ヴァーグナー 歌劇「タンホイザー」

付:「ローエングリン」「さまよえるオランダ人」 はこの下


 初演は1845年(初版)だが、1847年に再演された際に改訂を施し「ドレスデン版」が成立した。その後さらに変更が施され、今日では1851年の上演をほぼ再現したものを「ドレスデン版」と呼ぶ。
 1861年に、パリ・オペラ座で上演するために改訂し歌詞もフランス語にされた「パリ版」が成立した。この版の特徴は、序曲から切れ目なくヴェヌスベルクの音楽(バレエの場面)に移行することである。
 この版を歌詞をドイツ語にしてウィーン、ミュンヘンなどで上演された版を、音楽之友社オペラ対訳ライブラリー「タンホイザー」の訳者でヴァーグナー研究の第一人者・高辻知義氏は「パリ版」ではなく「ウィーン版」と呼んで区別している。同書によれば「ウィーン版」は、序曲を終結させたあと8分休符をはさんで幕が上がりバッカナールとなるようだ。ということはハッキリと「パリ版」「ウィーン版」は異なっているわけで、クリュイタンス指揮のバイロイト盤第1幕はその「ウィーン版」ということになる。
 また、「ドレスデン版」と「パリ/ウィーン版」のもう一つの違いは、第2幕の歌合戦でドレスデン版にはあったヴァルター・フォン・デア・フォーゲルヴァイデの出番がパリ/ウィーン版ではカットされているということである。これではヴァルター役が面白くなかろう。案の定、第1幕をパリ版でやっているメータ指揮バイエルン盤LD、ウィーン版でやっているクリュイタンスのバイロイト盤とも、第2幕はドレスデン版で演奏しているのである。果たして完全なパリ/ウィーン版の録音はあるのだろうか?ショルティ盤は「パリ版」初録音とのことだが、どうなっているだろうか?


配役は、タンホイザー、エリーザベト、ヴェーヌス、ヘルマン、ヴォルフラム、ヴァルター

アンドレ・クリュイタンス指揮バイロイト祝祭管弦楽団・合唱団
ヴォルフガング・ヴィントガッセン、グレ・ブルーウェンスティン、ヘルタ・ヴィルフェルト、ヨゼフ・グラインドル、ディートリヒ・フィッシャー・ディースカウ

ORFEO。1955年8月9日、バイロイト音楽祭ライヴ、モノラル録音。
上記解説の通り、第1幕は「ウィーン版」、すなわち序曲はドレスデン版どおり終結しすぐにバッカナールに入る、という形での演奏である。第2幕はドレスデン版。
クリュイタンスの指揮は、バイロイトの常連だったことがよくわかる手慣れたもので、歌手も素晴らしいの一言である。

フランツ・コンヴィチュニー指揮ベルリン国立歌劇場
ハンス・ホップ、エリーザベト・グリュンマー、マリアンネ・シェヒ、ゴットロープ・フリック
ディートリヒ・フィッシャー・ディースカウ、フリッツ・ヴンダーリヒ

EMI。1960年10月17-21日、グリューネヴァルト教会での録音。
ドレスデン版。歌手も凄いメンバーだ。それに何よりも東ドイツを代表する巨匠コンヴィチュニーのオペラ録音ということでも貴重である。
「ドイツ・シャルプラッテンとの共同制作」という記載がないということは、EMIエレクトローラが単独で録音できたということなのだろう。「ベルリンの壁」ができる1年前で、録音場所のグリューネヴァルト教会も西ベルリンにある。
(この直後10月28日のシュターツカペレ・ベルリンとのライヴ録音でブラームス第4がCD化されている。)

オットー・ゲルデス指揮ベルリン・ドイツ・オペラ
ヴォルフガング・ヴィントガッセン、ビルギット・ニルソン(2役)、テオ・アダム、
ディートリヒ・フィッシャー・ディースカウ、ホルスト・ラウベンタール

DG。1968年12月、69年2月、5月録音。
Emil Berliner Studioでのリマスター。ドレスデン版
ゲルデスはDGのプロデューサーでもある。歌手がもの凄い。本来ならショルティがウィーン・フィルとのDECCA録音に起用していそうなメンバーである。ニルソンがヴェーヌスとエリーザベトの2役兼任とは、レコードならではの反則技である。ゲルデスの指揮は、速めのテンポであっさりとしたものである。
(ちなみにショルティのDECCA録音はこの翌年1970年にパリ版初録音として行われた。キャストはルネ・コロ、ヘルガ・デルネシュ他となっている。)

