ルドルフ・ケンペ

(1910〜1976)

略歴

1910 ドレスデン近郊ニーダーポイリッツに生まれる。ドレスデン音楽大学でオーボエを専攻。
1927年卒業後、ドルトムント市立歌劇場管弦楽団の首席オーボエ奏者。
1929-36年、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団首席オーボエ奏者。
(同じ頃、29-33年はブルーノ・ワルター楽長。コンサート・マスターはシャルル・ミュンシュだった)。
その間、1935年にライプツィヒ歌劇場で指揮者デビュー。1936年から指揮者に転向。

1945-48年、ケムニッツ歌劇場音楽監督。ついでヴァイマール歌劇場首席指揮者。
1949年、ドレスデン国立歌劇場音楽監督カイルベルトに説得され同歌劇場の指揮者となる。
1950-52年、カイルベルトが西ドイツに移ったため、後任の音楽監督となる。
1952-54年、ショルティの後任としてバイエルン国立歌劇場音楽監督となる。
1954年よりミュンヘンを離れ、ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場の指揮者となり、またロンドン・コヴェントガーデン歌劇場、ウィーン国立歌劇場、ベルリン・フィルなどに客演。

(西ヨーロッパ各地で活躍を始めたが、1956年に病気のため一時演奏活動を中断。
しかしそれまでに、ドレスデン国立歌劇場と「ばらの騎士」「マイスタージンガー」「魔弾の射手」、バイエルン国立歌劇場と「ローエングリン」を米ウラニア・レーベルに録音しているらしい。)

演奏活動を再開した1950年代後半から、ベルリン・フィル、ウィーン・フィルなどとエレクトローラ(EMI)に録音。
前者とのブラームス(TESTAMENT復刻)、後者との「ローエングリン」などが有名だが、この時期のものを私は持っていない。

1960年、バイロイト音楽祭にデビュー(63年まで4年間「指環」を担当)
1961-63年、ロイヤル・フィル首席指揮者。(ビーチャムの後任。のち1966-75年もこの地位にあった。)
1963-64年にかけて再び病気のため、活動も制限されてしまう。
1965-72年、チューリヒ・トーンハレ管弦楽団首席指揮者
1967年よりその死まで、ミュンヘン・フィル首席指揮者。
70年代より、活発なレコーディングを行う。以下のディスコグラフィ参照。

ディスコグラフィ

晩年の録音 外盤
ミュンヘン・フィル DISKY DB 707082
(6CD, rec. by EMI)
BEETHOVEN Sym.Nr.1, Nr.3, Nr.6 1972/6/23-26
Sym.Nr.4, Nr.8 1972/12/15-20, 1973/4/27-30
Sym.Nr.5, Nr.7 1971/12/20-23
Sym.Nr.2 1973/4/16-19
Sym.Nr.9 1973/5/31-6/4
SCRIBENDUM SC 003 BRUCKNER Sym.Nr.4 1976/1/18-20,Last Recoding?
Sym.Nr.5 1975/5/25-27
SCRIBENDUM SC 002
(3CD)
BRAHMS Sym.Nr.1 1975/5
Sym.Nr.2 1975/12/12,13,15
Sym.Nr.3,Haydn-var. 1975/11/13,15
Sym.Nr.4 1974/11/14,15,17
SCRIBENDUM SC 004 WAGNER Meistersinger Prelude 1972/11/29 LIVE
MOZART PC.Nr.27(F.Gulda)
DVORAK Sym.Nr.8
チューリヒ・トーンハレ
管弦楽団
SCRIBENDUM SC 001 BEETHOVEN Sym.Nr.5 1971/3/24-25
DVORAK Sym.Nr.9 1971/6/29-7/1
SOMM SOMMCD 016-2 BRUCKNER Sym.Nr8 1974/11/12-13
独CBS録音 3枚

全てミュンヘン・フィル、ピアノ:ネルソン・フレイレ

シュターツカペレ・ドレスデンとの録音

前者はいわずと知れた金字塔である。68年録音の「ナクソス島のアリアドネ」全曲というのもあるらしい。
後者はBerlinクラシックスから出ている。1970年ベートーヴェン・イヤーの音楽祭における記録である。本番の演奏が何で入っていないのかは不明。

バンベルク交響楽団との録音集(RCA 74321 32771 2, 2CD)

