィルの定期演奏会に客演。
11月、療養中の小澤征爾の代役として、ウィーン・フィルの演奏会、および日本公演の指揮者。

2011年3月にジェームズ・レヴァインの代役としてボストン交響楽団のカーネギー・ホールでの演奏会で客演。
その後2012年、2013年にも客演。
2014年からはレヴァインの後任として同楽団の音楽監督に就任、2022年まで務める予定。

2014年、亡くなったクラウディオ・アバドの後をうけてルツェルン祝祭管弦楽団の音楽監督を2016年まで務める。

その他、コンセルトヘボウ管、チューリッヒ・トーンハレ管、バイエルン放送響、ベルリン国立歌劇場管、フランス国立管、ピッツバーグ響、ケルンWDR響、オスロ・フィル、フィルハーモニア管、ウィーン響、シュターツカペレ・ドレスデン、ゲヴァントハウス管、ロンドン響、などへ客演。

2017年からライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の楽長に就任(リッカルド・シャイーの後任)。