ズービン・メータ指揮バイエルン国立歌劇場
ルネ・コロ、ナディーヌ・セクンデ、ヴァルトラウト・マイヤー
ヤン・ヘンドリク・ロータリング、ベルント・ヴァイクル

PIONEER。LD
第1幕はパリ版での演奏で切れ目無くバッカナールへ。第2幕はドレスデン版。
1994年9月収録。演出デイヴィッド・オールデン。序曲の最初から幕が開いており、ヴェーヌスベルクの場面に至るまで、劇団山城組のようなパントマイムの舞台である。
サヴァリッシュの退任後、空席となっていた同歌劇場の音楽総監督に就任することとなった最近絶好調のメータが、保守的舞台の牙城だったミュンヘンで、結構前衛的な演出でやっている。「人生にくたびれた感じのタンホイザー」「廃墟と化していくゲルマニア・ノストラ=ヴァルトブルク城」という世紀末的演出である。
ヴェーヌスベルクもちっとも楽しそうな場ではない。その後、タンホイザーを迎えるかつての同僚もあまり歓迎しているようには見えない。領主ヘルマンはとことん無表情。第2幕の歌合戦の場面も、ヴェーヌスベルクとあまり変わらない舞台。そこに集う紳士・淑女も第1幕のヴェーヌスベルクでのパントマイムに登場する人物と同じような雰囲気を醸しだしており、なるほど彼らも一皮むけばヴェーヌスベルクの住人のはずなのをとりつくろっているだけなのだな、とわかる仕組みてある。だから、歌合戦の場でのヴォルフラムらの道徳的な歌詞もちっとも説得力がないように響く。にもかかわらず彼の歌は賞賛を受ける。そのギャップにタンホイザーはいらいらして肉欲を歌い、それにエリーザベトも賛意を示すが、2人だけ浮いてしまうのである。もちろん救いもへったくれもない、見ていてどっと疲れるだけの舞台である。確かにこれは真実味はあり、ライヴで見ればOKなのかもしれないが、ビデオディスクで鑑賞する立場から言わせてもらうならば、フィクションはフィクションとしてそれなりに見せて欲しい気がする。


歌劇「ローエングリン」

ハンス・クナッパーツブッシュ指揮バイエルン国立歌劇場
ハンス・ホップ、イングリッド・ビョーナー、アストリッド・ヴァルナイ、ハンス・ギュンター・ネッカー、クルト・ベーメ

ORFEO。1963年9月2日、ミュンヘン、プリンツレゲンテン劇場でのライヴ、モノラル録音。
2015年、バイエルン放送の正規音源から初CD化された。モノラルだが明瞭な音質。歌手たちも粒ぞろいの名演である。この劇場はバイロイト祝祭劇場と同じ設計の劇場で、第2次大戦でバイエルン国立劇場が破壊された後1963年11月に再建こけら落としされるまで、国立劇場の代わりになっていた。クナのこの劇場でのライヴは55年の「マイスタージンガー」がある。

ヴォルデマール・ネルソン指揮バイロイト祝祭管弦楽団・合唱団
ペーター・ホフマン、カラン・アームストロング、エリザベス・コネル、ジークフリート・フォーゲル、レイフ・ロアル

DREAMLIFE国内盤(UNITEL原盤)。DVD。1982年、バイロイトでの収録。
演出:ゲッツ・フリードリヒ、映像監督:ブライアン・ラージ。
イケメンのペーター・ホフマンの勇姿が見られる数少ないディスクである。

ルドルフ・ケンペ指揮ウィーン・フィル・同歌劇場合唱団
ジェス・トーマス、エリーザベト・グリュンマー、クリスタ・ルートヴィヒ、ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ、ゴットロープ・フリック

EMI。GREAT RECORDINGS OF THE CENTURYシリーズ、ART処理輸入盤。1962〜63年録音。
ケンペの残した数少ないオペラ正規録音である。(他に「ナクソス島のアリアドネ」をドレスデンと録音しているぐらいか。他にはバイロイトでの「指環」ライヴがあるはず。)
歌手も非の打ち所がないメンバーである。

ラファエル・クーベリック指揮バイエルン放送交響楽団・合唱団
ジェイムズ・キング,グンドゥラ・ヤノヴィッツ、ギネス・ジョーンズ,トマス・ステュアート,カール・リッダーブッシュ

DG国内盤。1971年録音。歌手もオケの音色も良い。
クーベリックのヴァーグナーは、他に最近発売された「マイスタージンガー」(CALIG)も名演である。

ヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮バイロイト音楽祭(抜粋)

