ジギズヴァルト・クイケン

ラ・プティット・バンド


 バロック・ヴァイオリン奏者の草分け。兄はヴィオラ・ダ・ガンバ奏者のヴィーラント、弟はフラウト・トラヴェルソ奏者のバルトルド、という3兄弟 である。同じネーデルラントを基盤とするレオンハルトやブリュッヘンとも親しい。彼らが集った「ブランデンブルク協奏曲」は不滅の名盤である。

 ジギズヴァルトが主催する「ラ・プティット・バンド」は、ドイツ・ハルモニア・ムンディ(DHM)が、1973年、リュリ(1632〜1687) のコメディ・バレエ「町人貴族」をレオンハルト指揮で録音するにあたり、クイケンが知り合いの古楽器奏者たちを集めて作った団体で、リュリがヴェルサイユ 宮殿で組織した宮廷楽団にちなんで名付けられた。
 アーノンクールのCMWなどと並ぶ古楽器団体の草分け的存在であるが、CMWの過激さと比べ、こちらは常に品のある演奏を行う。(かといって、同じ DHMレーベルの指揮者なしの「コレギウム・アウレウム合奏団」のような曖昧な感じの演奏ではない。)

 私は彼らの演奏をどこか物足りなく思うことが多かったが、彼らのハイドンの交響曲を聴いてからは、だいぶ評価が違ってきた。彼らのポリシーといっ たものについては、そのハイドンについて多く語っているジギ ズヴァルト・クイケンのインタビュー記事をお読みいただきたい。

音楽の中にある「限定」があることこそが、私は好きなのです。 (中略) 自由はとても重要だが、限定(制限)がなければ、その自由も楽しめる ものにはならないのです。 (中略) こうした自由と限定の素敵な緊張感が、ハイドンの音楽にはつねに強く働いているのです。

この言葉は彼らの演奏スタイルを理解するのに大変重要だ。もしここで述べられているようなことに思い至らないような聴衆にとっては、彼らの演奏は 「退屈」にすら感じられてしまうおそれがあるからである。

 なお、この団体は現在、コンサート・マスターの寺神戸亮をはじめ、かなり多くの日本人団員がいる。チェロの鈴木秀美は以前18世紀オーケストラに も所属していたが、現在はLPBのようである。(日本の古楽器奏者たちは、ネーデルラント派の人々との交流がさかんであるようだ。鈴木雅明はコープマンの 弟子だし。)