ラヴェルの管弦楽曲 指揮者別

ボレロ」「スペイン狂詩曲」「ダフニスとクロエ」には別ページあり


アンドレ・クリュイタンス指揮

パリ音楽院管弦楽団

EMI。CZS7 67897 2(2枚組、写真左)。1961〜62年録音。
ボレロ、スペイン狂詩曲、ラ・ヴァルス、亡き王女のためのパヴァーヌ、クープランの墓、マ・メール・ロワ、高貴で感傷的なワルツ、古風なメヌエット、道化師の朝の歌、海原の小舟。
他に「ダフニスとクロエ」全曲の録音もある(写真右、ART)。ダフニスはTESTAMENT盤もある。
録音場所はすべてSalle Wagram。

その後、国内盤で全曲ART処理されたが、オリジナルの分売4枚だったので購入しなかった。
しかし2012年初め、同じくオリジナル分売4枚でSACD Hybrid国内盤が出たのを購入した。
リマスタリング担当は「ダフニス」がIan Jones、残りはSimon Gobsonである。
下の写真左から順に、
TOGE 12091 ---- 1962年6月1,4-8日、「ダフニスとクロエ」全曲
TOGE 12092 ---- 1961年11月27,29,30日、「ボレロ」「スペイン狂詩曲」「ラ・ヴァルス」
TOGE 12093 ---- 1962年4月19-25日、「マ・メール・ロワ」「高雅にして感傷的な円舞曲」
TOGE 12094 ---- 1962年9月26,27日,10月2,3日、「クープランの墓」「古風なメヌエット」「道化師の朝の歌」「海原の小舟」「亡き王女のためのパヴァーヌ」

パリ音楽院管弦楽団、来日公演ライヴ

Altus。1964年5月7日、東京文化会館ライヴ、NHKによるモノラル録音。2枚組。
申し分ない音質ではあるが、3日後の幻想交響曲はステレオ録音なのに何でこれはモノラルなんだろうか? 実に惜しい。演奏は大変生気あふれるものだ。フランスのオケがフランス音楽を演奏した記録として最上のものではなかろうか。
スペイン狂詩曲、ラ・ヴァルス、亡き王女のためのパヴァーヌ、クープランの墓、マ・メール・ロワ、ダフニスとクロエ第2組曲。その後にアンコールで演奏されたベルリオーズ「ラコッツィ行進曲」も入っている。

フランス国立放送管弦楽団

TESTAMENT。SBT7247(7CD)。1953〜57年モノラル録音。
ダフニスとクロエ第1・第2組曲、クープランの墓、高貴で感傷的なワルツ、道化師の朝の歌、古風なメヌエット、海原の小舟。

これらはモノラル録音によるラヴェル作品集の一部である。それらは以前ミュージカルノートから2枚のCDに復刻されていたが、私は入手しないでいた。今回のTESTAMENT盤になぜ「ボレロ」「スペイン狂詩曲」なども収録されなかったのか不思議である。

フィルハーモニア管弦楽団

EMI。1958年録音。「ラ・ヴァルス」のみ。
LPでは同オケとの「幻想」とカップリングだった。
2002年にEMI(IMG Artist)から出たGREAT CONDUCTORS OF THE 20TH CENTIRYシリーズ2枚組(写真)で入手。これには、ビゼーの交響曲や、来日公演の「幻想」などが入っている。

シャルル・ミュンシュ指揮

パリ管弦楽団

EMI。1968年9〜10月、Salle Wagramでの録音。
ミュンシュ&パリ管の全録音を収録した3枚組CMS7 69957 2(写真左)。
その中でラヴェル作品は、ボレロスペイン狂詩曲ダフニスとクロエ第2組曲亡き王女のためのパヴァーヌピアノ協奏曲(N H-Schweitzer)を収録している。
2001年夏、GREAT RECORDING OF THE CENTURYシリーズART処理輸入盤1枚CDM5 67597 2(写真右)を入手。
これには「ボレロ」「スペイン狂詩曲」「ダフニス第2」のみが収録されており、パヴァーヌが入っていない。代わりにオネゲルの交響曲第2番がカップリングされている(何でラヴェル集にしなかったのだろう?)

