マーラー 「さすらう若人の歌」

「Lieder eines fahrenden Gesellen」。次の4曲からなる。詩は4曲ともマーラー自身によるもの。

1. 恋人の婚礼の時 Wenn mein Schatz Hochzeit macht
恋人が結婚することで失恋した若者。
2. 今朝、野辺を歩けば Ging heut' morgen übers Feld
朝の気持ちよい風景も次の最後の行で終わる。
「さて僕の幸せも始まるだろう。いやいや、僕には幸せなんかくるものか!」。
3. 私の胸には灼熱した刃が Ich hab' ein glühend Messer
失恋の痛みを絶叫。「O Weh!」(ああ、この痛さ!)
4. 恋人の碧い2つの瞳 Die zwei blauen Augen
シューベルトの「冬の旅」同様、若者はひとり旅立ち、菩提樹のたもとへ。シューベルトの場合は、ここにも憩いの場はない、とさらに放浪が続くのだが、マーラーのこの曲では、若者はここで眠り憩いにつく。そして何もかも忘れ、何もかもまた良いものとなった。愛も悩みもこの世も夢も。
「Ach, alles wieder gut! Alles Alles! Lieb' und Leid. Und Welt und Traum!」

なお、第2曲、及び第4曲の中間部のメロディは、ほぼ同時期に作曲されていた交響曲第1番「巨人」に用いられている。


ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(Br)の録音

ヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮フィルハーモニア

EMI。不滅の名盤。
1952年6月、「トリスタン」の録音の余りの時間に行われた録音である。
ケンペ指揮の「亡き子を偲ぶ歌」、バレンボイム伴奏の「リュッケルト5歌曲」とのカップリングの初期輸入盤CDC7 47657 2 で初めて入手。
のち、2001年、GREAT RECORDINGS OF THE CENTURYシリーズART処理輸入盤を入手した(写真左)。これにはさらにバレンボイム伴奏の「角笛」からの5曲も収録されている。
2011年、フルトヴェングラー生誕125周年ということでEMI国内盤で発売されたSACDも入手(写真右)。これはフルトヴェングラーのピアノ伴奏でシュヴァルツコップフが歌ったヴォルフ歌曲全22曲とカップリングで2枚組である。

ヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮ウィーン・フィル

ORFEO。1951年8月19日、祝祭劇場ライヴ。
この時に「この若者(F=D)のおかげでマーラーの美しさを知った」とフルトヴェングラーが言ったという。これが翌年の上記スタジオ録音につながるのである。
まず、ザルツブルクにおけるフィッシャー=ディースカウの録音集C336 931Bで入手した。これにはズビン・メータ指揮ウィーン・フィルとの「リュッケルト5歌曲」なども収録されている。
その後、2004年にフルトヴェングラーのザルツブルク録音集8枚組C409 048L(写真)も入手。

ダニエル・バレンボイム指揮ベルリン・フィル

ソニー。1989年録音。
ソニークラシカル・レーベルのCD第1弾。「子供の不思議な角笛」とのカップリング。

ラファエル・クーベリック指揮バイエルン放送交響楽団

DG。OIBP化。1968年録音。交響曲第1番とのカップリング。
のち、ベーム指揮ベルリン・フィルとの「亡き子」「リュッケルト」をカップリングしたOIBP盤も出た(写真)。

レナード・バーンスタイン(p)

ソニー。1968年11月、NYでの録音。
カップリングは「リュッケルトによる5つの歌曲(ただし1曲欠落)」「若き日の歌」
それに「子供の不思議な角笛」(こちらはルートヴィヒ&ベリー夫妻)である。

ダニエル・バレンボイム(p)

EMI。1978年2月5-10日、ベルリン・ジーメンスヴィラでの録音。
2005年リリースの輸入盤2枚組である。同時録音の、上記フルトヴェングラーEMI ART盤に収録されているのと同じ「リュッケルトの詩による5つの歌曲」、および「若き日の歌」「子供の不思議な角笛」を収録している。


その他の歌手による録音

アルフレート・ペル、ヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮ウィーン・フィル

TAHRA FURT1076/7。1952年11月30日、モノラル・ライヴ。
この日演奏されたベートーヴェン第1・英雄の2曲とカップリング。
前年のザルツブルクや、5ヶ月前のスタジオ録音でのフィッシャー・ディースカウとの共演後も、この曲を彼以外の歌手と共演しているのだから、フルトヴェングラーは相当この曲が気に入ったようである。ペルはやや歌い回しに癖があるので、私はあまり好きな歌手ではないのだが、この曲ではあまり違和感がない。
2012年にORFEOからウィーン・ライヴ録音BOX(C834 118Y)も出た。

トマス・クヴァストフ、ピエール・ブーレーズ指揮ウィーン・フィル

DG。2003年6月、ムジークフェラインでの録音。

トーマス・ハンプソン、レナード・バーンスタイン指揮ウィーン・フィル

DG。ユニテル。DVD。1990年2月、ムジークフェライン、ライヴ。
DGのCDと同一録音である。1955年生まれのハンプソンはこの時34才!。
同時録音の「リュッケルトのの詩による5つの歌」と、88年の「亡き子を偲ぶ歌」とカップリング。

ジャネット・ベイカー(MS)、ジョン・バルビローリ指揮ハレ管弦楽団

EMI。1967年録音。「亡き子を偲ぶ歌」「リュッケルトの詩による5つの歌曲」とのカップリング。
99年、GREAT RECORDINGS OF THE CENTURY シリーズでART処理された輸入盤が出た。

キルステン・フラグスタート(S)、エイドリアン・ボールト指揮ウィーン・フィル

DECCA。1958年、ステレオ録音。DECCA LEGENDSシリーズ96kHz-24bit輸入盤。
1曲目の出だしが、ちょっといやらしいが、声は素晴らしい。
「亡き子を偲ぶ歌」、およびクナッパーツブッシュ指揮のヴァーグナー「ヴェーゼンドンクの歌」とのカップリング。

ナン・メリマン(MS)、エドゥアルド・ヴァン・ベイヌム指揮コンセルトヘボウ

PHILIPS。1956年モノラル録音。「大地の歌」とカップリング。
これを聴くとオケがメンゲルベルク以来のマーラーへの共感をもって演奏しているのがよくわかる。メリマンの歌唱も実に素晴らしく「隠れた名盤」にしておくのは惜しい。

アンナ・レイノルズ(MS)、ベンジャミン・ブリテン指揮イギリス室内管弦楽団

BBC LEGENDS。1972年6月19日、ライヴ録音。
ジョン・カーライル&ロンドン響との交響曲第4番(MONO)とのカップリング。

アンネ・ゾフィー・フォン・オッター(MS)、ジョン・エリオット・ガーディナー指揮北ドイツ放送交響楽団

DG。1993年録音。ちょっと「毒」がなさすぎやしませんか?

ノーマン・フォスター(br)、ヤッシャ・ホーレンシュタイン指揮バンベルク交響楽団

VOX。1954年モノラル録音。
バス歌手のようで、上のほうが声が出ないため、ところどころ音を下げて歌っている。まあ、この曲を聴くために買ったものではないから、別にかまわないが。(2枚組。R・シュトラウス他の管弦楽曲集である。)