エーリヒ・クライバー

(1890〜1956)

略歴

 1890年、ウィーンに生まれ、ウィーンでヴァイオリンを学んだ後、プラハ大学で哲学と歴史を、プラハ音楽院では作曲を学んだ。
 1911年、プラハ歌劇場で指揮者デビュー。1912〜19年は、ダルムシュタット宮廷歌劇場指揮者。その後、バルメン=エルバーフェルト、デュッセルドルフ、マンハイムの指揮者を歴任。
 1923〜33年、黄金の20年代後半のベルリンにおいて、ベルリン国立歌劇場音楽監督。この間に、ベルク「ヴォツェック」を語りぐさとなっている137回の練習を重ねて初演。またアメリカ人女性ルース・グッドリッチ(ブエノスアイレスのアメリカ合衆国大使館で働いていた)と知り合い結婚、1930年に息子カール(現カルロス・クライバー)をもうける。

 1934年、「ヒンデミット事件」でフルトヴェングラーを擁護し、ナチスに反対して国立歌劇場を辞任しドイツ出国。1936〜49年、ブエノスアイレスのテアトロ・コロン歌劇場指揮者をつとめる。1944〜47年にはハバナ・フィルの指揮者も兼任。

 1948年、ロンドン・フィルに客演してヨーロッパに復帰。1950年からはロンドン(コヴェントガーデン)とウィーンを中心に活躍。1951年、古巣のベルリン国立歌劇場にもたびたび招かれ − この最初の時にフルトヴェングラーが客席にいて指揮者クライバーが登場すると彼に深々と一礼した、という − 1954年には同歌劇場監督に任命されたが、就任直前の1955年に、政治上の理由で辞任した(国立歌劇場は東ベルリン=東独管轄)。
 1956年秋には戦後初のウィーン・フィルのアメリカ演奏旅行の指揮者に決まっていたのだが、その年の1月27日(モーツァルト生誕200年記念日!)に、客演旅行中のチューリヒで客死した。

 残されたレコードは数少ないが、しかし、ベー トーヴェンモーツァルトの交響曲や、「フィガロの結婚」「ばらの騎士」といった名盤揃いである。
 他にも、チャイコフスキー「悲愴」、ド ヴォルザーク「新世界」などが入手可能である。
 また、TELDECのLD「アート・オヴ・コンダクティング 2」では、指揮姿を見ることができる。(「プラハの春」での第9)

クライバーのDECCA録音集6枚組BOXに収録されている曲目と、従来盤の対応表を作成した。

6CD-BOXオケ録音年他CD
1.ベートーヴェン「英雄」コンセルトヘボウ1950.5.8467 125-2
96kHz-24bit
2.ベートーヴェン「運命」コンセルトヘボウ1953.9.26
417 637-2
2.ベートーヴェン「田園」コンセルトヘボウ1953.9.28
1.ベートーヴェン 第7番コンセルトヘボウ1950.5.9425 987-2
5.モーツァルト 第40番ロンドンpo1949.4.25
4.ベートーヴェン 第9番ウィーンpo1952.6425 955-2
3.ベートーヴェン「英雄」ウィーンpo1955.4.11414 626-2
5.ベートーヴェン「田園」ロンドンpo1948.2
3.ヴェーバー 交響曲第1番ケルン放送響1956.1.20
6.モーツァルト ドイツ舞曲4曲ケルン放送響1956.1.20
6.モーツァルト 第39番ケルン放送響1956.1.20
6.シューベルト 「グレイト」ケルン放送響1953.11.23