ブラームス 交響曲第4番ホ短調 作品98


全集第1番第2番第3番


 1882年1月ベルリン(まだ第3番が書かれるより前)、ブラームスはバッハのカンタータ第150番「主よ、わが魂は汝を求め」の終曲合唱「我が苦しみの日々を」をハンス・フォン・ビューローにピアノで弾いて聴かせた。(まだバッハ旧全集出版1884年よりも前に楽譜を入手していたらしい。)4小節のバス主題に基づくシャコンヌである。その時、声楽ではバッハの意図したクライマックスが達成できないのではないか、とビューローが指摘すると、ブラームスは「この主題に基づく交響曲の楽章ならどうか」と述べたという。これがこの曲(の終楽章)に関する最初の記録である。
 2年後の1884年夏にブラームスは最初の2つの楽章を作曲し翌85年夏に残りの2つの楽章を書いて完成させた。マイニンゲン宮廷楽団での初演を、楽長を務めていたビューローの快諾を得たが、それに先だってまずウィーンで2台のピアノ版で試演された。招かれたハンスリック、ハンス・リヒターらの反応は賛否両論で、のちにブラームスの公式の伝記作家となるマックス・カルベックに至っては翌朝にブラームスを訪ね、後半2楽章を別の物に置き換えるよう提案したほどだったという。
 しかし、同10月25日にマイニンゲン宮廷劇場におけるブラームス自身の指揮による初演は大成功で、各楽章ごとに長い拍手がおこり第3楽章はその場でアンコール、全曲終了後マイニンゲン公の求めに応じて第1・第3楽章をもう一度演奏することとなったという。
 翌週にはビューローの指揮でも演奏され、11月からの同楽団の演奏旅行ではドイツとオランダの9都市でブラームスがこの新作を指揮した。しかしいつも成功だったわけでなかったらしい。(以上、インバル盤の森泰彦氏の解説より。なお、マッケラス盤全集の解説には1886年4月2日、マイニンゲン公の誕生日を祝って初演と書かれている。この時にブラームスは弦の人数を増やすことに強く抵抗したという。当時のオケは弦49人だった。)

 大変魅力的な第1楽章の第1主題は一度聴いたら忘れられない。だが上記の通り、第4楽章は交響曲のフィナーレとしては他に例がないパッサカリア(シャコンヌ)形式で書かれており、それがこの曲を難解と感じさせる原因にもなっている。しかし、バッハが好きな人ならこの曲の中に、偉大なるドイツ音楽の歴史を感じることができるだろう。


 この曲はフルトヴェングラーにとどめをさす。
 とにかくこの曲のフルトヴェングラーの演奏は「麻薬」みたいなもので、それに毒されてしまうと、他の演奏を受け付けなくなる。
 というわけで、それ以外の演奏を、となると、いろいろ好みはあろうが、やはり「晩年のブラームスの枯れたイメージ」を表現してくれるものが良い。
 そこで、ワルターのステレオ全集録音か、シューリヒト、ケンペということになる。また、この曲に関しては小澤征爾指揮サイトウ・キネンもたいへんロマン的なうねりがあって良い。
 以下、基本的に全集録音中のものは記載していない。


ヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮

ベルリン・フィル----1943.12.12-15, Live

TAHRA盤(FURT 1034/39)。メロディア盤(MEL-722)。戦時中マグネットフォン録音
メロディア盤には、1942.6.21 という表記がされているが、誤りであろう。
出だしが大変ゆっくりとロマン的に始まるあたりは、48年EMI盤と同様なのであるが、いかんせん、エンジンのかかりが速すぎる。あっという間に阿修羅的になってしまうので、「もう少し粘り腰であってほしい」などと思ってしまう。が、名盤であることは間違いない。

ベルリン・フィル----1948.10.22, ダーレム・ゲマインデハウス、放送用録音

TAHRA。FURT1025。
次のEMIの全集中の録音の2日前のものである。しかし、出来は雲泥の差というべきであり、24日盤が「やりたいことがやりつくされている」のに、この22日盤は「やりたいことはわかるのだが、どうもしっくりいかない感じ」なのである。やはり放送用録音だからか?
なお、カップリングは1954年9月19日のベートーヴェン第1である。(最後のコンサートの前日)

「ティタニア・パラストでのライヴ」という表記は誤りである。この日はコンサートはない。ダーレム・ゲマインデハウスでの練習のはずである。TAHRAのコンサート・リストに「22日」は載っておらず、管弦楽組曲第3番「未完成」・ブラームス第4というプログラムのコンサートは24日が初日で、25,26日と続くのである。要するにこの22日は放送用録音なのだ。

