モーツァルトの交響曲 モノラル録音

ステレオ録音

オリジナル楽器派の録音


ブルーノ・ワルター指揮

後期6大交響曲、及び第25,28,29番----ニューヨーク・フィル

ソニー。1950年代のモノラルLP用スタジオ録音。20bitリマスターされた輸入盤。
第25,28,29,36番は「コロンビア交響楽団」の表記である。
なお、「プラハ」の録音は、このリマスターCDが世界初発売のはずである。
またLP時代に有名だった「リンツ」のリハーサル風景も全部含まれている。

聴き直してみると、結構シャキシャキしたモダンな演奏である。最晩年のステレオ録音は、その点やや重く感じる。
2011年に出たそのステレオ録音の後期交響曲集BOXにモノラルの「第25,28,29番」も収録されている。

第38番「プラハ」----ウィーン・フィル

1936年12月録音。Columbia SP。
新星堂による復刻SGR2001/3。さらに2000年末、Cantus Classicsから「LEGENDEN DIRIGENTEN」シリーズで、「アイネ・クライネ」とマーラー第9番などとのカップリング2枚組で復刻されたものを入手。
2003年初め、opus蔵OPK 2032でSPから復刻されたものも入手。実によい音だ。

第38番「プラハ」----ストックホルム・フィル

TAHRA。TAH 508/9。1950年9月8日、ストックホルムでのライヴ。
同日演奏の「アイネ・クライネ」とシューベルト「グレイト」、及び下記1952年5月17日のウィーン・フィルとの第40番とカップリング。
このストックホルムでのライヴはアセテート盤録音だと書いてある。その割には聞きやすい音質で鑑賞に支障はない。

第38番「プラハ」----フランス国立放送管弦楽団

PECO。SSCD002。1955年5月5日、シャンゼリゼ劇場でのライヴ。
カップリングされた同日のブラームスの第2番ともども、気合いの入った熱演だ。
以前は1枚で出ていたが、私はそれを入手できないでいた。しかし2002年に、オイゲン・ヨッフムが同オケを指揮したブルックナー第5・第7のライヴ(ステレオ)とカップリングで3枚組というのを入手した。

第38番「プラハ」----ウィーン・フィル

DG。1955年11月6日、ムジークフェラインでのライヴ。
ウィーン・フィル150周年記念CD。同日のマーラー第4とのカップリング。
2004年、Altus ALT 079でも発売された。(第40番とカップリング。下記参照。)

第39番----BBC交響楽団

1934年録音。Columbia SP。
はじめIRON NEEDLEレーベルの復刻で入手したが、2001年に「opus蔵」レーベルの復刻を入手。
大変な名演である。前年にナチス政権が成立して、ドイツを追われたワルターがあちこちの客演をこなして歩いているころの録音である。

第39番----ニューヨーク・フィル?

ARBITER。1946年5月26日ライヴ録音。オケの名はPhilharmonic Symphony Orch.と表記されているが、まずNYPと考えてよかろう。同日演奏の「レオノーレ」序曲第3番モーツァルトのヴァイオリン協奏曲第4番(フーベルマン)、および1939年のNBC交響楽団とのベートーヴェン第1がカップリングされている。

第40番----ベルリン国立歌劇場管弦楽団

1929年録音。Columbia SP。
はじめIRON NEEDLEレーベルの復刻で入手したが、2001年に「opus蔵」レーベルの復刻を入手。
宇野功芳氏は「不健康で孤独な演奏」と評されている。(その点で、下のフルトヴェングラーの演奏と共通する何かがある。)
BPOとこの曲の終楽章を振っているのが「世界の指揮者大演奏会」というLDになっている(コンサートマスターがシモン・ゴルトベルク)のと同じ頃のものである。

第40番----ベルリン・フィル

TAHRA。TAH 452。1950年9月25日、ティタニア・パラストでのライヴ録音。
同日演奏のブラームス第2番とカップリング。存在は知っていながら、なかなか入手できなかったものである。TAHRAレーベル10周年記念のリリースである。音質・演奏とも良い。

