サイモン・ラトル

(1955〜)


略歴

リヴァプール生まれ。
1971年、ロンドンの王立音楽アカデミーに入学、指揮を学ぶ。
1974年、ボーンマス交響楽団副指揮者に就任。以後イギリスの主要なオーケストラを指揮。
1977年、ヤナーチェク『利口な牝狐の物語』を指揮してグラインドボーン音楽祭に最年少でデビュー。
1980年、バーミンガム市交響楽団の首席指揮者に就任。1990年には音楽監督に就任。
1994年、30代の若さでナイトに叙された。
2002年、クラウディオ・アバドの後任として、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者兼芸術監督に就任。
一方で、オーセンティックな演奏に対して活動の幅を拡げ、エイジ・オブ・インライトゥメント管弦楽団に客演。
2013年、ベルリン・フィルの首席指揮者を2018年に退任すると発表。
2015年、ロンドン交響楽団は2017年からラトルが音楽監督に就任すると発表。

 ベルリン・フィルは、アバド指揮下でもオーセンティックな演奏に転換していたが、その後任のラトルもまたベルリン・フィル着任の頃にウィーン・フィルと行ったベートーヴェン交響曲全集で、その方面への傾倒を示していた。次が誰になるのか楽しみである。