ベルリン・フィル----1948.10.24, TP, Live

EMI全集盤(写真左)。何もいうことはない。決定盤である。
2001年12月に国内盤でART処理されたものがでた。もともと録音はよくないので「焼け石に水」と言ってしまえばミもフタもないが、しかしフォルテでの音の抜けはかなり改善されているようだ。リマスタリング・エンジニアはSimon Gibsonである。カップリングはヴェーバーの序曲3曲。
2004年、没後50年記念で国内盤24bitリマスター盤が出た。リマスタリングはYoshio Okazaki氏であるが、このリマスターは良いと思う。カップリングはハンガリー舞曲3曲である。

没後55周年の2009年にauditeから発売されたRIAS録音集12枚組BOX(21.403)にも収録されている(写真中央)。
2011年1月、フルトヴェングラー生誕125周年でSACD化された。Simon Gibson、Ian JonesARTの技師たちによるリマスタリングである(写真右)。これを入手したので上記国内リマスター盤2種は人に譲った。

ベルリン・フィル----1949.6.10, Wiesbaden, Live

TAHRA。FURT1021/22。
同日のコンサート全曲が2枚組で収録(モーツァルト40番他)。
音はEMI全集盤よりも良いと思う。演奏も冒頭のアウフタクトの長さは全集盤に勝るとも劣らない。ヴィースバーデンは長くシューリヒトが監督をしていた街である。

ウィーン・フィル----1950.8.15, Salzburg, Live

ORFEO。C525 991B(単売)。没後50年の2004年にザルツブルク録音集8枚組C409 048Lに買い換えた(写真)。この曲では唯一のVPOとの録音である。
ロマン的解釈が徹底された「名演」だが、徹底されているだけに「あやうさ」に欠ける。この辺のさじ加減が難しいところである。(なんとなく安定してしまう、というパターンはVPOとの演奏にありがちだ。)


ハンス・クナッパーツブッシュ指揮

ブレーメン・フィル---1952年12月12日、グロッケンザール、ライヴ

TAHRA。TAH 216。12:19,11:20,6:37,10:07。
ラジオ・ブレーメンの正規音源を使用。同日のベートーヴェン第2とカップリング。
深い呼吸で、ぶよぶよとした巨大な化け物のような感触の演奏。

ケルン放送交響楽団----1953年5月8日、ケルン放送局、ライヴ

ORFEO。C723 071B。12:51,11:41,6:55,9:53。
WDRの正規音源からようやく発売された。
同日の「ジークフリート牧歌」も収録(写真左)。
全集ページのGolden Melodram盤に収録されているのも同じ演奏。
ORIGINALSという海賊盤レーベルで、BPOとの「運命」とカップリングでも持っている(写真右)。

以前、国内盤(K30Y267)で、同オケとの「57年録音」も出ていた。しかし、上のGolden Melodram盤のタワーレコードの広告では「(第4は)ファンの間で語り草になっていた名演」とあるので、もしかしたらその国内盤の表記が誤っていた可能性もある。他に「55年録音」というのも出ているらしく、どうもクナ&ケルン放送響の第4はデータが混乱していたようだが、ORFEO盤のリリースでそれも全て解決か。


アルトゥーロ・トスカニーニ指揮

BBC交響楽団

EMI。1935年6月3,5日、クイーンズホールでのライヴ。
戦前のBBCに客演した際の、HMVによる一連の録音の1つ。

フィルハーモニア管弦楽団

TESTAMENT。ブラームス・チクルス2枚組。
1952年10月1日、ロイヤル・アルバート・ホール、ライヴ。
終楽章で、何者かが客席で爆竹を鳴らすという大ハプニング(その他、このチクルス・セットについては全集ページ参照)。
11:29, 10:38, 6:16, 10:00。

NBC交響楽団

EMI(IMG Artists)。GREAT CONDUCTORS OF THE 20TH CENTURYシリーズ輸入盤。
1948年11月7日、8Hスタジオでのライヴ録音。
全集収録の51年盤より若干ゆったりしたテンポで、11:41, 10:48, 6:07, 9:28。

NBC交響楽団

RCA。全集収録盤。1951年12月3日、カーネギー・ホールでの録音。
10:53, 10:17, 6:07, 9:04。


ブルーノ・ワルター指揮

BBC交響楽団

KOCH。1934年5月21日、HMVによるSP録音の復刻。VPOとの第3番とカップリング。
ワルターがナチスによってドイツを追われて、36年にVPOに復帰するまでの間、あちこち客演してまわっていた頃の録音である。
2002年1月、「opus蔵」レーベルの復刻も入手。こちらは「ジュピター」とカップリングである。

