ベルク

(1885-1935)


歌劇「ヴォツェック」

カール・ベーム指揮ベルリン・ドイツ・オペラ
ディートリヒ・フィッシャー・ディースカウ、イヴリン・リアー、フリッツ・ヴンダーリヒ

DG。輸入盤2枚組435 705-2。1965年録音。1966年度レコード・アカデミー大賞受賞。
歌劇「ルル」とカップリングである。

クラウディオ・アバド指揮ウィーン国立歌劇場
フランツ・グルントヘーバー、ヒルデガルト・ベーレンス

パイオニア。LD。1987年6月、ウィーン国立歌劇場でのライヴ収録。
演出:アドルフ・ドレーゼン。映像:ブライアン・ラージ。
DGから出ているCDは、1989年度レコード・アカデミー大賞を受賞している。

ヘルベルト・ケーゲル指揮ライプツィヒ放送交響楽団・合唱団
テオ・アダム、ギゼーラ・シュレーター、ライナー・ゴルトベルク

BERLIN CLASSICS。1973年9月4日、Kongresshalle, Leipzig,ライヴ録音。
録音データはHMVのサイトによる。かなり熱い演奏だとおもったらライヴだった。(場所からするとコンサート形式か?)

アンタル・ドラティ指揮ロンドン交響楽団、ヘルガ・ピラルツィク

MERCURY。輸入盤434 325-2。1961年録音。
これは、1924年作の、管弦楽及びマリー役のソプラノによる3つの断章(第1幕第2,3場、第3幕第1,4,5場)である。
バルトーク「青髭公の城」とカップリング。


ヴァイオリン協奏曲

ルイス・クラスナー、アントン・ヴェーベルン指揮BBC交響楽団

PHILIPS。PHCP 180。1936年5月1日、ベルク追悼コンサートのライヴ録音。
当盤は、イギリス・グラモフォン賞のヒストリカル部門賞を受賞している。
解説は36ページにも及び、資料的にも充実している。
ガリミール四重奏団の「抒情組曲」(1936)とカップリングされている。
TESTMENT社からも復刻されているが、私はそちらは持っていないので聴き比べられない。

イザベル・ファウスト、アンドリス・ネルソンス指揮ルツェルン祝祭管弦楽団

Accentus Music。Blu-ray
2014年4月6日、ルツェルン、KKLコンサートホールでのライヴ。
同年1月20日に亡くなったクラウディオ・アバドの追悼演奏会である。
この日オケは、まず指揮者無しで「未完成」第1楽章のみを演奏。その後ネルソンス指揮でこの協奏曲。そして最後にマーラーの交響曲第3番第6楽章が演奏された。
ただしこの曲およびマーラーでは、冒頭部分にインタビューがかぶっている。追悼演奏会ライヴであるが故の処置で違和感はないが、純粋に演奏だけを楽しみたい人も多いのではないか。

イザベル・ファウスト、クラウディオ・アバド指揮オーケストラ・モーツァルト

HMF。2010年11月、ボローニャでの録音。
カップリングはベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲。

コーリャ・ブラッハー、クラウディオ・アバド指揮マーラー室内管弦楽団

DG。2003年10月9日、フェラーラ、テアトロ・コムナーレにおけるライヴ録音。
ソロのコーリャ・ブラッハーは、作曲家ボリス・ブラッハーの息子で、アバド時代初期のベルリン・フィルのコンマス、のち新生ルツェルン祝祭管、およびその中核マーラー室内管のコンマスもつとめている。
Universal Music Italia(イタリアDG)からの発売。ストラヴィンスキーのV協とのカップリング。

ヨセフ・スーク、カレル・アンチェル指揮チェコ・フィル

スプラフォン。1963年録音。1968年度ACCディスク大賞受賞盤。
2002年夏、アンチェル指揮チェコ・フィルの録音を24bitリマスターしたゴールド・ディスクのシリーズがリリース開始された。その第1弾の1枚(SU 3663-2)を入手した。
カップリングは、メンデルスゾーン及びブルッフの協奏曲である。

