モーツァルト 歌劇「後宮からの逃走」

※配役は順に、コンスタンツェ、ブロンデ、ベルモンテ、ペドルリオ、オスミン

ルネ・ヤーコプス指揮ベルリン古楽アカデミー、RIAS室内合唱団
ロビン・ヨハンセン、マリ・エリクスモーエン、
マキシミリアン・シュミット、ジュリアン・プレガルディエン、ディミトリー・イヴァシュチェンコ

HMF。2014年9月録音。
台詞をカットするどころか逆にヤーコプス自身によって書き足されている。さらにフォルテピアノも「トルコ行進曲」などを演奏したりして場を盛り上げる。

フェレンツ・フリッチャイ指揮RIAS交響楽団
マリア・シュターダー、リタ・シュトライヒ、エルンスト・ヘフリガー、マルティン・ヴァンティン、ヨゼフ・グラインドル

DG。OIBP化。1954年モノラル録音。
女声2人はこの上ない。フリッチャイの指揮も重すぎず軽すぎず、これでステレオだったら文句なしに最高の名盤である。
翌年録音の「魔笛」同様セリフ部分を歌手とは別の俳優が担当している。ただし、シュトライヒとグラインドルだけはセリフも自分でやっている。

オイゲン・ヨッフム指揮バイエルン国立歌劇場
エリカ・ケート、ロッテ・シェードレ、フリッツ・ヴンダーリヒ、フリードリヒ・レンツ、クルト・ベーメ

DG。OIBP化。1965年録音。これは何と言ってもヴンダーリヒだが、他の配役も揃っている。

ウィリアム・クリスティ指揮レザール・フロリサン
クリスティーネ・シェーファー、パトリシア・プティボン、イアン・ポストリッジ、イアン・ペイトン、アラン・ユーイング

ERATO。1997年録音。
オリジナル楽器による演奏だが、「トルコ風の刺激的な打楽器の使用といった奇をてらったところはない」(井上太郎氏の解説から)。

ニコラウス・アーノンクール指揮チューリヒ歌劇場モーツァルト管弦楽団
イヴォンヌ・ケニー、リリアン・ワトスン、ペーター・シュライヤー、ヴィルフリート・ガムリッヒ、マッティ・サルミネン

TELDEC。1985年録音。私はハイライト盤しか持っていないが、めぼしいナンバーはほぼ網羅しており、これは実に楽しい1枚だ。
「トルコ風の打楽器」を、とことん刺激的に使った演奏である。またアーノンクールとシュライヤーの共演というのもうれしい。シュライヤーの声自体がかなり刺激的なので、アーノンクールのコンセプトにもはまっているような気がする。