1936年7月19日の音楽祭ライヴ。GRAMMOFONO(AB78515)で初めて聴いた。
のち2005年にARCHIPELからも出た(ARPCD 0284)。こちらは、ハインツ・ティーティエン指揮による8月のテレフンケンへの抜粋録音とカップリングになっている。フルトヴェングラーの録音が残っている曲とかなりだぶっているので、聞き比べができる。
収録曲は、第3幕の前奏曲、婚礼の合唱、快い歌声は消え、ハインリヒ王万歳、はるかな国へ、愛する白鳥よ
フルトヴェングラーの「ローエングリン」上演の記録はこれしかないので貴重である。実にロマン主義的な名演だ。
音質はこの年代にしては驚異的によい、と言うべきである。詳しくはこちらのページ参照。
なお、TAHRAから出た没後50周年3枚組FURT 1090/3には、第1幕前奏曲と「はるかな国へ」が収録されている。TAHRAのディスコグラフィにも「第3幕抜粋」があることは記されているが、第1幕前奏曲の存在は知られていなかったはずである。これが残っているということは全幕の録音が存在している可能性もあるのでは?


歌劇「さまよえるオランダ人」

 この曲には、1839年7月、ヴァーグナー夫妻が小型貨物船でリガからロンドンへ密航しなくてはならなかった際の嵐の体験が影響しているらしい。(高辻知義「ヴァーグナー」岩波新書)

 1991年にヨーロッパ旅行をするにあたり、ミュンヘンの2晩目がサヴァリッシュ指揮のこの曲だったので、カラヤン盤を買って予習した。
 普通は3幕仕立てだが、ミュンヘンでのサヴァリッシュの演奏は「全曲通し、休憩無し!」だったので閉口した。なお、そのサヴァリッシュ指揮の私が見た舞台は、そのままLDになっている。(私が見た半年前の収録)

ヨーゼフ・カイルベルト指揮バイロイト祝祭、ヘルマン・ウーデ、アストリッド・ヴァルナイ、ルートヴィヒ・ヴェーバー、ルドルフ・ルスティヒ

TESTAMENT。1955年8月7,15,19日、ライヴ・ステレオ録音。録音については同年の「指輪」の項参照。驚くべき録音である。

ブルーノ・ヴァイル指揮カペラ・コロニエンシス、ケルンWDR放送合唱団、プラハ室内合唱団
テリエ・ステンスフォルト、アストリッド・ヴェーバー、フランツ・ヨゼフ・ゼーリヒ

DHM。2004年6月13-15日、エッセン・フィルハーモニーにおけるライヴ録音。
この録音の意義は2つある。ピリオド楽器使用による初録音、かつ1841年にヴァーグナーが書いた初稿による世界初録音ということ。(ただしピッチはa'=440Hz)。
初稿に従い、全3幕をひと続きのものとして演奏する。また、物語の舞台は通常のノルウェーではなくスコットランドになっている。よって、人物名も、ゼンタの父ダーラントはドナルド、エリックはジョージ(のドイツ語ゲオルク)となっている。
オフィクレイドを使用し、またナチュラルな金管とヴァルヴ付きの金管を場合に応じて使い分けるといったことも楽譜に忠実に行い効果をあげている。
私はこの録音を、解説を読みたかったので外盤ではなく国内盤で入手した。以下、当CDに付された舩木篤也氏の解説に従いこの作品の改訂・上演の歴史を記す。

ヴァーグナーはここに録音された1841年初稿を書いたあと、1843年ドレスデン初演に向けてはやくも改訂の手を入れる。
そこで、(1).物語の舞台をノルウェーにし、(2).3幕を切り離して、各幕の末尾と冒頭の音楽を調整した。(3).また第2幕の有名な「ゼンタのバラード」はイ短調だったのをゼンタ役のヴィルヘルミーネ・シュレーダー=デフリエントの歌える声域にするためト短調にし、それに伴うオーケストレーションの変更を施した。この初演バージョンの総譜は25部印刷されたが今は残っていない。しかし、その変更すべては現在まで完全に伝わっているとされている。
1853年、ヴァイマールでのリスト指揮による上演に際して、(4).第2幕第6場冒頭(ゼンタがオランダ人に会う所)で、金管とティンパニを削除。「観客はオランダ人を目にして発するゼンタの叫び声に驚くのであって、太鼓とラッパに驚いても仕方ありませんね」(ヴァーグナーからリスト宛の手紙)
1860年、パリでの演奏会(オペラ上演ではない)に向けて、(5).序曲の終結部を「救済の動機」で終わらせるようにした。この序曲の印刷譜が同年出版。以後、オペラ全体の終結部でも「救済の動機」付きの形が適用されるように改訂された。
なお、パリでのオペラ上演に向けてフランス語の台本にあわせた総譜の調整も行われたが、不徹底に終わり、ついにはヴァーグナー生前にはパリでの上演・出版とも実現しなかった。
1864年、バイエルン国王ルートヴィヒ2世のためのミュンヘン上演にあたり、(6).第1幕第1場にウィンドマシンを追加。