2012年初め、SACD Hybrid国内盤で分売2枚で発売された。
どうやらこれがオリジナルのカップリングのようだ。
TOGE 12105(写真左) --- 「ボレロ」「スペイン狂詩曲」「ダフニス第2」。
1968年9月21,23,24,26,28日、10月3日録音。
TOGE 12106(写真右) --- 「亡き王女のためのパヴァーヌ」、ピアノ協奏曲。
1968年9月28日。(&オネゲルの交響曲 67年)
この録音データを信ずるならば、68年9月28日は一日でパヴァーヌと協奏曲を録音していることになる。

ボストン交響楽団

RCA。LIVING STEREO。2枚。
09026-61956-2 --- ボレロ、スペイン狂詩曲、ラ・ヴァルス (1955-56年録音)
09026-61846-2 --- ダフニスとクロエ全曲 (1955年録音)

シカゴ交響楽団、DVD

DENON。1963年2月27日、シカゴ、オーケストラ・ホールでのライヴ。
収録曲目はラモー「ダルダニュス組曲」、ベルリオーズ「トロイ人〜王の狩と嵐」、そして後半がラヴェルの「高雅で感傷的なワルツ」「ラ・ヴァルス」である。 モノラル・モノクロだが、画質・音質とも良好である。長身をそりかえらせての指揮ぶりは師匠フルトヴェングラーを思わせるが、鳴っている音楽は生粋のフランスものである。

ピエール・モントゥー指揮

ロンドン交響楽団

DECCA。1959年,61年録音。ORIGINAL REMASTERD RECORDING(左)。
ダフニスとクロエ全曲(59年)、スペイン狂詩曲、亡き王女のためのパヴァーヌ(61年)。

PRAGAレーベルから、この3曲がSACD Hybrid盤で出たのを入手(右)。

ロンドン交響楽団

PHILIPS。1961,64年録音。
初め、64年2月録音の「ボレロ」「マ・メール・ロワ」「ラ・ヴァルス」のみを収録した普通の国内盤を入手。
 2004年7月に、61年12月録音の「亡き王女のためのパヴァーヌ」「スペイン狂詩曲」を加えて、Emil Berliner Studioにおいて24bit-96kHzリマスターした国内盤を入手した。「やった、モントゥーの新しい録音が手に入った」と喜んでいたのもつかの間、よく録音データを調べたら追加の2曲はDECCA原盤であることが明らかである。
 そもそもこのリマスター盤はDG,DECCA,PHILIPSがいずれもUNIVERSAL傘下に入ったため、Emil Berliner Studioがこの3レーベルの音源のリマスターを全て担当するようになったことから実現した企画なのであった。しかし当CDにはPHILIPSのロゴしかなく、DECCAの文字は全く記されていない。音が良くなっても、データ記載が不十分では音を売りにする資格がなかろう。
(その後、逆にPHILIPSがDECCAに吸収されてしまった。)

ピエール・ブーレーズ指揮

ニューヨーク・フィル、クリーヴランド管弦楽団

ソニー。3枚組CSCR 8434/6。2つのオケを使っての大全集である。
ニューヨーク・フィル----1973,74年録音
ボレロ、ダフニスとクロエ全曲、ラ・ヴァルス、クープランの墓、マ・メール・ロワ、高貴で感傷的なワルツ、古風なメヌエット、海原の小舟、夢幻劇「シェヘラザード」序曲、「シャンヌの扇」ファンファーレ
クリーヴランド管弦楽団----1969,70年録音
スペイン狂詩曲、亡き王女のためのパヴァーヌ、道化師の朝の歌、左手のためのピアノ協奏曲

ベルリン・フィル、クリーヴランド管弦楽団

DG。新録音3枚。
ベルリン・フィル----1993年3月イエス・キリスト教会で録音。
ボレロ、スペイン狂詩曲、マ・メール・ロワ、海原の小舟、道化師の朝の歌(以上439 859-2)
ラ・ヴァルス、ダフニスとクロエ全曲(以上447 057-2)
クリーヴランド管弦楽団----1994年録音、449 213-2
高雅で感傷的なワルツ、ピアノ協奏曲2曲(クリスティアン・ツィマーマン、「左手のため」はロンドン響

ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮

カラヤンのラヴェル録音には大きくわけて3系統(60年代DG、70年代EMI、80年代DG)ある。
下にあげたもの以外には、1953年フィルハーモニア管との「スペイン狂詩曲」があるのみ。

ベルリン・フィル

DG。1966年録音。「ボレロ」
LPの時と同じ「展覧会の絵」および「海」とカップリングのOIBP盤。

他に、64年録音の「ダフニスとクロエ」第2組曲(LP初出は上記の「海」および「牧神の午後への前奏曲」と)があるはずだが、CDで出ていない?