全て1963年6月4〜12日に録音されたものである。

EMI Referenceシリーズ ベルリン・フィルとの宗教曲録音

いずれもモノラル録音で、聖ヘトヴィヒ大聖堂聖歌隊が合唱をつとめている。
ドツレクはフィッシャー・ディースカウがソロをつとめている。

EMI artist profile CZS5 68736 2 1960年前後のステレオ録音

この2枚組に収録されている曲は、「ティル」「ドン・キホーテ」以外全て下のTESTAMENT盤12枚組に収録された。

スメタナ 「売られた花嫁」組曲 ロイヤル・フィル 1961/2,4
フンパーディング 「ヘンゼルとグレーテル」組曲(Kempe編) 1961/1
レハール 「金と銀」ワルツ ウィーン・フィル 1958/2
ヨゼフ・シュトラウス 「天体の音楽」
ヴェーバー 「オベロン」序曲 1958/12
ハイドン 交響曲第104番「ロンドン」 フィルハーモニア 1956/6
R・シュトラウス 「ティル」「ドンキホーテ」 ベルリン・フィル 1958/6
EMI(IMG Artists) GREAT CONDUCTORS OF THE 20TH CENTURY (2CD)
ブラームス悲劇的序曲ベルリン・フィル1960.1.19-23グリューネヴァルト教会EMI
ブルックナーロマンティシェミュンヘン・フィル1972.11.25,Lヘルクレスザールバイエルン放送
ベートーヴェン英雄ロイヤル・フィル1974.5.22,Lスメタナ・ホールチェコ放送
ヴォルフイタリアン・セレナーデミュンヘン・フィル1971.6.17, Lヘルクレスザールバイエルン放送
ラヴェルダフニスとクロエ第2組曲ミュンヘン・フィル1974.12.10, Lヘルクレスザールバイエルン放送
J.シュトラウス浮気心(Polka)ウィーン・フィル1960.12.21-22ムジークフェラインEMI

上記のうちEMIの2曲は下のTESTAMENT盤BOXには収録されていない。

TESTAMENT SBT12 1281(12CD) "Rudolf Kempe - A Testament"

2002年発売のケンペ壮年期=ステレオ初期録音集。リマスターはARTも手がけているPaul Bailyが担当している。

CD.1 シューマン 交響曲第1番「春」 ベルリン・フィル 1955(M)
ドヴォルザーク 交響曲第9番「新世界」 1957
CD.2 ベートーヴェン 交響曲第3番「英雄」 ベルリン・フィル 1959
シューマン マンフレッド序曲 1956(M)
CD.3 ベートーヴェン 序曲集「フィデリオ」「レオノーレ第3」
「コリオラン」「プロメテウス」「エグモント」
ベルリン・フィル 1957
バッハ 管弦楽組曲第3番 1956(M)
CD.4 ベルリオーズ 幻想交響曲 ベルリン・フィル 1959
「ローマの謝肉祭」序曲 ウィーン・フィル 1958
CD.5 モーツァルト 序曲集「フィガロ」「コジ」「魔笛」「イドメネオ」
Eine Kleine Nachtmusik
フィルハーモニア管 1955
ハイドン 交響曲第104番「ロンドン」 1956
CD.6 ヴァグナー 「ローエングリン」第1幕・第3幕前奏曲
「パルジファル」前奏曲・聖金曜日
「トリスタン」前奏曲・愛の死
ウィーン・フィル 1958
CD.7 J.シュトラウス一家 ラデツキー行進曲、こうもり序曲、皇帝円舞曲ほか ウィーン・フィル 1958,60
レハール ワルツ「金と銀」
ホイベルガー 「Der Opernball」序曲
CD.8 メンデルスゾーン フィンガルの洞窟 ウィーン・フィル 1958
ヴェーバー 「オベロン」序曲
ニコライ 「ウィンザーの陽気な女房たち」序曲
スメタナ 「売られた花嫁」序曲
ズッペ 「ウィーンの朝昼晩」序曲
シューベルト 「ロザムンデ」から3曲 1961
CD.9 ヘンデル 王宮の花火の音楽 バンベルク響 1962
グルック バレエ組曲(モットル編) ウィーン・フィル 1961
コダーイ 「ハリ・ヤノシュ」組曲
CD.10 ブラームス 交響曲第4番 ロイヤル・フィル 1960
メンデルスゾーン 真夏の夜の夢 1961
CD.11 スメタナ 「売られた花嫁」組曲 ロイヤル・フィル 1961
ドヴォルザーク スケルツォ・カプリチオーソ
フンパーディング 「ヘンゼルとグレーテル」組曲
CD.12 リムスキー・コルサコフ シェヘラザード ロイヤル・フィル 1967
ヴァインベルガー 「バグパイプ吹きシュヴァンダ」ポルカとフーガ 1961
ドヴォルザーク スケルツォ・カプリチオーソ ベルリン・フィル 1957

他にTESTAMENT盤は次のものを持っている。

他にもベルリン・フィルとの「ブラームス交響曲全集」、チャイコフスキー第5・第6、ヴァグナー管弦楽曲集など何枚かあるが所持していない。