ブラームスの合唱曲

ドイツ・レクイエムモテット


アルト・ラプソディ

 アルトのソロと、男声合唱による曲である。交響曲全集に序曲などと並んでカップリングされている場合が多い

アンドリス・ネルソンス指揮ルツェルン祝祭管弦楽団、サラ・ミンガルド

2014年8月15,16日、KKLコンサートホールでの音楽祭ライヴ。Blu-ray
この年1月20日に亡くなったアバドの追悼演奏会を振ったネルソンスが、アバドのいない音楽祭を指揮してのブラームス・プログラム。
セレナーデ第2番、アルト・ラプソディ、交響曲第2番、というプログラムはもともとアバドが振る予定だったものである。

エーリク・トゥクセン指揮オスロ・フィル&合唱団、カスリーン・フェリアー

APR。1949年モノラル録音。
バルビローリ指揮ハレ管との「大地の歌」とカップリング。

フェレンツ・フリッチャイ指揮ベルリン放送交響楽団、モーリン・フォレスター、RIAS室内合唱団

DG。輸入盤445 407-2。1957年モノラル録音。ウィーン・フィルとの第2とカップリング。

エドゥアルド・ヴァン・ベイヌム指揮コンセルトヘボウ管弦楽団、アーフェ・ヘイニス、ロイヤル男声合唱団「アポロ」

PHILIPS。1958年2月モノラル録音。
2001年6月、96KHz-24bitリマスター国内盤で第4番とカップリングで発売された。

ハンス・クナッパーツブッシュ指揮ウィーン・フィル、ルクレティア・ウェスト、ウィーン・アカデミー合唱団

DECCA。1957年録音。96kHz-24bitリマスター輸入盤。
「ハイドン変奏曲」「悲劇的序曲」「大学祝典序曲」、および「ジークフリート牧歌」とカップリングのお買い得盤である。

オットー・クレンペラー指揮フィルハーモニア管弦楽団、クリスタ・ルートヴィヒ

EMI。1962年録音。ART処理された輸入盤交響曲全集(分売)に含まれる。

ヘレン・ワッツ、エルネスト・アンセルメ指揮スイス・ロマンド管弦楽団

DECCA。1965年10月録音。
2008年、オーストラリアELOQUENCE盤「Ansermet Decca Legacy」シリーズで初の国際販売CD。交響曲全集、ドイツ・レクイエムとカップリング4枚組。

エイドリアン・ボールト指揮ロンドン・フィル、ジャネット・ベイカー、ジョン・オールディス合唱団

EMI。1970年録音。forte輸入盤2枚組の管弦楽曲集に含まれる。
なおDISKY盤交響曲全集にも収録されているが、オケが「ロンドン響」と誤記されている。

クラウディオ・アバド指揮ベルリン・フィル、マルヤナ・リポヴシェク、エルンスト・ゼンフ合唱団

DG。1988年録音。交響曲全集第1弾となった第2番とカップリング。

カール・ベーム指揮ウィーン・フィル、クリスタ・ルートヴィヒ、楽友協会合唱団

DG。1976年録音。交響曲全集に収録。
合唱が楽友協会というのはベームにしては珍しい。

ジェイムズ・レヴァイン指揮ウィーン・フィル、アンネ・ゾフィー・オッター、シェーンベルク合唱団

DG。1992年。交響曲全集に収録。


その他の合唱曲

クラウディオ・アバド指揮ベルリン・フィル

DG。交響曲全集と並行して
「運命の女神の歌op.89」ベルリン放送合唱団----第1番とカップリング。1990年録音。
「運命の歌op.54」エルンスト・ゼンフ合唱団----第3番とカップリング。1989年録音。
「悲歌op.82」ベルリン放送合唱団----第4番とカップリング。1990年録音。
の3曲を録音している。いずれも合唱団が優秀である。

アルトゥーロ・トスカニーニ指揮NBC交響楽団、ロバート・ショウ合唱団

RCA。交響曲全集BOX(分売では第4番)に収録。
1948年11月27日録音の「運命の女神の歌op.89」
1948年11月13日録音のワルツ集「愛の歌」op.52(ピアノ2台の伴奏、合唱16人)