第40番&第25番----ウィーン・フィル

SONY国内盤。25DC5196。
 第40番は、1952年5月18日,ムジークフェラインでのライヴ録音。
あの旋律にポルタメントをかけた大トロの演奏。この曲の「旋律重視」の演奏の極致である。
 第25番は、1956年7月26日,ザルツブルクでのライヴ録音。
NYPとの録音と比べて思い入れが激しい。この録音は、Orfeoから同日演奏された「レクイエム」とのカップリングでも出ているが、音は断然ソニー国内盤のほうがいい。
なおここで、この日のコンサートだけでなく、この年(モーツァルト生誕200年)の音楽祭の多くを聴いた、植村攻氏の著書「巨匠たちの音、巨匠たちの姿」(東京創元社)の一読をおすすめしておきたい。

第40番----ウィーン・フィル

TAHRA。TAH 508/9。1952年5月17日、すなわち上記SONY盤の前日のライヴであり、演奏もそっくりである。
17・18日と連続でワルターは、この曲と「大地の歌」というプログラムで演奏会を行っており、これと同じ17日の「大地の歌」はTAHRAからCD化されている。(その前の14〜16日にかけてDECCA盤「大地の歌」をスタジオ録音している。)

第40番----ウィーン・フィル

Altus。ALT 079。1956年6月24日、ムジークフェラインでのライヴ録音。
上2つから4年後だが、やはりポルタメント付きである。しかし全体としての印象は若干トロみが軽減され、聞きやすくなっている。
上記55年「プラハ」とカップリング。

第41番「ジュピター」----ウィーン・フィル

1938年1月11日(マーラー第9ライヴの5日前!)の録音。Columbia SP。
新星堂による復刻SGR2001/3、「opus蔵」レーベルの復刻、に続き2002年にANDANTE-1982も入手。
1933年にドイツを追われ数年間の客演生活の後、1936年にウィーンに一時落ち着いて「田園」「未完成」などやこのモーツァルトなどの名盤を録音した。


ヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮

第39番----ベルリン・フィル

DG。1944年2月8日、ベルリン国立歌劇場でのライヴ。モスクワからの返還されたマグネットフォン録音からのCD化。

第39番----ベルリン・フィル

DG。1942〜43年放送用録音。録音日は特定不可能とされている。上記の返還テープCD化以前は、こちらがLPとして出回っていたものである。
2004年、没後50周年記念6枚組ORIGINAL MASTERSシリーズ477 006-2で初めて入手した。

第40番----ウィーン・フィル

EMI。1948年スタジオ録音。
私が初めて聴いたフルトヴェングラーのレコードである。
速い速いといわれていたが、オリジナル楽器派の演奏が主流になった今、その先見性が改めて評価されるべきであろう。
「未完成」とカップリングReferenceシリーズ輸入盤(写真左、譲渡済み)で長く聴いてきた。
2000年3月、ART処理されたReferenceシリーズ輸入盤CHS5 66770 2(3CD、写真右)で、ウィーン・フィルのスタジオ録音集を入手。2002年にはANDANTE-1982も入手。
2011年1月、フルトヴェングラー生誕125周年でSACD化された。

第40番----ウィーン・フィル

TAHRA。FURT 1014/5。1944年6月,ライヴ録音。
新発見の1939年9月の「運命」他とのカップリングで2枚組。
しかし、非フルトヴェングラー(以前に非フルトヴェングラーと断定された録音と同一)という説も出ているようである(Shin-p氏orooro氏のサイト参照)。基本テンポはフルトヴェングラー的だが、冒頭でワルターほどでないにしてもポルタメントがかかっている(しかしテンポは崩れていない)あたりが疑われているようだ。「新世界」のように、かなりホンモノらしさがあっても結局アウト!だった例もあるから予断を許さない。

