R・シュトラウスの管弦楽曲集

 − 主な指揮者ごと − 


ルドルフ・ケンペ指揮シュターツカペレ・ドレスデン

EMI。1970〜76年、ルカ教会での録音。交響曲・管弦楽曲・協奏曲全集。
初め国内盤では10枚組BOX、輸入盤では3枚組×3セットで出ていた。
その後1999年に紙BOX9枚組CZS5 73614 2が発売されたのを入手。
収録曲は次の25曲であるが、ここではそのうち下のSACDセットに収録されていない8曲を記載する。
ホルン協奏曲Nr.1・同Nr.2(ペーター・ダム)、オーボエ協奏曲(マンフレート・クレメント)
クラリネットとファゴットの二重協奏曲(マンフレート・ヴァイゼ、ヴォルフガング・リープシャー)
ヴァイオリン協奏曲(ウルフ・ヘルシャー)、ブルレスケ、家庭交響曲への付属小品、交響的練習曲「アテネの大祭」

この演奏の特徴としては何と言っても「管楽器がすばらしい」という点がある。
特に木管楽器がよく聞こえる。ケンペもそのことにかなり注意を払って指揮しているようである。
もちろんペーター・ダム(Hr)を擁する金管も、金属を感じさせない強いが柔らかい音色が良い。

2012年暮れに、第1巻4枚組、第2・第3巻は各3枚組でシングルレイヤーのSACD国内盤が出た。
以下の17曲が収録されている。CD毎に記載する。このシングルレイヤーSACDのシリーズはオリジナル・カップリングにこだわっているので全10枚だが収録曲は少ない。だがこれが当初のケンペによる「管弦楽曲集」だった。
また、今回はアビー・ロードに残されていたテープではない、「真のオリジナル・テープ」からの初のリマスタリングだという。それは当然、EMIとの共同製作にあたっていたドイツ・シャルプラッテンが持っていたものと思われる。アビー・ロードの技師たちはまず従来のテープでのSACDリマスターを終えていたのだが、真のマスターテープがあるのではないか、とコンピュータ検索をかけたところ、それがロンドンのEMIアーカイヴから見つかったという。

ケンペは、別にベルリン・フィルと「ドン・キホーテ」「ティル」を1958年に録音している。
(輸入盤profileシリーズ2枚組CZS5 68736 2 に収録されている。)


リヒャルト・シュトラウス指揮

DG POCG 2915/17 (DOKUMENTEシリーズ3枚組 =429 925-2)

戦前のポリドール(DG)へのSP録音を集大成したものである。収録曲、オーケストラ、録音年は以下の通り。

オケ録音年
バイエルン国立管弦楽団英雄の生涯1941
日本建国2600年祝典曲1941
「ばらの騎士」第3幕ワルツ集1941
シュターツカペレ・ベルリンドン・ファン1929
ティル1929
交響的挿入曲−歌劇「インテルメッツォ」第1幕第5場から1927
死と変容1926
ドン・キホーテ1933
組曲「町人貴族」1930
「ばらの騎士」第2幕ワルツ集1927
ベルリン・フィル7つのヴェールの踊り−楽劇「サロメ」から1928

 「日本建国2600年祝典曲」は、日本が皇紀2600年記念の曲を、まずブリテンに委嘱したら「鎮魂交響曲」を書いてきたため、それを断り、改めてシュトラウスに委嘱した結果作られた因縁の曲である。その録音はおそらくこれしかないのではないか。

DG 435 333-2 (VPO創立150周年記念CD)---ウィーン・フィル

どちらも戦時中の録音である。(マグネットフォン録音と思われる。)
「ティル」----1944年6月15日、シュトラウス生誕80年記念コンサート、ライヴ録音。
「家庭交響曲」----1944年2月17日、ライヴ録音。(ドイツ・シャルプラッテン盤と同一録音?)

