カール・ベーム

(1894〜1981)

略歴

1894年8月28日、オーストリアのグラーツ生まれ。( Böhm という姓は、父方の家系がボヘミア Bömen出身であることを示している。母方の家系はアルザス地方出身。)
父親がグラーツ市立歌劇場の代理人・法律顧問をつとめており、芸術家の道が厳しいことをよく知っていたため、グラーツ大学で法律も学びながらウィーンで音 楽も学ぶ。

1917年、グラーツ歌劇場デビュー
1921年、バイエルン国立歌劇場指揮者
ワルター監督とムックの招き。その後クナッパーツブッシュ監 督の下で働く。)
1927-31年、ダルムシュタット音楽監督
1931-34年、ハンブルク国立歌劇場音楽監督
1934-42年、ドレスデン国立歌劇場音楽監督
1943-45、1954-56年、ウィーン国立歌劇場音楽監督
以後はフリーの立場で、バイロイト音楽祭、ザルツブルク音楽祭や、ウィーン国立歌劇場、ベルリン・ドイツ・オペラ、バイエルン国立歌劇場、メトロポリタン 歌劇場などにおける重要な公演や、ベルリン・フィル、ウィーン・フィル、ロンドン響などヨーロッパの主要オーケストラに客演した。 ウィーン・フィル名誉指揮者(1967)、ウィーン国立歌劇場名誉指揮者、ベルリン・ドイツ・オペラ名誉会員、ロンドン交響楽団名誉会長、そしてオースト リア国家音楽総監督といった多くの称号を受けている。
1981年8月14日、ザルツブルクで死去。

芸風・名盤

 彼は1975年の伝説的来日公演(NHKホール)以後、日本で圧倒的に支持された巨匠である。
 もちろんその晩年の遅いテンポの芸風もそれなりに味わいはあるが、むしろ彼の全盛期は、もう少し前の1950〜60年代にあった。当時の彼の指揮は晩年 とは違って締まりのあるキビキビとしたものであった。DGに残されたベルリン・フィルとのブラームスの第1番ベートーヴェンの第7番「英雄」などは、その代表的なものである。もちろ んそのころからコツコツと録音してきたモーツァルトの交響曲全集は 不滅の業績である。
 ところが1970年から録音されたベートーヴェンの全集となると、やや出来が落ちる。70年代の名盤としては、モーツァルトのレクイエム、および「ジュピター」があげられる。(来日公演ライヴのブラームスの第1 番も良いが)

 彼の本領は、様々な要素が絡み合うオペラの指揮者にあった。バイロイトにおける「指環」「トリスタン」、ウィーン国立歌劇場再建記念のライヴも残ってい る「フィデリオ」(数種の録音あり)、スタジオ録音 では「フィガロ」「魔笛」といったところが名盤として有名である。彼はリヒャルト・ シュトラウスの直弟子であり、録音もあるが私がもっているのはあまり出来の良くない「ばらの騎士」だけである。