第40番----ベルリン・フィル

TAHRA。FURT 1021/2。ヴィースバーデンでの1949年6月10日ライヴ。
EMI盤とくらべるとやや重い上、第1楽章で何人かのヴァイオリン奏者が弾きまちがえている。
同日のブラームス第4番などとのカップリング。


アルトゥーロ・トスカニーニ指揮

第35番「ハフナー」----ニューヨーク・フィル

RCA。1929年録音。
NYP録音集として国内盤では3枚組セットだったが、輸入盤では1枚ずつ買える。
この曲は、ハイドン変奏曲、ジークフリート牧歌とカップリング。

第35番「ハフナー」----BBC交響楽団

BBC LEGENDS。BBCL 4016-2。1935年6月14日、クイーンズ・ホールでのライヴ録音。
カップリングは、ベートーヴェンの第7番&ミサ・ソレムニスなどである。

第39,40,41番「ジュピター」----NBC交響楽団

RCA。09026-60285-2。
第39番は1948年3月6日、8HスタジオでのNBC放送録音。
「ジュピター」は1945年6月22日に第1・3・4楽章、第2楽章は1946年3月11日録音。(於カーネギーホール)
以上2曲はこれが唯一の録音と思われる。
第40番は1938年3月7日&1939年2月27日録音(8Hスタジオ)。SP時代の名盤として知られていたものである。NBC響との“初録音”だが、第2楽章のみ39年に再録音したため“最初の発売レコード”にはなれなかった。
「ジュピター」は2002年発売のANDANTE-1982にも収録されている。
2003年にopus蔵から「第40番&ジュピター」が復刻されたのを入手。ノイズカットが最小限に抑えられ、弦の生々しい響きがすばらしい。

第40番----NBC交響楽団

RCA。1950年3月12日、8Hスタジオ録音。
この演奏は、38年盤と違ってワルターのように旋律を歌っている。
トスカニーニ・コレクション・シリーズでは53年録音の「英雄」とのカップリング(写真左、譲渡済み)。
99年4月、UV22 Super CD Encordingリマスター輸入盤2枚組74321-59481-2を入手(写真右)。こちらは音質改善の上、カップリングが「新世界」「驚愕」「ライン」、ケルビーニの交響曲、といったお買い得盤である。

第40番----NBC交響楽団

東芝EMI。NBC。1948年12月4日、8HスタジオでのTVコンサートのライヴ録音。DVD


カール・シューリヒト指揮

第41番「ジュピター」&第38番「プラハ」----ウィーン・フィル

EMIザルツブルク・エディション。1960年8月14日、ザルツブルク音楽祭ライヴ。
コンサートホール原盤のステレオ録音(パリ・オペラ座管弦楽団)とは比べものにならないほど良い。

第35番「ハフナー」----ウィーン・フィル

アルヒフォン。1956年12月10日、国連総会議場でのライヴ録音。
同日演奏されたベートーヴェン第7番とのカップリング。DECCAのステレオ録音盤よりも良い。


カール・ベーム指揮

アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団----第39、40、41番

PHILIPS。1955年9月録音。96KHz-24bitリマスター、1CD。
ベームがコンセルトヘボウを指揮したほとんど唯一のレコードではなかろうか。(正確なデータは持っていないが)
この時期のベームは、1954年にウィーン国立歌劇場監督の座にほぼ10年ぶりに返り咲き(その前は43〜45年の戦争末期)、この録音の2ヶ月後の11月5日には「フィデリオ」で再建なった国立歌劇場こけら落とし公演を成功させている。ベーム全盛期と言っても良い時期である。
しかし一方で、壮年期をナチス時代に閉じこめられていた彼にとって、戦後になっての国際的な名声と活動の場も大切であった。この録音はそうした彼の当時の活動を記録したものである。(ところがこうした活動が「ウィーンを留守にしすぎる」と反対派から言いがかりをつけられる理由になってしまったのである。)

