モーツァルト 歌劇「フィガロの結婚」

映像モノラル録音ステレオ録音オリジナル楽器派の録音


 オペラを録音だけで鑑賞するのは大変だ。舞台がどういう状況なのか大変わかりにくいからである。中でもこの「フィガロ」は、結構芸が細かいし(手紙だとか令状だとか)、また展開も速い(特に第4幕フィナーレの闇の中)ので、どうしても映像が必要だ。

 さて、その場面展開だが、第3幕において場の順序が台本通りだと話の筋が不自然になる、ということで、順序を変更することがある。
 ガーディナー盤LD(POLG-1164/5)のガーディナー自身による解説をもとに、第3幕の場順の変更について下に記す。

 まず、台本通りの第3幕(全14場)の第10場までの配列を挙げておく。

 これを、1965年に発表されたロバート・モウバリーとクリストファー・レイバーンによる「モーツァルトのフィガロ第3幕のプラン」では次のように配列しなおすのである。

 第5場でスザンナが、フィガロをマルチェリーナとの結婚から守るために金を手に入れて訴訟の場にやってきて6重唱に加わるのだが、従来の順だとその金はどこから持ってきたのかわからない、という大問題があった。また、スザンナが第2場で夫人と分かれた後、第10場まで夫人のもとに行っていない、というのも間があきすぎていた。
 しかし、この変更をほどこすことによって、夫人が「スザンナはまだ」「あの美しい時はどこへ」と歌った後まもなく、スザンナが夫人に会いにきて金をもらって訴訟の場に登場する、という展開を想像できるのである。

 このモウバリー/レイバーン説は、1990年代にアバド盤、ガーディナー盤、クイケン盤、アーノンクール盤、ハイティンク盤らが採用していたが、2000年代になるとアーノンクールも台本順に戻すなど、急に廃れてしまった感じもある。


※配役は順に、伯爵、伯爵夫人、フィガロ、スザンナ、ケルビーノ


映像

フィリップ・ジョルダン指揮パリ・オペラ座管弦楽団&合唱団
リュドヴィク・テジエ、バルバラ・フリットリ、ルカ・ピサローニ、エカテリーナ・シューリナ、カリーヌ・デエイェ

BelAir。Blu-ray輸入盤。2010年10〜11月、パリ、バスティーユ歌劇場ライヴ収録。
演出・照明:ジョルジョ・ストレーレル。再演監督:アンベール・カメルロ。
舞台装置:エツィオ・フリジェリオ。衣装:エツィオ・フリジェリオ、フランカ・スクワルチャピーノ。
このジョルジョ・ストレーレル(1921-97)演出は、1973年にパリ・オペラ座のために制作され、他の場所でも上演されていくつか映像も残っているらしい。このBlu-rayは、2010年に場所をバスティーユ劇場に移して上演された際の最新映像である。
ストレーレル演出、フリジェリオの舞台、スクワルチャピーノの衣装というコンビでは、1987年スカラ座ライヴのLDで「ドン・ジョヴァンニ」が出ている。これも青春ドラマのような若々しい舞台だったが、この「フィガロ」もキャスト全員が実にはまり役。 その中でもフリットリの伯爵夫人が最高である。テジエの伯爵も格好いいし声もF=Dieskauを思わせる気品がある。フィガロ・スザンナ・ケルビーノも良いが、マルチェッリーナにアン・マレイ、バルトロにはロバート・ロイドというベテランが脇をしっかり固めている。
フィリップ・ジョルダンは、ベルリン・フィルハーモニーホールで第9を生で聞いた時に思ったのだが、声楽を指揮すると本当に素晴らしい。
伝統的演出・舞台でこのオペラを楽しむならば、このディスクが最高である。

ジョン・エリオット・ガーディナー指揮イングリッシュ・バロック・ソロイスツ
ロドニー・ジルフリー、ヒレヴィ・マルティンペルト、ブリン・ターフェル、アリソン・ハグリー、パメラ・ヘレン・スティーヴン

