ミヒャエル・ギレーン

(1927〜)

経歴

1927年、ドレスデンに生まれる。父は著名な舞台演出家(「ショルティ自伝」にも名前が出てくる)。
1940年、家族とともにアルゼンチンに移住。ブエノスアイレスで、哲学、ピアノ、音楽理論、作曲を学ぶ。1949年、テアトロ・コロン歌劇場でコーチ(=練習指揮者?)となる。
1950年、ヨーロッパに戻り、ウィーン国立歌劇場の指揮者となりデビュー。
1960年にストックホルム王立歌劇場音楽監督となり、1968年にはベルギー国立管弦楽団首席指揮者となる。1975年までオランダ歌劇場の首席指揮者をつとめた。
1978〜81年にはBBC交響楽団首席客演指揮者、1980〜86年にはシンシナティ交響楽団音楽監督を務めるかたわら、1977〜87年にはフランクフルト歌劇場及びフランクフルト市の音楽総監督でもあった。
1986年、バーデン・バーデンの南西ドイツ放送交響楽団の首席指揮者となった。


 この指揮者との出会いは、インターコード・レーベルの渋い無機質なジャケットに載っているゴツい顔写真による。その顔を見てそのベートーヴェン「運命」のCDを買わずにはいられなかった。一聴して、これは凄い筋金入りの指揮者だと思い、その後、ブルックナー、マーラー、ブラームスなどと買いあさ り、ベートーヴェン全集もバラで1枚発売ごとに買っていった。
 「英雄」の余白に入っていた自作の曲など筋金入りのゲンダイオンガクで、さっぱり理解できないが、それだけにこの人の演奏は、とことんザッハリヒで実に面白い。最近のブーレーズは「軟弱」になってしまったので、デジタル時代のこの線での演奏はギーレンにとどめを刺す、と言っていいだろう。

以下、レーベル別に入手してあるCDを列挙する。(当ページ作成後も多く入手しているが更新できていない。)

インターコード

このレーベルは今はEMI傘下に入ってしまったので、ねずみ色の無機質なジャケット・デザインではなくなってしまった。移行が遅れているのか、ベートーヴェン交響曲全集以外は入手が困難になっているようだ。また下記ヘンスラーから再発売されたものもある(マーラー第7など)。以下全て南西ドイツ放送交響楽団との演奏である。

ソニー
VOX
PHILIPS
ARTE NOVA
WERGO
ヘンスラー(faszination musik)

インターコードがEMIに吸収されて以後は、ギーレンの録音を入手するにはこのレーベルをマークしていかなくてはならない。インターコードからEMIが引き継がなかったものもここから出ているものがある。(マーラー第7など)