ジョン・エリオット・ガーディナー

 私は学生時代に、バッハの教会カンタータやヘンデル「メサイア」を大変きれいに演奏する人としてガーディナーを知った。それはフルトヴェングラーを信奉する当時の私にとってはマイナスの評価でしかなかった。この評価が180度転換したのは、水戸芸術館においてガーディナー指揮ORRの「運命・第9」を聴いた時であった。この時に私は、ガーディナーのみならず古楽器派全般を支持する側に転向したのである。


モンテヴェルディ合唱団、イングリッシュ・バロック・ソロイスツ(EBS)

 ガーディナー(1943-)は、まず合唱音楽から入った人で、ケンブリッジの学生時代に「モンテヴェルディ合唱団」を組織(1964)して活動を開始した。のち1978年に、それと共演するバロック楽器のオーケストラ「イングリッシュ・バロック・ソロイスツ」を結成し、モンテヴェルディ(デビュー曲「聖母マリアの夕べの祈り」)、バッハ(教会カンタータ管弦楽組曲)、ヘンデル(「メサイア」など)、そして古典派のモーツァルトの作品を次々と録音していく。
 それ以外には、リヨン国立歌劇場の監督だったこともあり、そこのオケとシューベルトの「未完成&グレイト」を録音しているが、守備範囲としては上の作曲家を超えることは、しばらくの間なかった。

オルケストル・レヴォリューショネル・エ・ロマンティーク(ORR)

 状況が大きく変化したのは1990年である。この年に新たに組織した「革命的・ロマン的管弦楽団」は、その目的が「ベルリオーズを適切に演奏すること」であったという。そのデビュー録音は、PHILIPSから出た「ドイツ・レクイエム」であったと思うが、実際は、その前にARCHIVに録音したベートーヴェン「ミサ・ソレムニス」であった。このディスクに「EBS」と表記されているのは、ARCHIVが「この名称じゃないと売れない」と言ったかららしい。(その後の「ハ長調ミサ」ではちゃんと「ORR」表記されている。)来日公演でベートーヴェンの交響曲を初めて演奏した時も「EBS」ということで宣伝されていたが、実際は「ORR」であった。私はこの時、水戸芸術館で「運命&第9」を聴いたのだが、その際にもこの件について説明があった。
 このオケを使って、ARCHIVにはベートーヴェンシューマンの交響曲全集、PHILIPSにはベルリオーズ「幻想交響曲」ヴェルディ「レクイエム」を録音し、ガーディナーはバロック演奏家から大きく脱皮していくことになる。


北ドイツ放送交響楽団(NDR)、ウィーン・フィル(VPO)、フィルハーモニア管弦楽団(PO)との活動

 「ORR」との録音が出るようになったのと、ほぼ時を同じくして、ガーディナーは北ドイツ放送響の指揮者となる。ブラームスのハンガリー舞曲などの録音の後に、ブリテンの大作「戦争レクイエム」のライヴ録音がCD・LDで発売された。この曲には作曲家自身の不滅の名盤があるが、それ以外に1つと言われたらやはり声楽の扱いに長けたこの録音ということになるのだろう。それにLDは大戦で破壊され復興したリンツ大聖堂でのライヴの模様が収録されているのも魅力的だ。他にもマーラーの「さすらう若人の歌」などを出している。

 ウィーン・フィルとは、シャブリエ管弦楽曲集とは意表をついたものだが、次が「メリーウィドウ」全曲というあたり、八面六臂の大活躍という感じだ。しかし如何せん曲が軽すぎる。と、思っていたらシューベル ト「グレイト」、メンデルスゾーン「イタリア宗教改革」ときた。ブラームスの交響曲全集でも出すんじゃなかろうか、という期待すら抱かせる。(どうだか知らないが)

 フィルハーモニアとの録音では、なんといっても作曲家とガーディナー家とのつながりがあるらしいホルストの「惑星」だ。これは素晴らしい。