以上が主な改訂の歴史である。しかし、現在ヴァーグナー自身が残した総譜は43年ドレスデン初演印刷総譜が散逸しているため、41年初稿しかない。以後の改訂は43年印刷総譜に手を入れていったものと思われる。またそれぞれの改訂はその次の改訂の際にきちんと受け継がれたわけでもない。よって、全改訂を考慮した「最終決定版」を編み出すことは不可能なはずである。しかし、演奏現場の必要にせまられてそれを行ったのが指揮者フェリックス・ヴァインガルトナーである。彼の版は1895年出版で、以後これがスタンダードとみなされている。

「ドレスデン版」と呼ばれている録音が結構あるが、それは初稿とは既に違ったものである。またドレスデン初演の姿を伝えるものとも完全にイコールではない。当CDの解説には、改訂の様々なポイントについて、主要な録音がどうなっているかを逐一比較しているので大変勉強になる。
なお、全曲を初稿に従って上演する最初の試みは、1929年1月、ベルリン・クロール・オーパーでのものである。指揮を担当したのはクレンペラーであった。しかし、EMIのクレンペラー盤は、初稿とは完全に無縁であるのはもちろん、ドレスデン初演ともさほど一致しない。序曲と終結部は、1860年稿をとっておきながら途中で唐突に初稿風の終止で終わる、というものであり、おそらくクレンペラーが独自に編集したものであろう、という。

最後に当盤の演奏について。いわゆるヴァーグナー歌手のヘルデン・テナー、ドラマティック・ソプラノというのは、この曲の作曲時には全く念頭に置かれていない。そのことをわかって聞かないと、なんだかもの凄い薄味な歌唱だなぁ、としか感じないであろう。でも、これがこの曲の真の姿なのである。

オットー・クレンペラー指揮ニューフィルハーモニア管弦楽団、BBC合唱団
テオ・アダム、アニヤ・シリア、マルティ・タルヴェラ

EMI。1968年録音。GREAT RECORDINGS OF THE CENTURYシリーズでART処理。2CD。
クレンペラーが残した唯一のヴァーグナー舞台作品全曲録音である。(他には「ヴァルキューレ」第1幕のみ)
 なお当盤は「Original Dresden Virsion」と表記されている。序曲の最終部分、及び全曲終幕部分が力強い和音の連打でおわる。(これについては上のヴァイル盤の解説参照)
 クレンペラーも「女性の犠牲による救済」という女々しいイデーなどまっぴら御免といわんばかりのゴッツイ演奏を繰り広げる。オランダ人役のテオ・アダムも同様に女に救済してもらう必要もなく永遠に7つの海をさまよい続けても平気な感じだ。ゼンタ役のシリアもかなり強そうな女性で、オランダ人救済というよりは、弱いエリックを見捨ててオランダ人に走ってしまっただけという感じもする。そうなると、このオペラのテーマは何?ということにもなってしまうのだが。

フランツ・コンヴィチュニー指揮ベルリン国立歌劇場
ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ、マリアンネ・シェヒ、ゴットロープ・フリック

Berlin Classics(ドイツ・シャルプラッテン)。1960年、グリューネヴァルト教会での録音。
別項の「タンホイザー」同様、ベルリンの壁ができる前の年なので、西ベルリン地区でもドイツ・シャルプラッテンが録音できたのである。他のメンバーもエリックにルドルフ・ショック、舵手に何とフリッツ・ヴンダーリヒ、マリーにジークリンデ・ヴァーグナーと非の打ち所がない。オランダ人にF=Dとはちょっと声が軽い気がしないでもないが、ドナルド船長との声の違いがはっきりしているので区別しやすい。2005年リリースの薄型ケース外盤で入手。

ヘルペルト・フォン・カラヤン指揮ベルリン・フィル、ウィーン国立歌劇場合唱団
ジョゼ・ヴァン・ダム、ドゥニャ・ヴェイソヴィチ、クルト・モル

EMI。1981年12月2-9日、1982年3月28日、1983年9月19日録音。3CD。
1982,83年のザルツブルク復活祭音楽祭の上演作品である。82年3月の録音はザルツブルク祝祭大劇場で、81年と83年はベルリン・フィルハーモニーで行っている。おそらくザルツブルクでは合唱が参加する部分を録音したのだろう。

カラヤンは「パルジファル」(79-80年)、「ローエングリン」(75,76年に録音したがルネ・コロと意見の相違で最終セッションは81年となった)録音の後、当作品を録音し、結局「タンホイザー」は正規録音を残さなかった。