ニコラウス・アーノンクール

コンツェントゥス・ムジクス・ヴィーン(CMW)

 アーノンクール(1929-)は、1953年にカラヤン時代のウィーン交響楽団のチェリストとなるが、この年にまた自ら主催するオリジナル楽器の団体「コンツェントゥス・ムジクス・ヴィーン(CMW)」を結成している。つまりCMWは、リヒターのミュンヘン・バッハ管弦楽団・合唱団設立よりも古いのである。
 彼はCMWを指揮してバロック音楽の演奏をテルデックに録音していく。1970年にウィーン交響楽団を退団した彼は、この年に男性のみの声楽陣による「マタイ受難曲」初録音を行っている。また、レオンハルトと共同で古楽器によるバッハの教会カンタータ全集の録音も行った。(この全集によりアーノンクールとレオンハルトは1980年に「エラスムス賞」を受賞している。)
 レオンハルトと並び、オリジナル楽器演奏の草分け「第1期」世代である彼は、1980年代より既成のモダン楽器オーケストラを用いて古典派以後の作品の録音も精力的に行うようになった。(彼は古楽のスペシャリストと呼ばれるのが嫌いらしい。)

 この人の演奏を私が知ったのは、大学2年の頃、「モツレク」が最初だったように思う。その年の定演で歌ったバッハのカンタータ第4番や、第140147番も、ほぼ同じ頃聴いていたはずだが、なんと言ってもこの「モツレク」は衝撃的だった。
 しかし、どちらにせよ当時の私は、フルトヴェングラーを中心とする神代の巨匠たちの演奏を至高のものとしていたので、アーノンクールなどの古楽器派の演奏など到底受けつけられなかった。

 ところが、モツレクの演奏に慣れ、コンセルトヘボウ管弦楽団を指揮したモーツァルトの交響曲の演奏に、「これならモーツァルトも聴ける」と思えるようになった(それまで私はあまりモーツァルトの良い聴き手ではなかった)あたりから、オリジナル派全体へのイメージが変わった。
 そして、モーツァルト没後200年の年に発売されたヨーロッパ室内管弦楽団との「ペートーヴェン交響曲全集」によって、私はアーノンクールという人を初めて「凄い!」と思った。こんなに真っ正面からベートーヴェンと勝負した演奏は、他にはフルトヴェングラーとトスカニーニぐらいしかないのではないか。フルトヴェングラーの言う「指揮者の役割は精神的支柱になること」というのをアーノンクールはこの若いオーケストラを前に実践している。
 その後、ガーディナーやブリュッヘンのベートーヴェン全集が出て、アーノンクール盤のライバルは増えたが、当のアーノンクールは、その後もシューベルトシューマンは言うに及ばず、何とベルリン・フィルとのブラームス全集、コンセルトヘボウとのドヴォルザーク後期交響曲集、さらにブルックナーもBPO,VPO,ACOを振り分けて録音してしまった。

 こうして活動の領域を広げていく一方、21世紀になってからは自らの原点であるCMWとの総決算も始めたようである。「マタイ」「メサイア」の再録音やモーツァルトの初期交響曲などが出ている。