ARCHIV。LD。1993年6月、パリ、シャトレ座。演出ジャン・ルイ・タマン。
 これほど、1つ1つの役柄がはっきりと作られたプロダクションはめったにない。
 第3幕は、上記のモウバリー/レイバーン説で構成している。
 また、第4幕では「現存する資料では理想的な第4幕を構成できない」としつつも、第27曲のフィガロのレチタティーヴォ「用意はできた〜ああスザンナ、何て俺を苦しめるんだ」とアリア「少しは目を開けろ」を、第28曲のスザンヌのアリア「さあ、素敵な喜びよ、早く来て」を挟むように配置する、という新基軸を打ち出している。
 つまり、フィガロ「用意はできた」〜スザンナ「早く来て」〜フィガロ「ああスザンナ、何で俺を苦しめるんだ〜目を開けろ」となるわけで、これは全く筋の通った解決法である。これは、ガーディナーの練習指揮者の1人ニコラス・マクニールの提案によるものだという。

クラウディオ・アバド指揮ウィーン国立歌劇場
ルッジェーロ・ライモンディ、シェリル・ステューダー、ルチオ・ガッロ、マリー・マクローリン、ガブリエーレ・シーマ

ソニー。LD。1991年ウィーン芸術週間。アン・デア・ヴィーン劇場ライヴ。
同劇場は「フィデリオ」が初演された時の小さいまま残っている。
それが演奏・演出にプラスに働いているのは明らかである。演出ジョナサン・ミラー。
モーツァルト没後200年のプロジェクトの頂点としてふさわしいものである。
これも、モウバリー/レイバーン説で第3幕を構成した盤である。なお、ほぼ同じ頃に録音されたCDがDGから出ている。

ベルナルト・ハイティンク指揮ロンドン・フィル
アンドレアス・シュミット、ルネ・フレミング、ジェラルド・フィンリー、アリソン・ハグリー、マリー=アンジェ・トドロヴィチ

NVC ARTS。DVD。1994年5月、グラインドボーン音楽祭ライヴ。
演出:スティーヴン・メドキャフ。これもモウバリー/レイバーン説で第3幕を構成している。
新しい歌劇場のこけらおとし公演である。1934年にこの音楽祭が創設された時も最初の演目は「フィガロ」だった。(フリッツ・ブッシュ指揮)
 私は、このこけら落とし初日94年5月28日の公演をライヴ中継でBS放送を見たおぼえがある。その時は開演に先立ち主催者挨拶などがあったが、このDVDにはそうした記念行事や音楽祭の紹介の映像は入っていない。(冒頭に会場の外観が少し映るだけ。)
 演奏自体はオーソドックスで、ハイティンクにしてはかなりエキサイティングな部分もある、といった程度である。声は女声よりも男声のバリトンのほうがホールトーンとあいまって聴いていて心地よい。舞台も含めた総合芸術として鑑賞するにあたって、特筆すべきはアリソン・ハグリーのスザンナである。ハグリーは上のガーディナー盤でもこの役を演じているが、彼女の(美貌だけでなく)芸達者ぶりがこの公演全体を楽しいものにしていることか!

ニコラウス・アーノンクール指揮チューリヒ歌劇場
ロドニー・ジルフリー、エヴァ・メイ、カルロス・ショーソン、イザベル・メイ、リリアーナ・ニキテアス

TDK。DVD。1996年2月13-15日、チューリヒ歌劇場でのライヴ。
演出:ユルゲン・フリム。ちょっと舞台が暗く、大道具の配置なども乱雑さをねらっていて美しくない。しかし現代風にしてしまっているわけではないので、許容範囲内か。
アーノンクールの演奏はCD同様テンポは遅いが、舞台が見えるためなぜそのテンポにしたかがわかり、違和感はない。最初のシーンのレチタティーヴォも楽譜通りにたんたんと進むのではなく、2人が会話に間をとったりして演劇的にやっている。「もう飛ぶまいぞ」のアリアの最後でも同様の効果が現れている。
CDと違って、第3幕はモウバリー/レイバーン説に従っている。(城所孝吉氏の解説には、その順序変更を「初演ではバルトロとアントニオが同一の歌手で歌われていたため、その着替えの時間をかせぐために、今日も演奏によっては、第3幕の伯爵夫人のレチタティーヴォとアリアを裁判の前に持ってきているものがあり、当盤もそれを採用している」などと書かれている。これはちょっと見当違いではないか?)