パリ管弦楽団

EMI。1971年6月28,29日、Salle Wagramでの録音。
「ラ・ヴァルス」「スペイン狂詩曲」「道化師の朝の歌」「クープランの墓」
「ラ・ヴァルス」と「クープランの墓」の2曲はこれがカラヤン唯一の録音である。
2012年初め、SACD Hybrid国内盤が出た(写真)。
それより前に出ていたART処理国内盤は、下記BPOとの「ボレロ」をカップリングさせ、そのBPO盤のジャケットで出ていた。

ベルリン・フィル

EMI。1977年1月5-7日、フィルハーモニーでの録音。「ボレロ」
「海」「牧神」というオリジナル・カップリングで、2012年初めにSACD Hybrid国内盤が出た(写真)。

ベルリン・フィル

DG。1985-86年録音。カラヤンGOLDでOIBP化。
439 013-2(左) ---- 「ボレロ」「スペイン狂詩曲」。 「展覧会の絵」とカップリング。
439 008-2(右) ---- 「亡き王女のためのパヴァーヌ」「ダフニスとクロエ第2組曲」。
「海」「牧神の午後への前奏曲」とカップリング。
意外にもパヴァーヌはこれが唯一の録音である。

セルジュ・チェリビダッケ指揮

ミュンヘン・フィル

DREAMLIFE。DVD。1994年、ケルン、トリニアーレホールでの収録。
「道化師の朝の歌」スペイン狂詩曲」「ボレロ」。他にドビュッシーの「牧神の午後への前奏曲」、「管弦楽のための映像」〜「イベリア」も収録。

EMIから出ている正規盤ではミュンヘン・フィルとのラヴェルは「ボレロ」しか持っていない(「展覧会の絵」とカップリング)。海賊盤ではMETEORレーベルで「クープランの墓」「スペイン狂詩曲」がある。

シュトゥットガルト放送交響楽団

DG。OIBP化された正規盤。1970年代ライヴ録音。
「スペイン狂詩曲」(1976/06/22)「ダフニスとクロエ第2組曲」(1974/03/08)「クープランの墓」(1978/10/26)「道化師の朝の歌」(1973/12)「ラ・ヴァルス」(1976/11/19)
ドビュッシーの作品とセットである。

ロンドン交響楽団

Concert Club。ロンドン響とのライヴ録音BOX。いずれもロイヤル・フェスティバル・ホールでのライヴ。
「スペイン狂詩曲」----1979年9月18日、他にシューマン交響曲第2番、「タンホイザー」序曲、「牧神の午後への前奏曲」が演奏された。
マ・メール・ロワ---1980年4月13日、他に「ガランタ舞曲」とブラームスの交響曲第1番が演奏された。

フランス国立放送管弦楽団

Altus。ALT301。2枚組。
「スペイン狂詩曲」(1973.12.23)、「マ・メール・ロワ」(1974.2.6)、「ラ・ヴァルス」(1974.10.2)、「ダフニスとクロエ」第1・第2組曲(1974.10.16)。

その他の指揮者

ジョス・ファン・インマゼール指揮アニマ・エテルナ

ZIGZAG。2005年10月23,25,29日、ブルッヘのコンセルトヘボウにおけるライヴ録音。
ボレロ」「スペイン狂詩曲」「亡き王女のためのパヴァーヌ」「ラ・ヴァルス」、左手のためのピアノ協奏曲を収録。
管楽器などはいずれも20世紀初頭に製造されたものを使用している。

マヌエル・ローゼンタール指揮パリ国立歌劇場管弦楽団

ACCORD。1957〜59年録音。ラヴェルの他、ドビュッシーの管弦楽曲集など6枚組。
「ダフニスとクロエ」全曲、高雅で感傷的なワルツ、道化師の朝の歌、スペイン狂詩曲、マ・メール・ロワ、ラ・ヴァルス、ボレロ、亡き王女のためのパヴァーヌ、古風なメヌエット、クープランの墓。
オケがいかにもフランス風で良い。

デジレ=エミール・アンゲルブレシュト指揮フランス国立放送管弦楽団

TESTAMENT。Ducretet-Thomsonレーベルに残したモノラル録音が2枚に復刻。
SBT 1264 ---- 「ダフニスとクロエ」全曲、「マ・メール・ロワ」
SBT 1265 ---- 「スペイン狂詩曲」「海原の小舟」(他に「カルメン組曲」なども収録)
「ダフニス」が1953年、他は55年、いずれもテアトロ・アポロでの録音ある。やや乾いた音質なのが逆に演奏そのものを引き立たせている。

