フェレンツ・フリッチャイ

(1914〜1963)

略歴

ブダペスト生まれ。父も指揮者だった。
リスト音楽院でバルトークやコダーイに学ぶ。在学中の15才で指揮者デビュー。
1936年もセゲト歌劇場に招かれ、45年には同音楽監督。
ハンガリー国立歌劇場のオーケストラであるブダペスト・フィルの指揮者も兼務。
1947年、ザルツブルク音楽祭で、急病のクレンペラーに代わりアイネムの歌劇「ダントンの死」を指揮して大成功。西欧各地から招かれるようになる。

1948年12月、西ベルリンのアメリカ占領地区放送局(Radio in American Secter)のオーケストラRIAS交響楽団に客演。
1949年から正式に首席指揮者に就任。DGへの録音も開始。
1953年に、アメリカがRIAS響への援助を打ち切り、オケは翌年からベルリン放送交響楽団と改称すると、フリッチャイも辞任。同年、アメリカにデビュー。翌54年にヒューストン交響楽団音楽監督に就任するがシーズン途中でこれも辞任。
1956年から2期、バイエルン国立歌劇場音楽監督(55〜59年という説もある)。
1959年、ベルリン放送交響楽団首席指揮者に復帰。
ベルリン・フィル、ウィーン・フィル、シュトゥットガルト放送響などにも客演するが、白血病により活動は限定される。
1961年9月、再建されたベルリン・ドイツ・オペラのこけら落とし公演で「ドン・ジョヴァンニ」を指揮。
1963年2月、死去。

録音

 彼は、その生涯の短さのわりには、ドイツ・グラモフォン(DG)に多くの録音を残している。もし彼が長生きしていたら、この名門レーベルは彼をメインに据えていただろうと思われるほどである。
 もしそうなら、カラヤンはずっとEMIということになったかも知れない。しかし彼が1963に死去した(実際はそれより前に再起不能になっていた)のと時を同じくして、DGはカラヤン指揮ベルリン・フィルでベートーヴェン交響曲全集を録音した。
 そのカラヤンの録音と、それ以前に録音されたフリッチャイの「英雄」「運命」「第7」「第9」とを比べると、フルトヴェングラー時代のような重厚さが聴けるのはフリッチャイの演奏である。(同じ頃のベームの指揮ですら、フリッチャイよりは颯爽とした感じである。)
 とはいうものの、フリッチャイの演奏はもちろん『時代がかったロマン主義』というものではない。しかし、アクセントの付け方というか、音に重みをもたせる時の弾力性にはフルトヴェングラーを思わせるものが確かに聴き取れる。ベルリン・フィルとの「新世界」や、ベルリン放送響との「悲愴」などを聴けば、私が書いたことがよく理解していただけるのではないかと思う。
 彼はまた、バルトークの弟子としてその作品を数多く録音している。これらも当然のことながら素晴らしい。バルトークの「オケコン&弦チェレ」と言えば、ライナー指揮シカゴ響の演奏が有名だが、フリッチャイ指揮ベルリン放送響の録音はモノラルではあるがそれに勝るとも劣らない名盤である。
 彼はまたオペラ指揮者としてもすばらしい録音を残している。「魔笛」「フィガロ」「ドン・ジョヴァンニ」「後宮からの逃走」「フィデリオ」といった全曲スタジオ録音の他に、なんと略歴で紹介したベルリン・ドイツ・オペラのこけら落とし公演の「ドン・ジョヴァンニ」の映像がLDでも出ている。(タイトルロールはフィッシャー・ディースカウ。ただしDGの録音とは異なりドイツ語での歌唱である。)
 他に映像ソフトでは、シュトゥットガルト放送響に客演した時の「モルダウ」のリハーサル風景&本番が発売されている。これは吉田秀和氏がヨーロッパに滞在中にテレビ放送されたのを見て、「世界の指揮者」にその感想を書かれていた番組そのものである。