ニコラウス・アーノンクール指揮ウィーン・フィル、ボー・スコウフス、ドロテア・レシュマン
イルデブラント・ダルカンジェロ、アンナ・ネトレプコ、クリスティーネ・シェーファー

DG。DVD。2006年7月22-26日、ザルツブルク音楽祭でのライヴ収録。
演出:クラウス・グート。映像監督:ブライアン・ラージ。
なお、会場は「Haus für Mozart(モーツァルト・ハウス)」と表記されている。聞き慣れない所だと思い、ネットで調べてみると旧祝祭小劇場を改築しモーツァルトイヤーの2006年7月23日にオープンしたものとわかった。ということは、この「フィガロ」はまさしくそのこけら落とし公演ということになる。(22日も収録日になっているので、ゲネプロも含む編集映像ということになる。)
 まずこの公演については、その演出がHMVのサイトでも賛否両論のようだ。
 私は、ケルビーノの分身としての天使ケルビムを舞台廻しとして登場させる案は案外成功しているのではないかと思う。スザンナが伯爵ともともと関係していたと思わせる演出も、原作の時代背景的にはむしろ自然なこととと考える。しかし当演出の舞台・衣装が18世紀ではなく19世紀末ブルジョワ的なもので、かつ全編が屋敷室内で進行していくので、どうしても天使ケルビムの収まりが悪く感じてしまう人もいるだろう。だが私は、むしろそれだからこそケルビムが必要だったと考える。ケルビムの霊力によって、スザンナだけでなく伯爵夫人やバルバリーナなどがすぐエロモードになってしまう、という設定なのだと考えてしまえばよいのではなかろうか。
 ただ、どうもスッキリしないのは、スザンナが物語の前半では本当に伯爵になびいてしまっていてフィガロとの結婚にためらいを感じているような設定も、その原因をケルビムのせいにして考えて良いのかどうかということである。だが、最後の許しの場面のあとの重唱を歌っている際、3組の夫婦すべてがケルビムを拒絶するあたり、やはりすべてはケルビムのせいだったのだ、と考えるべきなのだろう。(ケルビムが皆に拒絶されると同時に、バルバリーナの隣に立っていたケルビーノが失神して倒れてしまう。)
 演奏順は、モウバリー/レイバーン説には従わず台本通りの順で演奏される。音楽ナンバーのカットはないが、セリフだけで進むところは少しカットがある。
 スザンヌ役のネトレプコは、演出如何にかかわらずかなりエロいスザンヌである。最初のあたりでは、伯爵がスザンヌを誘惑しているのではなく、その逆で、伯爵がスザンヌの魅力に完全におぼれてしまっている設定なのではないか、と疑ったほどである(むしろその線でずっと進行してほしかった!?)。そのスザンナにもましてはまり役なのがシェーファーのケルビーノ。小柄なので本当にボーイソプラノなのではないかと思ってしまった。この2人と比べると伯爵夫人は容姿的には一段落ちる。スコウフスの伯爵は長身でフィッシャー・ディースカウの再来のような印象である。ダルカンジェロも言うこと無し。
 最後に演奏について。アーノンクールの指揮は終始遅め。中でも舞台上がエロモードに浸ってしまう所ではほとんど恍惚状態というべき静謐感が素晴らしい。それを演奏するウィーン・フィルの音色も絶品である。演出についていけない人も、音だけでいいからこの演奏を聴いて頂きたい。

 なお、この前年2005年の音楽祭での「椿姫」は、主役のネトレプコの一人舞台と言ってよいものになっている。当然ながら、スザンナ役以上のエロさ爆発である。

シルヴァン・カンブルラン指揮パリ・オペラ座、ペーター・マッティ、クリスティアーネ・エルツェ
ロレンツォ・レガッツォ、ハイディ・グラント・マーフィー、クリスティーネ・シェーファー