ウィーン・フィル----第25番

EMI。新星堂「ウィーン・フィルによるモーツァルト録音集」3枚組SGR2001/3に収録。
録音年が「1940年頃」と書いてある。(宇野功芳氏の解説中には「1949年頃」ともあるが間違いであろう。)戦時中、ベームがウィーン・フィルの監督を務めていたのは1943〜45年にかけてのことである。


ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮

トリノRAI交響楽団----「ハフナー」、第40番、「ジュピター」

DG。ポリドールSP録音復刻イタリア盤。1942年10月録音。
このオケで同時にロッシーニ「セミラーミデ」序曲、ヴェルディ「椿姫」第1幕・第3幕前奏曲を録音している。

ウィーン・フィル----第39番

EMI。1949年録音。ART処理された輸入盤。
フィガロ序曲、アイネ・クライネクラリネット協奏曲(ヴラッハ!)とのカップリング。

フィルハーモニア管弦楽団----第39番

INTERNATIONALE STIFTUNG MOZARTEUM SALZBURG。
1956年1月28日生誕200周年の翌日のモーツァルテウムにおけるモーツァルト週間ライヴである。
同日演奏のハスキルとのピアノ協奏曲第20番とカップリング。

ベルリン・フィル----第41番「ジュピター」

audite。1956年1月21日、ゲマインデハウスにおけるRIAS放送録音。
終楽章がかなり速いため、アンサンブルが崩れるギリギリのところで踏みとどまっている。
カップリングは同日演奏のPC第20番(ケンプ)。2008年リリース。


エーリヒ・クライバー指揮

ウィーン・フィル----第38番「プラハ」

PREISER 90115。SP復刻。1929年HMV録音。
クライバー及びジョージ・セル指揮のウィンナ・ワルツが数曲カップリングされている。そのうちクライバー指揮のヨハン・シュトラウス「仲良しのワルツ」は、下のEMIGREAT CONDUCTORS OF THE 20TH CENTIRYシリーズ2枚組にも収録されている。

ベルリン国立歌劇場管弦楽団----第39番

ANDANTE。ANDANTE-1982。1927年11月28日、HMV録音。
クライバーが国立歌劇場監督をしていた黄金の20年代後半の録音である。電気録音初期だがしっかりした音質である。

ケルン放送交響楽団----第39番

DECCA。1956年1月20日、ケルン、コンツェルトザールでの録音。
同日録音の「4つのドイツ舞曲」などとともに、2004年に出たクライバーのDECCAへのベートーヴェン等録音集6枚組475 6080に収録されている。きちんとした音源からのCD化で音質も良い。

ロンドン・フィル----第40番

DECCA。1949年4月25日録音。
ベートーヴェン「第7」(1950年,ACO)とのカップリングの単品は手放した。
2002年春、EMIから発売されたIMG Artistレーベルで他社の音源も含めたGREAT CONDUCTORS OF THE 20TH CENTIRYシリーズ2枚組(左)にも収録されている。
さらに上記ベートーヴェン等録音集6枚組475 6080にも収録されている(右)。


その他の指揮者

フェリックス・ヴァインガルトナー指揮ロンドン・フィル

EMI。第39番のみ。1940年2月26日録音。
GREAT CONDUCTORS OF THE 20TH CENTURYシリーズ2枚組に、Paul Bailyによるリマスターで収録されている。

トマス・ビーチャム指揮ロンドン・フィル

DUTTON。コロンビアSPの復刻。1934〜40年録音。
後期6大交響曲&第29,31,34番。分売3枚。
以前に、EMI Reference シリーズ輸入盤も出ていたと記憶している。
第40番は2002年発売のANDANTE-1982にも収録されている。

クレメンス・クラウス指揮ブレーメン・フィル

TAHRA。TAH 455。1952年3月13日、グロッケンザールでのライヴ録音。第41番「ジュピター」
クラウスといえばウィーン風=優雅と思いがちだが、全然違う。テンポは速すぎるくらいだ。しかし容赦がない、という印象になる一歩手前で何とか収まっている。
同日演奏のブラームス第1番とカップリング。

