フランツ・コンヴィチュニー

(1901-62)

略歴

チェコのフルネク生まれ。
ブルノ・ドイツ音楽協会付属音楽学校、ライプツィヒ音楽院で学ぶ。
フルトヴェングラー時代のゲヴァントハウス管でヴァイオリン、ヴィオラ奏者。
1925年、ウィーンへ出てフィッツナー四重奏団員。フォルクス音楽院でヴァイオリンと音楽理論を教える。
1927年、指揮者に転向。シュトゥットガルトでコレペティトール。
1930年、シュトゥットガルト・ヴュルテンベルク州立劇場第一指揮者。
1933年、フライブルク市立歌劇場音楽総監督。
1938年、フランクフルト市立歌劇場および同博物館管弦楽団の音楽総監督。
1945年終戦後、ハノーヴァー歌劇場音楽総監督。

1949年、ゲヴァントハウス管弦楽団楽長に就任。62年死までその地位にあった。
またこれと並行してオペラ分野では、ハンブルク国立歌劇場指揮者(49-62)を経て、ドレスデン国立歌劇場首席指揮者(53-55)。ついで、エーリヒ・クライバーの後任としてベルリン国立歌劇場音楽総監督(55-62)となり、名実ともに東ドイツの最高の指揮者となった。


 「レコ芸」別冊の「クラシック・レコード・ブック1000 Vol.1 交響曲篇」(昭和60年)は、学生時代に(吉田秀和「世界の指揮者」新潮文庫)とともに、LP・CDを集めるにあたっておおいに参考にしたものである。そのベートーヴェン交響曲全集のコンヴィチュニー盤の紹介文にはこうある。

長いこと東ドイツからあまり出なかったので、全貌の知られるのが遅れていただけに、彼のレコードに接した時の驚きは忘れがたい。ベートーヴェンはもちろんのこと、ワーグナーやブルックナーはゲルマン魂の権化のようで、この全集はやはり不朽の価値を持つ。主題や動機を積み重ね展開させて構築する音楽を、ゆるぎなく再構築する見事さは、感動を呼ばずにはいない。部分にはほとんど拘泥していないようにみえながら、大きく構成されていく音楽は、いつの間にか怒濤のような迫力で聴き手を包み込む。(相澤昭八郎氏)

 なんともおかしな日本語だが、それによりかえって言わんとすることはよくわかる、という文章だ。これは聴かねば、とずっと思っていた。しかしCDでこれらを入手したのは卒業してだいぶたってからであった。

 いかにもドイツ的な指揮者ということであるが、生まれはチェコ。そういえばなんとなくチェコ系の名前ではある。しかしマーラーはやらない。ひたすらベートーヴェン、シューマン、ブルックナー、ヴァーグナーである。ブラームスの録音があるのかどうかわからない。確か第1番があったような気がするのだが。ゲヴァントハウス楽長の大先輩メンデルスゾーンは「スコットランド」の録音がある。

 彼は死の前年61年に、ゲヴァントハウス管を率いて来日し、ベートーヴェン全曲を演奏したという。それを聴いた小石忠男氏は、「レコ芸」別冊「続・不滅の巨匠たち」において、「ゲヴァントハウス管の恐ろしく古風な音色」「きわめて抑制された解釈」「指揮台上での必要以上の身振りは全く無かった」と書かれている。また、ヴァイオリン両翼配置・コントラバスは左奥という伝統的な楽器シフトだったことも証言されている。しかし、ベートーヴェン全集の録音ではいわゆるストコフスキー・シフトのようである(ドイツ・シャルプラッテンと共同制作にあたったPHILIPS陣の意見によるものか?)。