DENON。OPUS ALTE原盤DVD国内盤。
2006年、パリ・オペラ座(ガルニエ宮)でのライヴ収録。
パリ国立オペラは、フランス革命200周年の1989年にバスティーユ新オペラ座が開場してからも、旧オペラ座(通称ガルニエ宮)で小規模オペラとバレエを公演している。
 2004年に、前ザルツブルク音楽祭総監督(1991-2001)としていろいろ物議を醸していたベルギー人のジェラール・モルティエが総裁に就任した。彼はザルツブルクの前にはブリュッセルのベルギー王立モネ劇場の総監督だった(1981-91)。その時に彼の下で音楽監督をつとめていたのが指揮者カンブルランである。カンブルランはモネ劇場を退任後はフランクフルト歌劇場音楽監督(1993-97)、南西ドイツ放送交響楽団首席指揮者(1999-2011)を歴任している。
 演出はクリストフ・マールターラーによる。この演出はモルティエがザルツブルク音楽祭最後の年2001年に上演したもので、その時の出演者をほぼそのまま引っ張ってきて2006年の3月11日にガルニエ宮でプレミエを行い、その後3月14,18,20,24,27,30日、4月2,4日と合計9回公演が行われた。
 舞台はその正面奥が市役所の窓口、その両脇奥にドアがあり、舞台両袖には大きな衣装陳列ケースがある。結婚の届け出窓口の両側に、結婚衣装の貸し出し棚といった感じである。この舞台は最初から最後まで変わらない。演技はすべてこれらを用いて行われる。よって、第2幕の伯爵夫人の部屋の様子は物語通りには再現できない。その他の場面もどこかしら無理がある。しかし、行われる演技は全て台本の精神を具現化しているので無理矢理納得させられてしまう。無理矢理納得させられる、というのは小道具でも言える。ケルビーノがスザンナがまき上げようとする「伯爵夫人のリボン」はなんとパンストである。しかもここでの2人の台詞のやりとりは、演出上の工夫により、3回もやり直すハメになり、そのたびに2人が舞台の真ん中でパンストを引っ張り合うのである。観客は、「なるほど台本ではリボンだが、現代なら「萌える」のはパンストだよなぁ。」と納得させられてしまうわけだ。
 この舞台はまた、レチタティヴィストという役が舞台上で様々な楽器(らしきものも含めて..口三味線までも)を鳴らしてレチタティーヴを伴奏する。第4幕では、冒頭でグラスハープ(水を入れたグラスを台の上に並べて、指で縁をこすって音を出す)でモーツァルトの歌曲「別離の上K.519」を鳴らす。また大詰めのフィガロのアリアの直前では同じくモーツァルトの歌曲「老婆K.517」を慣らしつつ替え歌まで歌う。この人の芸達者ぶりは一見に値する。場面場面で出す音を替えることで舞台上の雰囲気を作り出している。
 ただ、このオペラの全体を動かしているのは、夫に裏切られた伯爵夫人の感情である。これは全く台本通りの解釈と言うべきなのだが、それがこの舞台ほどきちんとわかるように表現されているのは見たことがない。(上のザルツブルク盤ではネトレプコのスザンヌがエロかったが、こちらはエルツェの伯爵夫人が熟女美人のエロさを発揮している。)舞台上の雰囲気はある意味ハチャメチャなのだが、演出は正しく台本を表現している。
 最後、伯爵夫人が「許します」と歌うときに、少し時間をとって舞台左の演台の所に移動する。この演台はそれまでも何度も各役がその意志を表明するのに用いていた。そのあと伯爵は舞台中央に電動リラクゼーションチェア(これもずっと活用されてきた)を移動し夫人にこれを勧める。その奥で夫人の黒いドレスを着ていたスザンナが舞台上でウェディングドレスに生着替え(その様子があまり映らないのが残念!)。夫人は花嫁スザンヌに変装しているのでこの幕最初からウェディングドレス。マルチェリーナもバルバリーナもウェディングドレスなので、最後は女性全員ウェディングドレスである。男性陣もそ披露宴の晩なのでこそこ正装しているから、幕切れは集合記念写真撮影。カメラマンはオーケストラ・ピットにいる指揮者カンブルランである。


