シェーンベルク

(1874-1951)


浄夜

ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮ベルリン・フィル

TESTAMENT。1988年10月5日、ロイヤル・フェスティヴァル・ホールでのライヴ録音。
同日演奏のブラームス第1番とカップリング。カラヤンBPOはこのプログラムをルツェルン・ベルリン・ウィーン・パリでも演奏していたが、もとはロイヤル・フェスティヴァル・ホールでのシェーンベルク特集の音楽祭開幕公演として依頼したことがきっかけだった。

カラヤンの新ウィーン楽派録音

ピエール・ブーレーズ指揮ニューヨーク・フィル

ソニー。1973年録音。
ベルク「抒情組曲」「V協」とカップリングのお買い得盤。

小澤征爾指揮サイトウ・キネン・オーケストラ

PHILIPS。1993年録音。
STRAVINSKY「ミューズの神を率いるアポロ」,R.STRAUSS「カプリッチョ」〜序奏とカップリング。

ケネス・スロウィク指揮スミソニアン・チェンバー・プレイヤーズ

DHM。1995年録音。ガット弦のオーケストラによる演奏である。
MAHLER「アダージェット」,BEETHOVEN「セリオーソ」(MAHLER編オーケストラ版)とカップリング。

レオポルド・ストコフスキー指揮ストコフスキー交響楽団

EMI。新星堂。
「牧神の午後への前奏曲」「弦・打楽器・チェレスタのための音楽」とカップリング。

エリアフ・インバル指揮フランクフルト放送交響楽団

DENON。1995年録音。
メイン曲がシューマンの「ライン」、他にヴェーベルンの「5つの管弦楽曲 op.10」。

ヤッシャ・ホーレンシュタイン指揮南西ドイツ放送交響楽団

VOX。1956年モノラル録音。
室内交響曲第1番もカップリングされている。

ラサールSQ、ドナルド・マッキネス(va),ジョナサン・ペギス(vc)

DG。1982年録音。弦楽六重奏版
弦楽三重奏曲 op.45 とカップリング。


ペレアスとメリザンド

ミヒャエル・ギーレン指揮南西ドイツ放送交響楽団

インターコード。1989年録音。
カップリングは、ブゾーニの「サラバンドと行列」(「ファウスト博士」への2つの練習曲)。

ピエール・ブーレーズ指揮シカゴ交響楽団

ERATO。1991年録音。
カップリングは、管弦楽のための変奏曲 op.31

エリアフ・インバル指揮フランクフルト放送交響楽団

DENON。1996年録音。
メイン曲はシューマンの交響曲第4番。

クリスティアン・ティーレマン指揮ベルリン・ドイツ・オペラ管弦楽団

DG。1999年録音。カップリングは「ジークフリート牧歌」


月に憑かれたピエロ

フィリップ・ヘレヴェッヘ指揮アンサンブル・ムジク・オブリク、Pousseur

HMF。室内協奏曲 Nr.1(WEBERN編曲)とカップリング。

ピエール・ブーレーズ指揮,Pilarczyk

ADES。セレナーデ op.24とカップリング。
DGから新録音が出ているが持っていない。


グレの歌

ピエール・ブーレーズ指揮BBC交響楽団,Thomas,Minton,Napier,Nimsgern,Bowen

ソニー。ブーレーズの旧録音。4つの歌曲op.22とカップリング。
DGから新録音が出ているが持っていない。


ワルシャワの生き残り

クラウディオ・アバド指揮ウィーン・フィル、ウィーン国立歌劇場男声合唱団、ゴットフリート・ホーニック

DG。ヴェーベルンの管弦楽作品とカップリング。


その他の管弦楽曲

ミヒャエル・ギーレン指揮南西ドイツ放送交響楽団、アルフレート・ブレンデル

PHILIPS。室内交響曲第1番(op.9)&第2番(op.38a)、ピアノ協奏曲(op.42)
室内交響曲は1995年録音。第1番は15の楽器のための単一楽章の曲である(が、20分かかる)。
ピアノ協奏曲は1993年録音だが、ギーレン&南西ドイツ放送響とブレンデルは、この曲を36年前にもVOXに世界初録音している。

ミヒャエル・ギーレン指揮南西ドイツ放送交響楽団

wergo WER-60185(KKCC-4294)。
5つの管弦楽曲op.16、チェロ協奏曲(ハインリヒ・シフ)、管弦楽のための変奏曲op.31、現代詩篇

エリアフ・インバル指揮フランクフルト放送交響楽団

DENON。
室内交響曲第2番・・・ブラームス交響曲第2番と
管弦楽のための変奏曲op.31・・・ブラームス交響曲第3番、ヴェーベルン「管弦楽のための変奏曲op.30」


ピアノ曲全集

マウリツィオ・ポリーニ

DG。
3つのピアノ曲 op.11、6つのピアノ小品 op.19、5つのピアノ曲 op.23、ピアノ組曲 op.25、ピアノ曲 op.33a,33b