オイゲン・ヨッフム

(1902〜1987)

略歴

バイエルンのバーベンハウゼンにて、3人兄弟の次男として生まれる。
(兄オットーは作曲家、弟ゲオルク・ルートヴィヒはリンツやデュイスブルク市の音楽総監督をつとめた指揮者。)
ミュンヘン音楽アカデミーでジークムント・フォン・ハウゼッガー(ミュンヘン・フィル指揮者)らに学ぶ。
1927年、ミュンヘン・フィルにてブルックナー第7番を指揮してデビュー。
同年、キール歌劇場の指揮者(-29)となり「さまよえるオランダ人」でオペラ・デビュー。
1929-30年、マンハイム州立劇場指揮者。
1930-32年、デュイスブルク市音楽総監督。
(=現ライン・ドイツ・オペラ)
1932-34年、ベルリン放送局音楽監督。
(=戦前のベルリン放送管弦楽団指揮者)
1934-49年、ハンブルク国立歌劇場音楽総監督(ベームの後任)。
戦時中ドイツで活躍していた指揮者としては珍しく、終戦後も連合軍から活動停止処分を受けなかった。
1949年、バイエルン放送交響楽団の創立に関わり、60年まで首席指揮者(その後任がクーベリック)
1961年、ベイヌムの急逝(59)の後を受けて、アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団の首席指揮者(-64)を、若いハイティンクを補佐しつつ務める。
1968年、この年のカイルベルトの急逝を受けて、バンベルク交響楽団の指揮者となり、71-73年には首席指揮者を務める。(なお、弟ゲオルク・ルートヴィヒも48-49年にこのオケの首席指揮者を務めていた。)
上記3つのオケとはその後も深い関係を保ち、特にコンセルトヘボウ管、バンベルク響とは最晩年の80年代に来日を果たしている。(その録音がAltusからCD化されている。)
また、他にロンドン・フィル、ロンドン響ともハイドン、ベートーヴェン、ブラームスなどを録音している。特にロンドン響からは1977年に桂冠指揮者の称号を与えられている。

録音

 2002年に生誕100年を迎えたため、DGでもかなりまとまったCDが出た。(オルフのモノラルによる「3部作」セットや、ボストン響との「ジュピター&未完成」など。)またTAHRAやAltusからもライヴ音源のCD化が相次いでいるはうれしいことである。
 ヨッフムは、ベートーヴェン交響曲全集をEMIにロンドン響と録音。DGに散発的にモノラル末期からステレオ初期に全曲録音したものもBOXで出ている。
 ブルックナーの交響曲全集は、EMIのシュターツカペレ・ドレスデンとのものがART処理されたBOXで出たのを入手した。DGとのベルリン・フィルとバイエルン放送響とを振り分けた全集は、ベルリン・フィルとの第4・第7がOIBP化盤、第8・第9もリマスター盤で持っている。また宗教音楽集は以前から4枚組セットを持っているが、その後ミサ3曲とモテットに分けてOIBP化されたのも入手した。
 ブラームス交響曲全集は、DGのベルリン・フィルとのモノラル全集がOIBP化されたもの、およびEMIのロンドン・フィルとのものを両方とも持っている。後者はしみじみした名演だ。
 モーツァルトの後期交響曲6曲は、バンベルク交響楽団との晩年の演奏がORFEOとRCAに分けて録音されている。オケの暖かい音色が、最近ではほとんど聴けなくなってしまったものであり、貴重な録音と言えよう。
 以上交響曲のジャンル以外では、何と言ってもヨッフム最高の録音「カルミナ・ブラーナ」がある。オペラでは「マイスタージンガー」があるが、これはイマイチといった印象である。
 協奏曲ではシュナイダーハンとのベートーヴェン、ギレリスとのブラームスなどの名盤があげられる。

2015年にヨッフムのEMI全録音BOXを入手。ベートーヴェン・ブラームス・ブルックナーの全集とロ短調ミサ、戴冠ミサ・ヴェスペレが収録されている。