モノラル録音

ブルーノ・ワルター指揮ウィーン・フィル
マリアーノ・スタビーレ、アウリッキ・ラウタヴァーラ、エツィオ・ピンツァ、エステル・レーティ、ジャルミーラ・ノヴォトナ

ANDANTE。1937年8月、ザルツブルク音楽祭ライヴ
以前からEKLIPSEレーベルで持っていたが、2002年に出たANDANTE盤はセレノフォン録音の正規音源からのリリースである。
ノイズはかなりあるが音楽もしっかりした音で入っている。演奏内容の素晴らしさは言うまでもない。37年といえばナチによるオーストリア併合の前年である。この年の音楽祭で、ワルターは「ドン・ジョヴァンニ」も指揮していて、海賊盤でCD化もされているようだ。

ヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮ウィーン・フィル
パウル・シェフラー、エリーザベト・シュヴァルツコップ、エーリヒ・クンツ、イルムガルト・ゼーフリート、ヒルデ・ギューデン

EMI。1953年8月7日、ザルツブルク音楽祭ライヴ。ドイツ語で歌われる
フィッシャー・ディースカウが、フルトヴェングラーに伯爵を歌うよう誘われ、まだイタリア語で歌うのに慣れていなかったため断ったら、本番を聴くとドイツ語上演だったので「ありゃ、失敗した」と思った、という話をどこかで読んだおぼえがある。全くこれで伯爵がフィッシャー・ディースカウだったら相当な名盤になったろうに...

カール・ベーム指揮ウィーン・フィル、ディートリヒ・フィッシャー・ディースカウ
エリーザベト・シュヴァルツコップ、エーリヒ・クンツ、イルムガルト・ゼーフリート、クリスタ・ルートヴィヒ

ORFEO。1957年7月30日、ザルツブルク音楽祭ライヴ。
最強の布陣。ちゃんとイタリア語で歌っている。

なおここで、この前年1956年(モーツァルト生誕200年)の音楽祭の多くを聴いた、植村攻氏の著書「巨匠たちの音、巨匠たちの姿」(東京創元社)の一読をおすすめしておきたい。その年もほとんど同じキャストで上演されている。


ステレオ録音

エーリヒ・クライバー指揮ウィーン・フィル
アルフレート・ペル、リザ・デラ・カーザ、チェーザレ・シエピ、ヒルデ・ギューデン、スザンヌ・ダンコ

DECCA。1955年録音。
当時のウィーン・フィルの、「甘い」音色が良く出ている。
歌手たちも皆、喜劇役者になりきっていて、聴いてるだけで楽しい。
翌年の生誕200年記念にむけてDECCAが録音した一連のオペラ録音の1つ(他にクリップスの「ドン・ジョヴァンニ」ベームの「コジ」などがある。)

99年6月、DECCA LEGENDSシリーズのリマスター盤で買いなおした。
序曲の細かい音符が非常に良く聞き取れるようになった。このリマスター盤を聴くと、従来盤が彫りの浅いものに聞こえてしまう。

フェレンツ・フリッチャイ指揮ベルリン放送交響楽団
ディートリヒ・フィッシャー・ディースカウ、マリア・シュターダー、レナート・カペッキ、
イルムガルト・ゼーフリート、ヘルタ・テッパー

DG。1960年録音。
下のベーム盤と甲乙つけがたいが、何よりもこの指揮、このメンバーでステレオ録音であることに感謝したい。シュターダーのほうがヤノヴィッツよりも喜劇に向いた明るい声質である。
オーストラリアDGのEloquence盤(2013年)で買い直したが、リマスターされているかどうか不明。旧輸入盤は人に譲った。

カール・ベーム指揮ベルリン・ドイツ・オペラ、ディートリヒ・フィッシャー・ディースカウ
グンドゥラ・ヤノヴィッツ、ヘルマン・プライ、エディット・マティス、タティアナ・トロヤノス

DG。1968年録音。OIBP化。
Grand Prix National du Disque 1968。Edison Prize 1969。
何も言うことはない、有名な録音。
それまでプライも伯爵を持ち役としていたのだが、フィッシャー・ディースカウとプライを両方起用したかったDGが、プライをフィガロにコンバートしたらしい。


