クリスティアン・ティーレマン

(1959〜)


ドイツ人の大指揮者が皆無に等しい状況になってしまった20世紀末に現れた期待の新星


略歴

 1959年4月1日、ベルリン生まれ。幼時からピアノを始め、7才からはヴィオラも始めた。ベルリン音楽大学でピアノを、プライベート・レッスンで指揮と作曲を、さらにベルリン・フィルのカラヤン基金でジュスト・カッポーネのもとでヴィオラを学んだ。
 1978年から81年までベルリン・ドイツ・オペラでコレペティトゥーアをつとめるとともに、カラヤンのアシスタントとしてオペラ、コンサートの両面で経験を積む。1981年のバイロイト音楽祭ではバレンボイムの振る「トリスタン」の筆頭アシスタントをつとめた。
 1982年、ゲルゼンキルヒェン歌劇場を振りだしに、カールスルーエ・バーデン州立歌劇場、ハノーファー・ニーダーザクセン州立歌劇場の指揮者を経て、1985年にデュッセルドルフのライン・ドイツ・オペラ第1指揮者に就任。1988〜92年にはニュルンベルク市立歌劇場音楽総監督をつとめた。
 1991年、サンフランシスコ歌劇場で「サロメ」、ベルリン・ドイツ・オペラで「ローエングリン」を指揮して大成功を収める。「ドン・ジョヴァンニ」「マイスタージンガー」などでさらに評価をあげ、1997年にはベルリン・ドイツ・オペラ音楽総監督に就任。(〜2004年。この間、1993年にはメトロポリタン歌劇場に「ばらの騎士」でデビュー。)
 2000年のバイロイト音楽祭で「マイスタージンガー」を指揮し、ヨアヒム・カイザーらに絶賛される。この時、2002年の「タンホイザー」の指揮者に指名され、さらに2006年の「指環」の指揮者にも内定。2001年にはバイロイト音楽祭創立125周年・戦後再開50周年を記念する8月10日の「第9」演奏会の指揮を任された。
 2004年、レヴァインの後任としてミュンヘン・フィル音楽総監督に就任。しかしがらミュンヘン市と契約更新について亀裂が生じ2011年をもってミュンヘンを去ることとなった。
 2012年からシュターツカペレ・ドレスデン首席指揮者となった。これは前任ファビオ・ルイージが2009年9月に病気キャンセルした演奏会でブルックナー第8番を振ったことがきっかけである。

 19世紀生まれの大指揮者たちがたどったのと同じ、歌劇場(しかもそのほとんどがシュターツオパーというエリートコース!)たたきあげの経歴である。
 しかも、「私が敬愛し手本とするのは、クナッパーツブッシュ、フルトヴェングラーです。もちろん彼らの解釈をコピーするのではなく、ひとつのアイディアとして受け入れるのです。」と語っている通り、演奏スタイルがまたロマン派的なのがうれしい。デビュー録音の「運命」を聴いた時には本当にうれしくなってしまった。
 しかしミュンヘン、ドレスデン、ウィーンなどとの録音では、どうも平板で重たいという印象になってしまった。