コロンビア交響楽団

SONY。1959年2月、ステレオ録音全集。12:58, 11:45, 6:26, 11:20。
シューリヒトと並ぶステレオ初期の名盤。私の好みとしては終楽章にもう少し厳しさが欲しいが。
2009年、SACD国内盤を入手した(写真)。


カール・シューリヒト指揮

ウィーン・フィル

Altus。1965年4月24日、ムジークフェラインでのライヴ(ORF音源)、モノラル録音。
こんな名演の録音が残っていたとは! 特に終楽章が素晴らしい。
カップリングのシューベルト第5番も生き生きとしている。

バイエルン放送交響楽団

コンサートホール原盤。1961年9月、ステレオ録音。
ACCディスク大賞(1963年)受賞盤。
12:14, 10:34, 6:02, 10:11。
これも渋い演奏だが、第3番のブラックコーヒーみたいな演奏と比べると、やや親しみやすい。
国内盤は日本コロンビア発売。その後、ADES輸入盤で長く聴いてきた(写真左)。いずれも同時期録音の「悲劇的序曲」とカップリングである。
2003年初頭、SCRIBENDUMから同ソサエティへの録音集10枚組が発売されたのも入手した(写真中央)。こちらはイアン・ジョーンズがEMIのARTシステムによるリマスターを施し音質が改善されている。
さらに2005年、SCRIBENDUM盤に収録されなかった第3番とカップリングでAges輸入盤509-002-2が出た(写真右)。これもまろやかな音質で聴きやすい。


カルロス・クライバー指揮

ウィーン・フィル

DG。OIBP化(写真左)。1980年録音。
とくに何も言う必要はない有名な演奏。「運命」の録音のような推進力と硬質な弾力性はクライバーならではである。そこがまた、評価の分かれるところであろう。老荘的な演奏を期待する人にとっては趣味に合わないかもしれない。しかし、この推進力はフルトヴェングラーの演奏にも通ずるものであり、決して伝統に反するものではない。
 2012年、高級オーディオメーカーESOTERIC社によるSACD Hybrid盤も入手した(写真中央)。
当盤は演奏の素晴らしさから、今まであまり録音について云々されることがなかったが、この盤を聴いて、やはりデジタル録音初期の限界というものがあると思わされた。というのも同じクライバーの「未完成」もESOTERIC社のSACDで入手したのだが、アナログ最後期のそちらのほうが音に厚みがあるのである。このブラ4と同じ1980年録音のEMIによるカラヤンのシベリウス第2番ほど酷くはないが、やはりこのブラ4も大元のデジタル録音に入っている情報量のきめが粗いのだと思う。
2014年、クライバーがDGに録音した全交響曲録音がセットでBlu-ray-audio Discになった(写真右)。

バイエルン国立管弦楽団

DG。DVD。1996年10月21日、ヘルクレス・ザールでのライヴ収録。
上のウィーン・フィル盤はもとより、5年前の第2番と比べても演奏スタイルが全く違う。ここでのクライバーは、かなり静的な指揮ぶりである。髪も薄くなり、やや太ったようにも見える。時々父親のエーリヒにそっくりに見える瞬間があるのは驚きだ。
同日の「コリオラン序曲」、モーツァルト33番とカップリング。彼の死後に発売された。5.1チャンネル・サラウンドにも切り替えられる。


セルジュ・チェリビダッケ指揮

以下の他に、全集のページに記したシュトゥットガルト、ミュンヘンの演奏がある。

ベルリン・フィル

TAHRA。TAH271。1945年11月18日、帝国放送局でのモノラル録音。
翌46年11月20日の「レオノーレ第3番」とのカップリング。
チェリビダッケが戦後まもなくベルリン・フィルの指揮者となったばかりの頃の歴史的録音である。

ミュンヘン・フィル

Altus。1986年10月15日、東京文化会館でのライヴ。
同日の「死と変容」他とカップリングで2007年発売。
このコンビによる初来日時のライヴで、FM東京が放送用に録音したものである。この曲のリハーサル風景も収録されている。
EMIからチェリ・エディションを発売する際に、このコンビでのこの曲の最高の名演としてミュンヘン・フィル団員はこの演奏を指名したらしい。その時はFM東京のテープを探したが見つからず、EMIはセカンドチョイスの演奏(85年)を収録した。しかし2007年にAltusからこの年の来日公演を3点CD化するにあたり、この曲もテープが発見され、めでたくこうして発売されたものである。