オリジナル楽器派の録音

テオドール・クルレンツィス指揮ムジカエテルナ
アンドレイ・ボンダレンコ、ジモーネ・ケルメス、クリスティアン・ヴァン・ホルン、
ファニー・アントネルー、マリー=エレン・ネジ

SONY。2012年9月24日〜10月4日、ペルミ国立チャイコフスキー・オペラ&バレエ劇場での録音。
CD3枚組&Blu-ray-audioディスク1枚がついた特別盤。古楽器アンサンブルの過激とも言える切れのある演奏が、目の覚めるような音質で聴ける!
指揮者クルレンツィスは1972年アテネ生まれのギリシア人。サンクト・ペテルブルクで学び、2004年にはオーケストラと合唱団「ムジカ・エテルナ」をノヴォシビルスク(シベリア!)で結成。2010年にペルミ国立歌劇場のポストを打診された時にクルレンツィスが出した条件は、「ムジカ・エテルナ」のアンサンブルをそのままノヴォシビルスクからペルミに連れていくことであったという。ペルミはウラル山脈西麓の町である。まさか、そんな所にこんな団体がいたとはビックリ!である。
声楽ソリストはあまりロシア人はいないようだ。これが皆たいへん素晴らしい歌唱を聴かせてくれる。

ルネ・ヤーコプス指揮コンチェルト・ケルン、コレギウム・ヴォカーレ・ヘント
サイモン・キーンリーサイド、ヴェロニク・ジャンス、ロレンツォ・レガッツォ、パトリツィア・チオフィ、アンジェリカ・キルヒシュラーガー

HMF。2003年4月録音。モウバリー/レイバーン説は採用していない。
最後の許しの場面で古楽の団体としてはかなり叙情的にゆっくりとしたテンポで演奏している(「ロ短調ミサ」の第1曲のように!)。
「コジ」の時と同じようにチェンバロではなくフォルテ・ピアノを使用している。

ジャン・クロード・マルゴワール指揮王室大厩舎・王宮付楽団

ASTREE(写真左)。1996年録音。
「ドン・ジョヴァンニ」同様、歌手は知らない人で、かつ読み方が分からない人ばかりなので省略。
「ドン・ジョヴァンニ」が名演だったことに加え、文春新書「クラシックCDの名盤」(宇野功芳・中野雄・福嶋章恭)で推薦されていたので買ってきた。この本では当盤をライヴ録音と記載しているが、それにしては歌手の足音が全く聞こえないので、違うだろうと思う。しかし、実際の舞台が目に見えるような録音である。ライヴ録音すれば生々しくなるというものではない。ライヴだろうが、スタジオ録音だろうが、その演奏の際にどれだけ興に乗っているかが重要なのだ。声や音色はクイケン盤を上にしたいが、この生々しさは他のどんな録音にも勝る。
ガーディナーと同じく、第3幕は、上記のモウバリー/レイバーン説で構成している。

 2011年の東日本大震災で、このCDが被災してしまったので買い直そうとしたら、何と「ドン・ジョヴァンニ」および「コジ・ファン・トゥッテ」とのカップリングのnaiveレーベル8枚組BOX(写真右)でしか入手できなかった。

ジギズヴァルト・クイケン指揮ラ・プティット・バンド
Huub Claessens、Patrizia Biccire、Werner van Mechelen、Christiane Oelze、Monica Groop

ACCENT。1998年6月5日、スペイン、ラ・コルニャ(サンチアゴ・デ・コンポステラの近く)の
Palacio de Congresos y Auditiosでのライヴ(コンサート形式と思われる)。
ガーディナーと同じく、第3幕は、上記のモウバリー/レイバーン説で構成している。
伯爵のClaessensが、フィシャー・ディースカウに似た声の質で良い。他のメンバーも役のイメージにピッタリである。

ニコラウス・アーノンクール指揮コンセルトヘボウ
トマス・ハンプソン、シャルロッテ・マリョーノ、アントン・シャリンガー、バーバラ・ボニー、ペトラ・ラング

TELDEC。1993年録音。
歌手も粒ぞろいなのだが、基本テンポが遅めのためか、いま一つパッとしない。
モウバリー/レイバーン説は採用していないのも意外だ。