フリッツ・ブッシュ

(1890〜1951)

略歴

1890年、ヴェストファーレン地方ジーゲンに生まれる。
1906年からケルン音楽院で学ぶ。
1909年、ラトヴィアのドイツ歌劇場指揮者。
1911-12年、ゴータ音楽協会合唱指揮者。
1912年、アーヘン市(市立歌劇場、同管弦楽団)音楽監督就任。
1918年、シュトゥットガルト歌劇場音楽監督就任(マックス・フォン・シリングスの後任)。
1922年、ドレスデン国立歌劇場音楽総監督就任(フリッツ・ライナーの後任、ベームの前任)〜1933年。

1922年、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団に客演。
1924年、バイロイト音楽祭出演。
1925年、ウィーン・フィル客演。
1927年、ニューヨーク交響楽協会を指揮。
1929年、ロンドン・フィルを指揮してイギリス・デビュー。これはメヌーヒンのデビュー・コンサートでもあった。
1932年、ザルツブルク音楽祭出演。ラインハルト門下のカール・エーベルト演出で「後宮からの逃走」を指揮。
エーベルトとはこの後、ベルリン市立劇場での「仮面舞踏会」でも協力し、これが大成功。

1933年、ナチス政権成立でドイツを去り、36年までアルゼンチン・ブエノスアイレスのテアトロ・コロンで活躍。
この間にデンマーク放送交響楽団、ストックホルム・フィルの指揮者としても活躍している。
1934年、創立されたグラインドボーン音楽祭音楽監督就任。(演出・芸術監督にエーベルトの就任を条件とする。)

1940/41年、ニューヨーク・フィル客演。しだいにアメリカでも活動増える。
1945年、大戦終了後初のメトロポリタン歌劇場公演を指揮。以後常連に。
50年からはグラインドボーン音楽祭復帰(モーツァルト)、デンマーク放送交響楽団を率いてエディンバラ音楽祭にも出演。さらにウィーン国立歌劇場にも客 演(「オテロ」「マイスタージンガー」「フィガロ」)。
1951年、ようやく祖国ドイツ訪問。北西ドイツ放送交響楽団を指揮(→TAHRA盤)。またケルン放送交響楽団とは「仮面舞踏会」をラジオ放送で指揮 (→吉田秀和「世界の指揮者」で言及されているように録音が残っているはず。)
その直後、51年9月14日、ロンドンで死去。


 彼の名は、吉田秀和「世界の指揮者」で知った。しかし グラインドボーン音楽祭の録音ぐらいしか出ておらず、どんな指揮者なのか見当もつかなかった。
 しかしレーザーディスク「世界の指揮者 大演奏会」を入手したら、ドレスデン国立歌劇場管弦楽団を指揮して「タンホイザー」序曲全曲(1933 年)が収録されていたので、それによってかなりブッシュの特徴がつかめた。(このLDには、レオ・ブレッヒ指揮ベルリン国立歌劇場管の「マ イスタージンガー」前奏曲、レオ・ボルヒャルト指揮ベルリン国立歌劇場管の「こうもり」序曲、ブルーノ・ワル ター指揮ベルリン・フィル「オベロン」序曲なども見られる。)

 そのブッシュの指揮は、ノイエ・ザハリヒカイトというのはこういうものだったのだろう、と想像されるものである。
 誤解を恐れずに言えば、直線的で硬く、あまり聴いていて心地よいものではない。それはあの優雅なイメージのクレメンス・クラウスやエーリヒ・クライバー にも言えることである。(さらに言えば上記のワルターの「オベロン」序曲からも似たような印象を受ける。)これがヴァイマール時代の流行だったのだろう か? この頃はクナッパーツブッシュやクレンペラーですらもテンポが速かったようだし...。 もしかしたらこの時代に粘りけのある曲線的な演奏をしてい たのはフルトヴェングラーとメンゲルベルクぐらいだったのかもしれない。

 しかしこうした彼らの直線的な演奏がモーツァルトの復権に大きく貢献したことは疑いない。ブッシュのグラインドボーン音楽祭の録音は「コジ」 「フィガロ」「ドン・ジョヴァンニ」が残っているようだが、私が唯一持っている「ドン・ジョヴァンニ」の演奏はかなりモダンで、古くささは感 じられない。彼の最大の業績はオペラの革新にあったのである。

 既に述べた他の私の持っている録音は次の通り。