ジョージ・セル指揮北ドイツ放送交響楽団

EMI。1959年5月25日、ムジークハレでのライヴ録音。第40番
鮮明な音質である。当CDの欧文ライナーの年表にセルとNDRとの関係が一言も触れられていないところを見ると、この共演が唯一の機会だったのではなかろうか。しかしカップリングのブラームス第4番ともども、セルらしい透明感は十分感じられる。

オットー・クレンペラー指揮ベルリン・フィル

TESTAMENT。1964年5月31日、フィルハーモニーにおけるライヴ録音。第29番
DeutschlandRadio原盤。ステレオでないのが残念であるが、音質は良い。
同日演奏された「田園」、管弦楽組曲第3番の他、「田園」のリハーサル風景も収録されている。

ジョン・バルビローリ指揮ハレ管弦楽団

BBC LEGENDS。1962年9月14日、BBCスタジオでのライヴ。第40番
カップリングの「未完成」ともども、丁寧な音の作りである。

リヒャルト・シュトラウス指揮シュターツカペレ・ベルリン

DG。第40&41番。1927年録音。
「魔笛」序曲とカップリング。第40番は2002年発売のANDANTE-1982にも収録されている。

フェリックス・ヴァインガルトナー指揮ロイヤル・フィル

ANDANTE。ANDANTE-1982。1928年4月12日、Columbia録音。第39番

フリッツ・ブッシュ指揮デンマーク放送交響楽団

EMI(IMG Artists)。1949年11月7日録音。第36番「リンツ」
GREAT CONDUCTORS OF THE 20TH CENTIRYシリーズ2枚組に収録。
グラインドボーンでモーツァルトのオペラの名演を残したブッシュの貴重な交響曲録音である。

ハンス・クナッパーツブッシュ指揮シュターツカペレ・ベルリン(39)、ウィーン・フィル(40,41)

プライザー。PREISER 90951。
第39番は1929年SP復刻。第40&41番は、1941年11月9日録音(ライヴ?)。
いずれも、録音・演奏ともにトンデモナイが、クナのモーツァルトの交響曲はここに収録されたものが全てである。

ヨゼフ・クリップス指揮ロンドン交響楽団

ANDANTE。ANDANTE-1982。1947年10月14日、DECCA録音。第39番

フリッツ・ライナー指揮シカゴ交響楽団

RCA。1955年録音。第39&40番「アイネ・クライネ」(1954)とカップリング。

EMI。1954年録音の「リンツ」
GREAT CONDUCTORS OF THE 20TH CENTURYシリーズ輸入盤(写真)。
これも原盤はRCAである。
また「ジュピター」の録音もあるはずなので復活を望む。

フリッツ・ライナー指揮ピッツバーグ交響楽団

ソニー。輸入盤。1946-47年録音。第35,40番
ベートーヴェン第2番とカップリング。

ヘルマン・シェルヒェン指揮シャンゼリゼ劇場管弦楽団

TAHRA。TAH 154。第40&41番。1953年、Ducretet-Thomson(若きヴァントが録音していたレーベル)への録音。
カップリングが「フルートとハープの協奏曲」! 予想に反して(?)、まともな演奏だ。

ヘルマン・シェルヒェン指揮ウィーン交響楽団

TAHRA TAH 283/6。1950〜51年の「Ultraphon,Supraphon」録音集。第29,35,36,40番
「リンツ」の第1&4楽章の復刻に難がある。
ベートーヴェンの第2番・英雄・第4番などとのカップリング4枚組。

エフゲニ・ムラヴィンスキー指揮レニングラード・フィル

ERATO。ムラヴィンスキー12枚組。1972年5月6日、ライヴ。第39番
この曲はステレオのライヴもあったはず。