フィリップ・ヘレヴェッヘ

 1947年、ベルギーのヘント(ガン)に医師の子に生まれ、少年聖歌隊で歌う。大学では医学・精神医学を専攻。しかしヘント音楽院でオルガンとチェンバロも学ぶ。(名前の読み方についてはインタビュー記事冒頭参照
 古楽器派の中でも驚異的なレパートリーの広さをほこり、それらに応じて別々の団体を組織している。演奏の完成度の高さでも最高級である。

コレギウム・ヴォカーレ・ヘント(orch,cho)

 もともとはヘレヴェッヘが20歳の時に結成した声楽アンサンブルに始まる。レオンハルト指揮のバッハのカンタータ録音に共演して頭角をあらわした。
 しかしこの団体もオーケストラを持っており、バッハのカンタータ「ロ短調ミサ」「マタイ受難曲」(新録音)を、コレギウム・ヴォカーレ単独で行っている。

パリ・シャペル・ロワイヤル(orch,cho)

合唱団だけではジョスカンのモテット集を録音している。またレオンハルト指揮の「ピグマリオン」の録音にも参加している。
オケはバロック時代の古楽器で、フランス・バロックのジルやカンプラの「レクイエム」などの録音が重要だ。しかしヘレヴェッヘは、これらの音楽についてインタビューで「もともとそんなに好きではありません」と答えたりしている。
ドイツもののほうが好きらしく、シュッツ「ムジカリッシェ・エグゼクヴィエン」や、バッハの宗教曲(「マタイ」旧録音など)も多く録音している。

シャンゼリゼ管弦楽団

これは古典派・ロマン派用の古楽器オーケストラである。上2つの合唱団とも共演している。
モーツァルト「レクイエム」ハ短調ミサベートーヴェン「ミサ・ソレムニス」、それに最近出た「第9」もある。
ロマン派もメンデルスゾーンや、ブラームス「ドイツ・レクイエム」もある。

アンサンブル・ミュジック・オブリク

これは、現代楽器の団体である。上の合唱団と共演で、フォーレ「レクイエム」ブルックナーのミサ曲マーラー「大地の歌」の室内オケ編曲版、ヴァイル「ベルリン・レクイエム」などの録音がある。

 アーノンクールやガーディナーなど自ら主催する団体以外に現代楽器のオーケストラとも数多く共演している指揮者はいるが、ヘレヴェッヘのように自ら主催する団体だけでこれだけの種類を揃えている人は他にはいない。