フランス国立放送管弦楽団

Altus。1974年10月23日、シャンゼリゼ劇場でのステレオ・ライヴ録音。
同じフランス国立放送でのシリーズのベートーヴェン第7と同じく、ところどころかけ声が聞こえるが、ベートーヴェンほどしょっちゅうというわけではない。ちゃんとこの曲の静謐さを聴かせる演奏になっている。
カップリングは同日のルーセルの交響曲第3番。


モノラル録音

ヴィクトル・デ・サバタ指揮ベルリン・フィル

DG。1939年録音SP復刻だが、充分鑑賞に耐える。吉田秀和氏も「世界の指揮者」で絶賛。

ヨゼフ・クリップス指揮ロンドン交響楽団

DECCA。1950年録音。
オーストラリア盤ELOQUENCEシリーズ2枚組で、ウィーン・フィルとのブラームス第1、ロンドン響とのシューマン第1第4とカップリング。この3曲はステレオ録音である。

ジョージ・セル指揮北ドイツ放送交響楽団

EMI。1959年5月25日、ムジークハレでのライヴ録音。
鮮明な音質である。当CDの欧文ライナーの年表にセルとNDRとの関係が一言も触れられていないところを見ると、この共演が唯一の機会だったのではなかろうか。しかしカップリングのモーツァルト第40番ともども、セルらしい透明感は十分感じられる。

ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮ウィーン・フィル

NHK。DVD。1959年11月6日、日比谷公会堂におけるライヴ収録。モノラル。
第1番の項で記した通り「キネレコ」による映像収録で、第4楽章の2分間が欠けていて静止画像である。


ステレオ録音

サイモン・ラトル指揮ベルリン・フィル

EuroArts。Blu-ray。2007年5月1日、ヨーロッパ・コンサートのライヴ。
ベルリン・フィル創立125周年という節目の年のため、会場はベルリンの街外れにある19世紀に建設されたケーブル工場「カーベルヴェルク・オーバーシュプレー」。むき出しの鉄骨が独特の力強い雰囲気を醸し出すこの場所は、音響が意外に良いとのこと。
プログラムは、「パルジファル」前奏曲、ブラームス二重協奏曲、そしてこの第4である。

ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮フィルハーモニア管

EMI。1955年5月、ステレオ録音。ART処理輸入盤。
スッキリさわやか過ぎる演奏だ。そのためイマイチ食い足りないと感じるのは、ステレオ最初期の音の薄さのせいだろうか。(「ばらの騎士」全曲盤もこんな感じなんだよなぁ。)
57年モノラル録音のベルリン・フィルとのシューマン第4とカップリング。

ダニエル・ハーディング指揮ドイツ・カンマーフィルハーモニー・ブレーメン

Virgin。2000年11月録音。
2001年秋に、第3番とのカップリングで発売された。全集になることを望み全集ページに記載していたが、どうもその気配がないのでこちらに記載を変更した。この第4番は、第1楽章のフレージングのしなやかさが小型編成ならではである。
ハーディングとこのオケについては、ベートーヴェン序曲集のところに詳しく書いておいた。

オイゲン・ヨッフム指揮コンセルトヘボウ管

TAHRA。ヨッフム生誕100年記念の4枚組TAH 474/7。1976年1月17日、ライヴ。
EMIにロンドン・フィルと全集録音(その第4も素晴らしい!)を行った年のライヴ録音ということになる。大変素晴らしい演奏なのだが、困ったことがひとつある。第3楽章がおわった後もトラックが切れておらず、第4楽章の途中のホルンで始まる変奏から次のトラックになっているのだ。(表記も第3楽章が12:12、第4楽章が4:11などとなっている。実際は第3トラックの6:03からが第4楽章である。)

カルロ・マリア・ジュリーニ指揮シカゴ交響楽団

EMI。1971年録音。
下のウィーン・フィル盤が、遅すぎで聴くに堪えない、という人は迷わずこちらを選ぶべきである。
2004年、まずジュリーニ&シカゴ響録音集4枚組輸入盤という形で出た。これには「巨人」やブル9といった名演がカップリングされている。
その直後GREAT RECORDINGS OF THE CENTURYシリーズART処理輸入盤も出たのでこれもGET。こちらはフィルハーモニア管との悲劇的序曲、ハイドン変奏曲がカップリングされている。