エルネスト・アンセルメ指揮スイス・ロマンド管弦楽団

DECCA。下の3枚を持っている。2つの「ラ・ヴァルス」は別録音である。
2894-30860-2・・・ボレロ(63年)、スペイン狂詩曲(57年)。
ORIGINAL REMASTERED 448 576-2・・・ボレロ(63年)、ラ・ヴァルス(63年)。
ORIGINAL REMASTERED POCL 9704・・・ラ・ヴァルス(60年)、ダフニスとクロエ第2組曲(60年)。

クラウディオ・アバド指揮ロンドン交響楽団、ボストン交響楽団&ニューイングランド音楽院合唱団

DG。OIBP化された輸入盤2枚組459 439-2。
アバドはラヴェルの管弦楽曲全集を80年代にロンドン響と録音している。しかしこの2枚組には、時間の都合上当然ではあるが「ダフニス」の全曲盤(1988年録音)ではなく、70年にボストン響と録音した「第2組曲」が収録されている。
その他のロンドン響との収録曲は以下の通り。
1981年録音----ラ・ヴァルス
1985年録音----ボレロ、スペイン狂詩曲、亡き王女のためのパヴァーヌ、マ・メール・ロワ
1988年録音----高雅で感傷的なワルツ
1987年録音----道化師の朝の歌、序曲「シェエラザード」、古風なメヌエット、海原の小舟、「ジャンヌの扇」からファンファーレ

エリアフ・インバル指揮フランス国立管弦楽団

DENON。33CO-1797。1987年録音。
ボレロ、スペイン狂詩曲、ラ・ヴァルス、道化師の朝の歌、古風なメヌエット。
インバルも、ラヴェル全集を完成させている。

グィド・カンテルリ指揮フィルハーモニア管

EMI原盤。1952年10月録音。カンテルリ録音集BOX(写真左)。
「ダフニスとクロエ」第2組曲、「亡き王女のためのパヴァーヌ」
「パヴァーヌ」は、GREAT ARTISTS OF THE CENTURYシリーズART処理輸入盤のドビュッシー録音集(写真右)にも収録されている。

カルロ・マリア・ジュリーニ指揮フィルハーモニア

EMI。1959年録音。ART処理輸入盤。「ダフニスとクロエ第2組曲」「道化師の朝の歌」。
ドビュッシーの「海」「夜想曲」とのカップリング。


ボレロ」「スペイン狂詩曲」「ダフニスとクロエ」を含まないもの

ミヒャエル・ギーレン指揮南西ドイツ放送交響楽団

インターコード。1993年録音。「ラ・ヴァルス」
チャイコフスキー「悲愴」、ベルク「3つの管弦楽小品op.6」とのカップリング。

イーゴリ・マルケヴィチ指揮日本フィル

フジテレビ。DVD。1968年2月29日、東京文化会館ライヴ。ステレオ。
別項の「春の祭典」と同じ日のコンサートである。(当DVDのカップリングはブラームス第4。)

フリッツ・ライナー指揮NBC交響楽団

EMI。GREAT CONDUCTORS OF THE 20TH CENTURYシリーズ輸入盤。
「クープランの墓」。1952年1月19日、カーネギー・ホールでの録音。
鮮明な音質でこの貴重なコンビの録音が残されているのはうれしい。

カルロ・マリア・ジュリーニ指揮コンセルトヘボウ

ソニー。1995年度レコードアカデミー賞。
「亡き王女のためのパヴァーヌ」(94年)、「マ・メール・ロワ」(89年)。
ドビュッシー「海」「牧神」(ともに94年)とのカップリング。
「マ・メール・ロワ」はドヴォルザークの交響曲第8番とカップリングで発売されていたのと同一録音である。

小澤征爾指揮水戸室内管弦楽団

PHILIPS。次の2枚。いずれも同室内管のコンサートと連動しての録音であるが、私は2回とも行っていない。

  • PHCP 1500・・・1995年6月、ライヴ録音
    「亡き王女のためのパヴァーヌ」「マ・メール・ロワ」。ビゼーの交響曲とカップリング。
  • PHCP 11017・・・1996年10-11月録音
    「クープランの墓」。ストラヴィンスキー「プルチネルラ」などとのカップリング。
ジョン・バルビローリ指揮ハレ管弦楽団

EMI。1957年録音。「マ・メール・ロワ」
GREAT CONDUCTORS OF THE 20TH CENTIRYシリーズ2枚組に収録。
他にマーラー「復活」、マイスタージンガー前奏曲、エニグマ変奏曲などが入っている。

ヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮ベルリン・フィル

TAHRA。「高雅で感傷的なワルツ」のリハーサル。1953年4月16日。
戦時中の新発見の「運命」などとのカップリングだが、このラヴェルのみ戦後のライヴである。
リハーサルとはいっても、全曲通しの録音がある。