※ドイツ・シャルプラッテンからは生誕80年記念コンサートの録音がまとめて出ている(私は所持していない)。
曲目は、ドン・ファン、死と変容、ティル、ツァラトゥストラ、英雄の生涯、町人貴族(以上1944年6月ライヴ)。
また、家庭交響曲は、DGと録音データが1年違いの「1943年2月17日」のものが出ている(同一録音のデータミスか?)。

※EMIに1941年SP録音の「アルプス交響曲」があるらしいがCD化されていないようだ。


クレメンス・クラウス指揮ウィーン・フィル DECCA録音

クラウスVPOは、DECCAに8曲の録音を残している。下表参照。
これらはDECCAから初め外盤でCD化され、後に国内盤も発売されたが、いずれも入手しずらくなってしまっている。
しかし2000年夏にTESTAMENTからCD4枚まとめて発売された。(未発売だった「家庭交響曲」も初CD化。)
当時のDECCAのウィーン・フィルの録音場所はまだムジークフェラインであった。DECCA盤CDでは音の分離がややあいまいな感じもするのだが、TESTAMENT盤CDは細かい音まで鮮明である。

曲目録音年月DECCA盤TESTAMENT盤
ドン・ファン1950.6425 993-2SBT 1185
ティル1950.6.16POCL 4310
ドン・キホーテ1953.6.30425 974-2
ツァラトゥストラ1950.6.13-14425 974-2SBT 1183
英雄の生涯1952.9425 993-2
家庭交響曲1951.5-SBT 1184
町人貴族1952.9-
イタリアより1953.12POCL 4310SBT 1186
「サロメ」
踊り、終幕
1954(全曲録音)POCL 4310
踊りのみ

※ これら戦後のDECCA録音の他に、戦時中のTELEFUNKEN録音がある。そのうち1941年録音の「ティル」(VPO)がCD化されている。(3984-28409-2、メンゲルベルク指揮「英雄の生涯」「ドン・ファン」とのカップリング)


カール・ベーム指揮 DG録音

ベームのDGへの録音は、いろいろな形でリリースされていてわかりにくいが、下表の通り8曲11種類にすぎない。

曲目オーケストラ録音年CD
アルプス交響曲DSK1957,M423 488-2 (3枚組)
447 454-2 (OIBP, ORIGINALS)
ドン・ファンDSK1957,M423 488-2 (3枚組)
BPO1963POCG 9815 (OIBP, 国内盤)
459 025-2 (OIBP, CENTENARY COLLECTION)
死と変容DSK1972,L423 488-2 (3枚組)
ティルDSK1957,M447 454-2 (OIBP, ORIGINALS)
BPO1963423 488-2 (3枚組)
459 025-2 (OIBP, CENTENARY COLLECTION)
ツァラトゥストラBPO1958423 488-2 (3枚組)
英雄の生涯DSK1957,M423 488-2 (3枚組)
VPO1976POCG 9815 (OIBP, 国内盤)
7つのヴェールの踊りBPO1963423 488-2 (3枚組)
459 025-2 (OIBP, CENTENARY COLLECTION)
祝典前奏曲BPO1963423 488-2 (3枚組)

1957年のシュターツカペレ・ドレスデンとの録音はいずれもルカ教会で、モノラル録音である。
また同オケとの「死と変容」は、1972年ザルツブルク音楽祭のORFによるライヴ録音である。
(BPOとはいずれもイエス・キリスト教会での録音。)

なぜ3枚組セット(423 488-2)は、「ティル」のDSK,1957年モノラル録音のほうを収録しなかったのだろう?
この3枚組は次のようになっている。

1枚ごとにオーケストラを揃えたかったのだろうか?

記録によれば、他にベームは「ドン・ファン」「ティル」「死と変容」「7つのヴェールの踊り」を1種類ずつ録音しているらしい。


ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮

カラヤンの録音は、映像を除くと6つの系統に分けられる。表中の青字になっているものが私の所有しているものである。

曲目 ポリドール,SP EMI,モノラル DECCA DG,アナログ
(全てOIBP)
EMI,アナログ
(全てART)
DG,デジタル
(全てOIBP)
映像
ドン・ファン ACO (43) PO (51) VPO (60) BPO (73)  −  BPO (83)  − 
死と変容  −  PO (53) VPO (60) BPO (72)  −  BPO (82) BPO (84)
ティル  −  PO (51) VPO (60) BPO (73)  −  BPO (86)  − 
ツァラトゥストラ  −   −  VPO (60) BPO (72)  −  BPO (83) BPO (87)
ドン・キホーテ  −   −   −  BPO (65) BPO (75) BPO (86) BPO (75)
ユニテル→DG
英雄の生涯  −   −   −  BPO (59) BPO (74) BPO (85) BPO (85)
メタモルフォーゼン  −  VPO (47,ART)  −  BPO (69)  −  BPO (80) BPO (84)
7つのヴェールの踊り  −  −  VPO (60) BPO (73)  −   −   − 
家庭交響曲  −   −   −   −  BPO (73)  −   − 
アルプス交響曲  −   −   −   −   −  BPO (80) BPO (83)