カルロ・マリア・ジュリーニ指揮ウィーン・フィル

DG。1989年録音。最晩年のジュリーニの超スローテンポ。
演奏は緊張感を保っているが、私には、ちょっと限度を超えているように思われる。

ルドルフ・ケンペ指揮ロイヤル・フィル

EMI。1960年録音。TESTAMENT12枚組SBT12 1281に収録。
ケンペはこれより先にベルリン・フィルと、70年代にはミュンヘン・フィルと2種類の全集を残しているが、このロイヤル・フィルとの第4は単独の録音である。

イーゴリ・マルケヴィチ指揮ラムルー管弦楽団

DG。1958年録音。
オケの音色が華やかであるが、それがマイナスにはならず、逆に指揮の厳しさをひきたたせているように感じる。

イーゴリ・マルケヴィチ指揮日本フィル

フジテレビ。DVD。1968年3月21日、東京文化会館ライヴ。ステレオ。
「春の祭典」とは異なり複雑なバトンテクニックは不要だが、終始、鋭い眼光で楽員を見渡しながらの指揮ぶりは凄い(最晩年にN響に客演した時の「悲愴」「展覧会の絵」も同じ)。特にこの曲では終楽章の8つの音からなる主題の打ち込みが強烈なのが印象的。

ミヒャエル・ギーレン指揮南西ドイツ放送交響楽団

インターコード。1989年録音。
二重協奏曲とのカップリング。ベートーヴェンは全集を出したが、ブラームスの交響曲はこれ1曲だけのようだ。
...と書いていたが、ヘンスラーから分売3枚で全集が出た。しかし第4番はこれと同一録音である。

ヘルベルト・ブロムシュテット指揮ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団

DECCA。1996年録音。
ブロムシュテットは、1998年秋からゲヴァントハウス楽長に就任する。しかし、名門復活まではまだまだ時間がかかりそうな気配が感じられる録音だ。演奏事態は悪くないが、弦が依然として非力である。DECCAの録音に救われている。
カップリングは、ライプツィヒMDR合唱団(以前のライプツィヒ放送合唱団、MDR=中部ドイツ放送)を指揮しての無伴奏合唱曲、
2つのモテット作品74-1、3つのモテット作品110、「祭典と記念の格言」作品109
というのは珍しい。

スタニスラフ・スクロヴァチェフスキ指揮ハレ管弦楽団

CARLTON。1987年録音。
うねりがあって良い。これでもっとオケの性能が良ければ素晴らしかったのだが。

フリッツ・ライナー指揮ロイヤル・フィル

1962年10月録音。米国「リーダーズ・ダイジェスト」誌の通信販売用世界名曲全集の1枚として録音されたものである。
CDは以前CHESKYレーベルで出ていたが、今はRCA国内盤でCSOとの第3番とカップリングで出ており、私もそれを持っている。
ライナー自身、1963年の死の1ヵ月前に自宅でこのレコードを聴いて、「これは私が今まで録音したレコードの中で最も美しい演奏だ」と語ったという。

フランツ・コンヴィチュニー指揮シュターツカペレ・ベルリン

WEITBLICK。1960年10月28日、ウンター・デン・リンデンの国立歌劇場でのライヴ。
入手直後に、ここに酷評を書いてしまったが、それは「ベートーヴェン全集」で聴けるようなコンヴィチュニーを期待していたからであった。しかし、そういう先入観・期待抜きに改めて聴き直してみれば、なかなかロマン的で良い演奏である。クナッパーツブッシュの演奏と比べれば、あれよりは締まりがある名演というべきであった。
 これはベルリンの壁ができる前年の演奏だ。山崎浩太郎氏による「レコ芸」2000年9月号の当シリーズの解説記事によれば、壁ができる前はこのオケの団員の7割は西ベルリンに住んでいて、そこから東の国立歌劇場に通っていたらしい。(この直前10月17-21日に、西ベルリン地区のグリューネヴァルト教会でベルリン国立歌劇場と「タンホイザー」全曲をEMIエレクトローラに録音している。)

レオポルド・ストコフスキ指揮ニューフィルハーモニア

BBC。1974年5月4日、ロイヤル・アルバート・ホールでのライヴ。
ストコフスキのロンドン最後のコンサートであった。

ピアノ連弾版

デュオ・クロムランク

claves。1982年11月、オランダでの録音。
フランス人のパトリック・クロムランクとその夫人の桑名妙子によるピアノ・デュオ。
第1番とのカップリング。作曲家自身による版である。