シモン・ゴールトベルク、ラファウル・クーベリック指揮コンセルトヘボウ

私家盤SZY-G001。1960年1月17日、コンセルトヘボウでのライヴ録音。
「ゴルトベルク・メモリアル」というタイトルで、ベートーヴェンの協奏曲とカップリング。

アンネ・ゾフィー・ムター、ジェイムズ・レヴァイン指揮シカゴ交響楽団

DG。1992年録音。リーム「歌われし時」とカップリング。

イツァーク・パールマン、小澤征爾指揮ボストン交響楽団

DG。OIBP化。1978年録音。ストラヴィンスキーのV協とのカップリング。
1980年度エジソン賞、ブリュッセル・チェチリア賞、1981年度グラミー賞を受賞。
(当CDでは他に、ラヴェル「ツィガーヌ」がメータ指揮NYPで収録)

ピンカス・ズッカーマン、ピエール・ブーレーズ指揮ロンドン交響楽団

ソニー。1984年録音。
ブーレーズ指揮NYPで「浄夜」「抒情組曲」とカップリングのお買い得盤。


抒情組曲 弦楽四重奏曲版

アルバン・ベルクSQ.

TELDEC。弦楽三重奏曲op.3とカップリング。

アルバン・ベルクSQ.

EMI。新録音。結成25周年記念アルバム4枚組。
RIHM,SQ.Nr.4(1981),SCHNITTKE,SQ.Nr.4(1989),STRAVINSKY,SQ.のための3つの小品(1914),EINEM,SQ.Nr.1(1976),JANACEK,SQ.Nr.1「クロイツェル・ソナタ」,SQ.Nr.2「ないしょの手紙」,H-RAMATI,SQ.Nr.2「クリスティ・ジンメールの思い出」(1977),BARTOK,SQ.Nr.6

Galimar SQ

PHILIPS。ヴェーベルン指揮クラスナーのVn協奏曲とカップリング。

抒情組曲から管弦楽のための3楽章

ピエール・ブーレーズ指揮ニューヨーク・フィル

ソニー。1974年録音。
V協、及びSCHONBERG「浄夜」とカップリングのお買い得盤。

クラウディオ・アバド指揮ウィーン・フィル

DG 447 749-2。1994年録音。
「アルテンベルク歌曲 op.4」(Banse)、「ルル」組曲とのカップリング。

ミヒャエル・ギーレン指揮シンシナティ交響楽団

VOX。輸入盤CDX 5136。1981年録音。
「ルル」組曲(キャスリーン・バトル)とのカップリング。
2枚組で他には、R.STRAUSS「死と変容」「メタモルフォーゼン」、ルトスワフスキ「オーボエとハープのための協奏曲」も収録されている。

ミヒャエル・ギーレン指揮南西ドイツ放送交響楽団

ARTE NOVA。1994年録音。
「アルテンベルク歌曲 op.4」(ヴラドゥカ・オルザニック)、ツェムリンスキーの叙情交響曲とカップリング。


その他

エリアフ・インバル指揮フランクフルト放送交響楽団

DENON。3つの管弦楽曲op.6
ブラームス第1番とカップリング。

ミヒャエル・ギーレン指揮南西ドイツ放送交響楽団

インターコード。3つの管弦楽曲op.6
チャイコフスキー「悲愴」、ラヴェル「ラ・ヴァルス」とカップリング。

ピエール・ブーレーズ指揮Ens.InterContemporain、ダニエル・バレンボイム

DG。OIBP化。室内交響曲
ストラヴィンスキーの「ダンバートン・オークス」などとカップリング。

アンネ・ゾフィー・フォン・オッター、ベンクト・フォシュベリ(p)

DG。「7つの初期の歌」
R.シュトラウス及びコルンゴルトの歌曲とカップリング。

アンネ・ゾフィー・フォン・オッター、クラウディオ・アバド指揮ウィーン・フィル

DG 445 846-2。
「7つの初期の歌」、3つの管弦楽曲op.6などとカップリング。

グレン・グールド

SONY。ピアノ・ソナタop.1
ヴェーベルン「ピアノのための変奏曲 op.27」「9つの楽器のための協奏曲 op.24」、ドビュッシー「ラプソディ第1番」、ラヴェル「ラ・ヴァルス」 (Gould編)などとカップリング。