 DGのステレオ録音は、60〜70年代のアナログ録音、80年代のデジタル録音とも全てOIBP化されている。
 EMIの録音も、フィルハーモニアとの録音以外は全てART処理されている。
 DECCAの60年録音は「448 042-2」という9枚組のカラヤンのDECCA録音集で入手。これらのうち「ツァラトゥストラ」「ティル」「7つのヴェールの踊り」は、限定盤でORIGINAL REMASTEREDされたものが出ていた。

 75年の「ドン・キホーテ」は、録音はEMIだったが、映像はユニテルがとっておりそれがDGレーベルでLD化されている。
 80年代のDGのデジタル録音の多くは、カラヤンが設立したテレモンディアル社によって映像収録されたのだが、最終的にソニークラシカルからLD化されたものは、DG録音とは別の時期のものであるものも多い。上のうち同時収録は「英雄の生涯」だけである。


フリッツ・ライナー指揮

RCA----シカゴ交響楽団

ライナーCSOは、LIVING STEREOシリーズCD5枚半の録音を残している。「ツァラトゥストラ」と「ドン・ファン」のみ2種類録音がある。
1954年3月6日(「英雄の生涯」「7つのヴェールの踊り」)の録音は、RCAによるステレオ録音の最初のものである。

  • 09026-61494-2 ----「英雄の生涯」(1954.3.6)、「ツァラトゥストラ」(1954.3.8)
  • 09026-68170-2 ----「ドン・ファン」(1954.12.6)、「ドン・キホーテ」(1959.4.11)
  • 09026-68637-2 ----「家庭交響曲」(1956.11.5)、「町人貴族」(1956.4.17-18)
  • 09026-68638-2 ----「ツァラトゥストラ」(1962.4.30-5.1)、「ブルレスケ」、「ばらの騎士〜ワルツ」(1957.4.15)
  • 09026-68636-2 ----「エレクトラ」抜粋(1956.4.14,16)、「7つのヴェールの踊り」(1954.3.6)、「サロメ終幕」(1955.12.10)
  • BVCC 37144 ------- 「ドン・ファン」(1960.2.6)、カップリングはヴァーグナー録音集
DECCA----ウィーン・フィル

POCL 4317。1956年9月4〜8日録音。「ティル」「死と変容」(ともにRCAには録音されなかった。)
2曲ともDECCA LEGENDSシリーズで24bit-96kHzリマスターされた。(ハンガリー舞曲集、スラヴ舞曲集とカップリング。)


ジョージ・セル指揮クリーヴランド管弦楽団

以下の5曲以外の、セル指揮のシュトラウス録音としては、(「ティル」にもう1つモノラル録音がある)他にホルン協奏曲第1番(ブルーム)、そしてなんと言ってもシュヴァルツコップとの「4つの最後の歌」他歌曲集がある。

ソニー 国内盤SRCR 9869

「ドン・ファン」(1957.3.29-30)、「ティル」(1957.3.29)、「ドン・キホーテ」(1960.10.28-29)

ソニー 外盤SBK 53511

「死と変容」(1957.3.29-30)、「家庭交響曲」(1964.1.10)
さらにオーマンディ指揮フィラデルフィアの「7つのヴェールの踊り」も収録されている。


ヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮

彼は、正規録音では下の2種類のみしか残していない。

ただし、ライヴ録音では「ティル」「ドン・ファン」がかなり残されている。(「家庭交響曲」「メタモルフォーゼン」も各1種。)詳しくは各曲のページを参照のこと。


アルトゥーロ・トスカニーニ指揮

RCAから戦後の正規録音は次の4曲が出ている。
「ティル」(1952.11.4)、「死と変容」(1952.3.10)、「ドン・ファン」(1951)、「ドン・キホーテ」(1953.11.22)
私はこのうち前2つをUV22 Super CD Encording方式でリマスターされた輸入盤で所有。

他に、次の2種を所有。

後者はセヴンシーズ・レーベル国内盤である。(外盤ではM&Aからでている。)


ゲオルク・ショルティ指揮

DECCA。国内盤2枚組(輸入盤も同じものが出ている)。全て70年代録音。

ショルティは戦争直後にバイエルン国立歌劇場監督をつとめていた時、作曲家と交流があった。作曲家の葬儀で指揮もしている。


セルジュ・チェリビダッケ指揮

次の3系統を所有。

なぜかミュンヘン・フィルとのものがない。